ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ デジタライゼーションサービス

日立システムズの「Finnova 渉外支援システム」は、多岐にわたる渉外業務をサポートするタブレットを活用したサービスです。印鑑照会、電子サイン、地図連携、案件管理などの機能により、顧客訪問の準備、訪問先での登録印鑑の確認や預り証の発行などの各種業務から帰店後の事務作業にいたるまで総合的に業務効率化が図れます。また、地図には、顧客の属性や取引情報による色分け表示が可能なため、予定外の「ついで訪問」にも活用できます。さらに、従来担当者が個々に管理していた顧客情報は渉外部門全体で共有できるため、上司は状況に応じて適切にアドバイスすることができ、案件の成約率が向上します。すでに全国の金融機関に導入され、高い評価を受けている「Finnova 渉外支援システム」を営業力の向上と事務作業の削減にお役立てください。

*すべてのケースで営業成績アップを保証するものではありません。

導入事例

渉外支援システムを導入し、55名の渉外担当者にタブレット端末を配付
1年目の新入職員が月間トップ営業成績を収めるなど、営業力の強化を実現

最新型タブレット端末を全70店舗・約300名の渉外担当者に導入
電子署名、GPS機能を持つ渉外支援システムにより提案型セールスを強化

関連するニュースリリース

2018年6月29日

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。