ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ クラウドソリューション

ここが知りたい!クラウド活用術 一度は断念したDR(災害復旧)をクラウドで再考してみませんか?~クラウドの活用で低コスト対策を実現~

東日本大震災以降、各企業においてはBCP(Business Continuity Planning:事業継続計画)のもとでDR(Disaster Recovery:災害復旧)の意識が高まりましたが、導入のコスト高がネックとなり、導入に踏み切れなかった企業も多いようです。しかし、ここ最近のクラウド化傾向の高まりとともに、クラウドを活用した低価格なDRシステムに対する注目も高まっています。今回は、DRの考え方やクラウド活用のメリットについて、担当者に聞きました。

なかなか導入に踏み切れないDR


日立システムズ
クラウド事業推進統括本部
クラウドサービス拡販本部
クラウドシステム部
技師 服部 孝一

DRは東日本大震災以降、市場としても伸びていますし、実際、我々もお客さまからお声掛けいただく機会も増えました。また、DRの対象に考えられるシステムとしては、情報系よりも基幹系が多いようです。特に製造業は、自社の工場が停止すると大規模な生産システム全体に影響を与えかねないため、DRは最重要課題として取り組んでおられます。

一口にDRといっても、大きく分けて3つの方法があります。一番簡単な方法は「遠隔地バックアップ」です。例えば、本番稼働している東京のデータセンターとは別に、大阪や福岡、あるいは海外にデータを保管するといった方法ですので、システム構成が簡単で一番低価格に導入できます。2つめは「コールドスタンバイ」といって、副系(待機系)のシステムを構築しておき、データは定期的に同期させますが、システムそのものは停止させておき、有事のときだけ立ち上げてシステムを継続稼働させるといった方法です。3つめは「ホットスタンバイ」といって、主系(本番系)と副系(待機系)の両方でデータを同期しつつ両システムともに稼働させ、主系が停止したらただちに副系に切り替えるといった方法です。切り替えは自動で瞬時に行う場合や、簡単な数ステップの手動操作で実現する場合もありますが、3つの方法の中で最もコストが高くなります。

DRの検討では、DR対象となるシステムに求められるRTO(Recovery Time Objective:目標復旧時間)やRPO (Recovery Point Objective:目標復旧地点)に基づいて構成を決定していきますが、いざ検討を始めると現場の要望が高くなってコストが高くなり、承認が下りず、対策遅れが課題となっているお客さまも多くおられます。DRは保険としての位置付けになりますので、なかなか投資に踏み切れず、優先順位が下がってしまうのが実情です。

DRソリューションとしてクラウドに注目


日立システムズ
産業・流通情報サービス第一事業部
第二システム本部
第三システム部
井場 貴弘

コストの高さがネックとなってきたDRですが、最近ではクラウドを活用した低価格なDRソリューションへの注目が高まっています。クラウド活用の一番のメリットは、ディスク単価の安さです。自社の建物やデータセンターに保管するとなると、建屋の維持コストもかかってきますが、クラウドの場合はそういった費用もすべてストレージ料金に内包されています。例えば、我々のパートナークラウドのケースですと、1GBあたり数円という安さです。また、5年ごとのハードウェアリプレースも不要になりますし、レプリケーション機能も備わっていますので、ハードウェア障害に備えたバックアップのシステムをお客さまが組む必要もなくなります。

このほか、自社でDRを構築する場合と違い、将来を見越したストレージ容量を主系と副系の両方で確保する必要もなく、また、コールドスタンバイのように、平常時はシステムを停止しておけば料金がかからない点も大きなメリットです。「クラウドは利用期間が長くなるほどコストが高くなる」といったこともこれまで言われてきましたが、トータルコストで考えると、クラウドの方が安くなってきています。

Amazon Web Servicesを活用したDRサイトを簡単導入

「有事になってから“やはりDRシステムを入れておけばよかった”と後悔はしたくないが、DRは高いし、社内で対応できる人間もいない」といったお客さまの声にお応えし、当社では月々5万円(税抜)から利用できる「遠隔地バックアップ/DRソリューション」の提供をスタートしました。お客さまサイトでシステム障害などに備えた通常のバックアップを行い、それを二次バックアップとして「Amazon S3」にデータをアップロードし、災害時はクラウドサービス上でシステムを稼働させることで、事業継続を実現します。


「遠隔地バックアップ/DRソリューション」の導入イメージ

本ソリューションは、「エコノミー」「ビジネス」「ファースト」の3つのクラスからお選びいただけます。例えば「エコノミー」であれば、簡単なソフトウェア設定をお客さまご自身で行っていただけば、その日からDRシステムを稼働させることができます。


「遠隔地バックアップ/DRソリューション」のサービスメニュー

また、ご要望のレベルに合わせて、導入作業や運用を含めてパッケージ化していますので、「自社のこのシステムには、事業への影響度を考えると、このレベルでの対応が必要。そうなると、コストはこのくらいかかる。」といった社内検討にもご活用いただける、分かりやすいメニュー構成となっております。月々の費用には、SAPなどERPの標準構成を想定した500GBディスク(Amazon S3)の利用料が含まれています。Amazonの各種サービス料を支払う場合、通常はクレジットカード決済となるのですが、本ソリューションの場合は当社が一括してお受けし、請求書によるお支払いにも対応できます。

もしものときはプロが強力サポート

当社は、Amazon Web Services でのシステムインテグレーションやアプリケーション開発などの実績が豊富な「アドバンストコンサルティングパートナー」として、Amazon社のクラウドサービスを熟知した技術者を多数擁しています。Amazon社のストレージサービスと、当社の構築・運用・監視サービスを組み合わせることで、低価格にかつお客さまのご要望に沿ったDRシステムの提供が可能です。

クラウドは劇的な進化を続けています。クラウドファーストの考え方が浸透する中、あらためてDRに取り組みたいとお考えでしたら、当社にお気軽にお問い合わせください。

クラウドに関するコンテンツ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。