ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 社会・公共ソリューション CYDEEN(サイディーン)

電子調達システムの共同利用事例

公共工事の調達にかかる情報授受の効率向上を狙いとして、「電子入札コアシステム※」、「調達情報提供システムシステム」、「競争参加資格申請受付システム」による電子調達システムを実現しました。

「調達情報提供システム」
「競争参加資格申請受付システム」

(財)日本建設情報総合センター(JACIC)と(財)港湾空港建設技術センター(SCOPE)が開発・販売する公共発注機関向け電子入札システムです。

導入効果

  • 業者や住民が入札・契約情報をインターネットから容易に閲覧可能となり、入札契約制度の透明性と、公平性・競争性の確保を実現。
  • 入札・契約における自治体と業者間のやりとり(情報公開、各種通知、入札など)がすべてインターネット経由行われることで、業者移動工数や、自治体側の事務工数などの削減を実現。
  • 発注図書をインターネット経由で配布できるため、業者側の購入のための移動工数や自治体側の印刷費などを軽減。
  • 複数の団体・事業者が自由に利用できる共同利用モデルのため、下記メリットがあります。
    システム構築、維持管理コストの削減(複数団体で費用負担、機器などの有効活用)
    業務省力化(各種マスタ改定、業者登録申請確認などの作業の一元化)

システム概要

特長

  • 契約管理システム・業者管理システムなどの周辺関連システムとデータ連携することによりデータ重複入力などの手間を排除。
  • 指名競争入札の場合は、発注図書ダウンロードは配布先をID/パスワードで限定することが可能。
  • SSL暗号化通信の電子証明書などの電子鍵技術の組み合わせで高いセキュリティ性能を確保(電子入札コアシステム機能)
  • システムの運用管理、ヘルプデスクなどのアウトソーシングにも対応。

システム概念図


共同利用センタのイメージ図(別window)

お客様概要

業種 官公庁・自治体
業務内容 公共事業分野のCALS/EC
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。
「e-CYDEEN」は、2014年2月より「CYDEEN」に製品名を変更しました。

導入商品

電子入札

国内トップシェアの電子入札コアシステム※を採用したクラウドサービス(工事・委託・物品役務に対応)
※JACICとSCOPEが共同開発する電子入札システム

契約管理

市町村などの業者管理、一連の入札契約業務をサポートするシステム(工事・委託・物品役務に対応)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。