ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ デジタライゼーションサービス

大量の金型を保有する工場では、台帳に記載された設備資産情報と実態が一致しないことも珍しくありません。日立システムズは、全国約300か所のサービス拠点からカスタマーエンジニアをお客さま工場に派遣し、資産の棚卸しから管理ラベルの貼り付け、台帳の整備などを代行。IT導入前のデータ整備から、資産管理システムの導入、さらにはIoT活用までをサポートすることで行方不明の金型をなくし、固定資産税の適正化に貢献します。

*当社調べ。すべてのケースで90%の削減を保証するものではありません。

関連動画

「統合資産管理サービス」紹介動画
「統合資産管理サービス」紹介動画

オススメのホワイトペーパー

日本のモノづくりのさらなる発展に向けて
必要なのは「取りあえずIoT」ではなく「まず現場のデジタル化」という思考(Tech Factory Special)

タイトル 日本のモノづくりのさらなる発展に向けて
必要なのは「取りあえずIoT」ではなく「まず現場のデジタル化」という思考(Tech Factory Special)
対象
  • 製造業のお客さま
概要 世界規模でIoT の大波が押し寄せる中、ここに来て日本の工場内のデジタル化の遅れが大きな課題として浮上しています。
その課題に対する解決策として、現場のデジタル化を支援する日立システムズの「統合資産管理サービス」を紹介します。

ダウンロードお申し込み

スマートファクトリー実現に向けた第一歩
棚卸し業務の改善から始める「現場のデジタル化」(Tech Factory Special)

タイトル スマートファクトリー実現に向けた第一歩
棚卸し業務の改善から始める「現場のデジタル化」(Tech Factory Special)
対象
  • 製造業のお客さま
概要 製造業の現場では設備部品や予備品の管理など、管理業務を中心に紙によるデータ管理がいまだ根強く残っており、工場のスマート化を加速するためには、アナログデータのデジタル化が急務となっています。属人化などの課題も残る中、現場のデジタル化を支援する日立システムズの「統合資産管理サービス」を紹介します。

ダウンロードお申し込み

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。