ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 社会・公共ソリューション CYDEEN(サイディーン)

フィールド作業支援サービス

管理者と現場作業者をリアルタイムでつなぎ、
フィールド作業を効率化します

  • 作業手順をデジタル化し「作業品質向上」と「技術の伝承」を実現
  • 作業の進捗状況をリアルタイムで管理者と共有。現場でトラブルの際は、映像共有で遠隔指示が可能
  • タブレットで現場作業の準備から作業報告書の作成まで対応ができ、作業者の負担を軽減

Point 1

現場作業者はタブレットを用い、作業指示コンテンツに沿って作業を実施します。コンテンツの作業手順に従いながら作業を行うことで「ヌケ・漏れ」を防ぎます。また作業の属人化を防ぎ、経験の長さに関わらず作業品質の標準化が可能になります。

Point 2

作業員は現場で報告書の作成、提出が可能となり、報告書作成にかかる時間を大きく削減できます。報告書は、お客さま独自のテンプレートに設定できます。
管理者は、各作業の進捗状況や作業完了時刻を画面上でリアルタイムに確認でき、現場の状況を正確に把握することができます。

Point 3

映像共有機能により、万一、現場で問題が発生した場合でも、遠隔地にいる管理者や熟練の作業者が映像や音声を通じて現場の作業者に指示を与えることが可能です。音声だけでなく画像にスケッチなども入れられるので、より的確な指示が送れます。

その他にも以下のような特長があります!

現場作業時間分析機能

作業時間実績、作業者間での作業時間のバラつきなどを管理者にて確認できます。
分析により問題点の発見を早め、改善に向けた対応をとることができます。

ウェアラブル端末に対応

各種ウェアラブルに対応しています。
現場作業者はハンズフリーで作業を実施し、管理者は作業者の視点映像を見ることができます。

多国語対応

英語表示に標準対応しています。
英語以外の言語についても、ご要望に応じてオプションでの対応が可能です。

商品コンセプト動画
商品コンセプト動画

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。