ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 社会・公共ソリューション CYDEEN(サイディーン)

維持管理システム

維持管理業務のPDCAサイクルを確立し
業務の改善、効率化を支援します

  • 保全計画の立案から点検・故障の履歴など、設備保全に纏わる情報を一元管理。
    保全業務に関する知識・情報・ノウハウを共有することができます。
  • タブレットを活用し、点検票記入作業の手間を軽減します。
  • 台帳や管理項目を業務に合わせて変更できます。他システム連携(ERP, MES,予兆診断等)ができます。

* 維持管理システム(設備管理)は、日本国内における株式会社日立産業制御ソリューションズの登録商標である「設備・資産管理システムSmartFAM」を利用したサービスです。

Point 1

保全計画の立案から点検・故障の履歴など設備保全情報を一元管理

ライン・設備・機器・部位等の構成情報に合わせて設備データを階層立てて管理できるため、データの一元管理ができます。図面や取扱説明書などの設備に関連するドキュメントやファイルを管理できます。

Point 2

タブレットを活用し、点検票記入作業の手間を軽減

タブレット機能を利用することで、点検リストの入力チェック、トレンド表示や写真撮影など、現場での作業記録の精度向上および作業効率化を実現します。「i-Reporter(*1)」と連携し、保全記録の入力も可能であり、集計・分析の手間を軽減します。また、CYDEEN他システムとの連携も可能で、ワンストップでの運用・保守を実現します。
(*1) 株式会社シムトップスが提供する、既存の帳票をタブレット等で利用することができるサービス。

Point 3

システムの柔軟性・拡張性

台帳や管理項目を業務に合わせて変更できるため、新しい業務の追加や変更などが発生した場合でも、柔軟に対応することができます。

その他にも以下のような特長があります!

CYDEENフィールド作業支援サービスとの連携で点検業務を支援

タブレットを活用して点検作業を効率化する「CYDEENフィールド作業支援サービス」と連携により、現場作業の負担軽減、作業品質向上、進捗状況の可視化を実現します。

CYDEEN劣化要因分析支援サービスとの連携で、インフラ施設や設備の劣化傾向把握や原因分析業務を支援

AIを活用した分析クラウドサービスで、施設や設備の保全維持管理データを分析する「CYDEEN劣化要因分析サービス」との連携により、施設や設備の損傷状況、健全度を予測。インフラ施設や設備の点検・補修計画の立案を支援します。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。