ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ
株式会社 日立システムズ

さくらケアサービス株式会社様

福祉の森 見守りシステム

さくらケアサービス株式会社様集合写真

介護施設入居者の危険予兆動作をリアルタイムに検知して、介護事故を防止
入居者の安心・安全の確保と、介護職員の労働環境改善を同時に実現

介護付有料老人ホーム、グループホームなどの介護施設を運営するさくらケアサービス株式会社様(以下、さくらケアサービス様)は、日立システムズの「福祉の森 見守りシステム」を導入しました。赤外線センサー、生体センサーを利用し、入居者の危険予兆動作、危険動作や生体異常をリアルタイムに検知することで、転倒などの介護事故を未然に防止。高精度なセンシング技術を活用した常時見守りで、入居者の安心・安全の確保と、介護職員の業務負担軽減を実現しています。

導入前の
課題1
転倒などの介護事故を未然に防ぎ、施設入居者の安心・安全を確保したい
導入後の
効果1
施設入居者の危険予兆動作、危険動作をリアルタイムに検知することで、事前対処や駆けつけが可能になり、介護事故のリスクが低減
導入前の
課題2
働きやすい労働環境を整備して、介護職員の業務負担を軽減したい
導入後の
効果2
離れた場所にいても、センサー映像で施設入居者の様子を必要に応じて確認できるようになり、介護職員の業務負担が大幅に軽減
導入前の
課題3
利用者に選ばれる介護施設づくりを行い、安定経営を実現したい
導入後の
効果3
高精度センサーによる24時間365日の見守りが、他の介護施設と比較した際の評価ポイントとなり、施設稼働率の向上が実現

導入の目的

介護施設入居者の安心・安全の確保と介護職員の業務負担軽減を同時に実現したい

さくらケアサービス様は、介護付有料老人ホーム、グループホームなど複数の介護施設を運営しています。施設運営における最大の課題は、入居者の安心・安全の確保です。
特に、転倒は重篤な後遺症をもたらすケースがあるため、事故防止に細心の注意を払ってきました。日々の見守りには特に力を入れていましたが、限られた介護職員で、昼夜を問わずに行う見守り業務の肉体的・精神的な負担は大きなものでした。さくらケアサービス様はこれらの課題を解決するため、新設するグループホームにおいて、センサーを活用した見守りシステムを導入することにしました。

選定のポイント

センサーが危険予兆動作をリアルタイムに検知
PC・スマートフォンで居室内の映像も確認できる

「福祉の森 見守りシステム」のセンサーは、起き上がりなど転倒につながる危険予兆動作、危険動作を素早く検知し、スマートフォンにアラートで知らせます。センサーの反応速度は速く、居室の映像をPCやスマートフォンで確認できるため、離れた場所にいても居室の様子を必要な時にいつでも把握できる点が評価されました。複数メーカーが提供するセンサーの中から、施設に合ったものを自由に組み合わせられる点も他社システムにはない特長でした。さくらケアサービス様は、6社のシステムを2年間かけて入念に比較検討し、「福祉の森 見守りシステム」の導入を決めました。

導入の効果

センサーによる常時見守りで夜勤ストレスが低減
呼吸不全の早期発見など、事故の未然防止にも貢献

現在、3フロア27部屋のすべてに、入居者の体動を検知する赤外線センサーと、脈拍や呼吸の異常を検知する生体センサーが取り付けられています。アラートが鳴ると、職員はすぐにスマートフォンで居室の様子を確認します。映像で状況が確認できるため、介護作業やアラートが重なった時でも、訪室の優先順位を落ち着いて判断できるようになりました。本システムには、各居室の状況を一覧して表示できる機能も搭載されているため、職員はスタッフルーム備え付けのPCモニターでも見守りを行っています。夜勤は各フロア1名の職員で対応しますが、PCモニターでの見守りにより、定期巡回時以外は座って事務作業に専念できるようになりました。

万が一、事故やトラブルが発生しても、システムが自動記録する映像データがエビデンスとなるため、原因の究明が可能になり、職員は安心して働くことができます。他の施設から応援に来た職員は、「見守りシステムのおかげでフロアを走り回らなくて済む」「自分の施設にもこのシステムが欲しい」と評価するなど、職員の肉体的・精神的負担の軽減に大きく貢献しています。

本システムは入居者さまからも大変好評です。アラートを受けて訪室すると、入居者から「どうして来て欲しいことがわかったの?」と喜ばれることが多々あります。生体センサーで入居者の呼吸不全に気がつき、迅速な救急搬送により大事に至らずに済んだこともありました。入居者さまの安心・安全の確保はもちろんのこと、入居者さまの職員に対する信頼感の醸成にも大きな効果があると施設長は評価します。テクノロジーの活用により、理想とするグループホーム運営を実現したさくらケアサービス様。
施設長は「他の介護施設にも『福祉の森 見守りシステム』をぜひおすすめしたいです」と本システムを高く評価しています。

お客さまプロフィール

さくらケアサービス株式会社ロゴ

さくらケアサービス株式会社

設立
2000年10月
資本金
1,300万円(2022年7月時点)
従業員数
200名(2022年7月時点)
代表者
代表取締役 笹山 涼栄
事業内容
介護付有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスをはじめとする介護施設運営

見守りシステムが他の介護施設との差別化につながり、早期の満床を実現できました

当施設では、アラートが鳴ると職員が先回りして訪室しているので、ナースコールを利用される入居者さまがほとんどいません。映像を確認して、必要がない時には訪室をしませんので、訪室回数はかなり少なく抑えられています。夜勤時はワンフロア9部屋を1人の職員で見ていますが、システムのおかげで職員からは「ワンオペでも安心できる」「夜勤がとても楽」と言う声が届いています。
入居希望の施設見学者さまや、求人への応募者に見守りシステムを見せると、みなさん目をパッと輝かせます。営業面や人材採用面でも、他の施設との差別化につながっていると思います。
システム導入の際には、ご担当の方に何度もお電話をして質問させていただきましたが、いつでも丁寧にご対応いただき、本当に助かりました。これからも変わらぬサポートをお願いしたいと思います。

担当より一言

先端技術をフルに活用し、介護施設の見守り環境をワンストップで構築します

メーカー各社のセンサー機器調達をはじめ、LANなどのインフラ整備、保守・サポートまで、日立システムズが見守り環境をワンストップで構築いたします。まずはお気軽にご相談ください。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2022年12月時点の情報です。

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。