ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

被災地の現状を伝えるラジオ番組を提供

  • 2013年8月~

Hitachi Systems HEART TO HEART

J-WAVEが開局25周年の節目である2013年に、震災からの復興に寄り添いながら「未来への希望」を「心から心へ伝える」被災地支援プロジェクトとして「HEART TO HEART」を開始しました。その後、本プロジェクトの趣旨に賛同した日立システムズが文化面からの復興支援活動の一環として2013年8月から番組提供を開始し、震災復興支援ラジオ番組「Hitachi Systems HEART TO HEART」として、首都圏および宮城県を中心とした東北地区で放送しています。

「Hitachi Systems HEART TO HEART」SEASON6スタートについて

番組概要

番組名
Hitachi Systems HEART TO HEART
放送予定 12回(4月~3月)
J-WAVE(東京および近郊):毎月第三日曜日 22:00~22:54
東北放送(宮城および近郊):毎月第四土曜日19:00~19:55(一部変更の可能性あり)
「Hitachi Systems HEART TO HEART」 東京のFM局J-WAVEおよび東北放送

2018年度

作家 重松 清氏

ナビゲーター
作家 重松 清氏
テーマ
希望へのアクション
内容
取材先を東日本大震災・熊本地震の被災地のみならず、日本全国へ拡大。被災地が抱えている課題や将来への希望について、作家である重松 清氏ならではの視点で、ゲストとともに考える。
プロフィール
重松 清(しげまつ きよし)氏について
1963年 岡山県生まれ。
早稲田大学教育学部卒。出版社勤務をへて著述業に。
1999年 「ナイフ」で第14回坪田譲治文学賞受賞。
1999年 「エイジ」で第12回山本周五郎賞受賞。
2001年 「ビタミンF」で第124回直木賞受賞。
2010年 「十字架」で第44回吉川英治文学賞受賞。
2014年 「ゼツメツ少年」で第68回毎日出版文化賞受賞。
その他の主な著書に「流星ワゴン」「とんび」「その日のまえに」「赤ヘル1975」など。
2016年から、早稲田大学文化構想学部教授(任期付き)。

年度毎のテーマとナビゲーター

年度毎のテーマとナビゲーター
  2013年度
SEASON1
2014年度
SEASON2
2015年度
SEASON3
2016年度
SEASON4
2017年度
SEASON5
テーマ 「今を伝える」 「希望の種を見つける」 「夢をデザインする」 「未来をイメージし、共有する」 「新たな豊かさを創造する」
ナビゲーター

作曲家 千住 明氏
作曲家
千住 明氏

クリエイティブディレクター 箭内 道彦氏
クリエイティブ
ディレクター
箭内 道彦氏

アーティスト 日比野 克彦氏
アーティスト
日比野 克彦氏

音楽家 小林 武史氏
音楽家
小林 武史氏

政治学者 姜尚中氏
政治学者
姜 尚中氏

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。