ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

株式会社スペースバリューホールディングス様

マルチクラウドソリューション

株式会社スペースバリューホールディングス様ロゴ

オンプレミス環境の業務システムをクラウド基盤上へとスムーズに移行
AWSを活用した安心・確実な「クラウドリフト」でビジネスの変革を加速

システム建築や立体駐車場などの製造・販売・施工を行う株式会社スペースバリューホールディングス様は、オンプレミス環境に構築された業務システムをクラウド基盤上に移行する「クラウドリフト」を推進しています。移行対象にはマルチベンダー体制で構築された複雑なシステムもありましたが、日立システムズの綿密なプロジェクトマネジメントにより安心で確実なクラウド移行を実現、さらに、クラウド基盤にアマゾン ウェブ サービス (AWS)を採用することで先進性と機能性を兼ね備えたシステム稼働環境が実現しています。

導入前の
課題1
現行システムをクラウドリフトしたいが、クラウドに関する技術や経験に不安がある
導入後の
効果1
クラウドに精通した技術者たちが豊富な経験・スキルを提供することで、安心・確実なクラウドリフトが実現
導入前の
課題2
現行システムがマルチベンダーのため、クラウドリフトに伴う関係各社の取りまとめが大変
導入後の
効果2
ベンダー各社との調整を日立システムズが代行することで、スムーズな取りまとめが可能に
導入前の
課題3
現行システムをクラウドリフトしたいが、行うべき作業が多くリソースが足りない
導入後の
効果3
システムエンジニアが常駐し作業代行することで、少ないリソースでもクラウドリフトの推進が可能に

導入の目的

オンプレミス環境に構築された現行システムをそのままクラウドに移行したい

スペースバリューホールディングス様は、オンプレミスのシステムを複数運用していました。オンプレミスのシステムは、ハードウェアの運用・保守や資産管理の手間に加えて、大規模災害が発生した際の運用継続に不安があります。そこで同社は、オンプレミスからクラウドへの移行を順次進めていく経営判断を行いました。
移行方法として、現行システムをクラウド型サービスにリプレイスすることも検討されましたが、慣れ親しんだシステムの刷新はユーザーに大きな負担となります。そこで、現行システムをそのままクラウドプラットフォーム上に移行する「クラウドリフト」が行われることになりました。

選定のポイント

マルチベンダーの複雑なシステムでも安心・確実にクラウドリフトできるスキルと経験を評価

クラウドリフトは、同社の人事給与システムから行われることになりました。このシステムは複数ベンダーの複数パッケージ製品を組み合わせて構築されたものです。クラウドリフトにあたっては、各製品がクラウド上でも問題なく動作するか、各製品間のデータ連携が確実に行われるかなど、留意すべき項目が数多くありました。システムは従業員の給与計算に使用される重要なものであることから、同社は移行作業を確実に進めるため、クラウドリフトに精通したパートナー企業を探すことにしました。
日立システムズは、クラウド技術者を多数擁することに加えて、複数のパッケージ製品を組み合わせてシステムを構築するマルチベンダー体制のプロジェクトに豊富な実績を持ちます。今回のクラウドリフトに求められる十分なスキル、実績を持つ点が評価され、パートナーに選定されました。クラウドプラットフォームには、クラウドサービス業界におけるリーダー的存在であり、先進性と機能性を兼ね備えたAWSが選定されました。

導入の効果

システム運用・保守工数の削減に加えてリソース拡張やBCP対策を柔軟に行えるシステム基盤を実現

クラウドリフトは、日立システムズがプロジェクトマネジメントを行い、ベンダー各社への連絡や調整作業も日立システムズが担当しました。複数のパッケージ製品をAWS上で稼働させ、さらに、それらのデータ連携をAWS上で行うという稼働環境はベンダー各社が想定していないものです。そこで、日立システムズは各社パッケージ製品のAWS上での動作確認はもちろんのこと、データ移行やデータ連携に関する独自のテスト計画、テスト設計を立案しました。対象システムは十年以上前に構築されたものだったため、サーバーOSのアップデートや、それに伴うパッケージ製品のアップデートなど関連作業が数多く発生しましたが、スペースバリューホールディングス様社内に常駐した日立システムズのSEが作業を行い、半年ほどの期間を経て人事給与システムの移行が完了しました。
今回のクラウドリフトによって、クラウド基盤上のシステム稼働状況の監視や、障害発生時の一次対応をAWSが自動で行うことができるようになり、システム運用・保守にかかる工数の削減が実現しました。また、システムの利用状況にあわせてサーバーリソースを自由に増減できるようになるなど、柔軟なリソース拡張も可能になっています。さらに、データのバックアップやシステムの速やかな復旧など、求めるレベルに応じて可用性を柔軟に設計できるようになり、BCP対策の面においてもクラウドリフトの効果が十分に得られています。

お客さまプロフィール

株式会社スペースバリューホールディングスロゴ

株式会社スペースバリューホールディングス

設立
2018年10月1日
資本金
7,000百万円(2021年3月時点)
従業員数
1,372人(2020年3月時点)
代表者
代表取締役社長 佐々木 拓郎
事業内容
システム建築事業、立体駐車場事業及び総合建設事業等を展開するグループ会社の経営管理及びそれに附帯する業務

担当より一言

クラウドリフトで、お客さまのビジネス変革をさらに加速させます

私たち日立システムズは、ITサービスベンダーとしての豊富な経験と、クラウドサービスに精通したプロフェッショナルたちの技術を生かし、クラウドに関連するお客さまのさまざまな課題を解決します。

AWSに関しては、高度かつ広範囲な技術と知識を備えたAWS認定資格者が300名以上(2021年3月時点) 在籍しています。AWSの多彩なサービスをお客さまのご要望にあわせて柔軟に設計・構築するだけでなく、監視・運用や既存環境からの移行調査、導入アセスメントにも柔軟に対応いたします。

クラウドに関することなら、なんでもお気軽にご相談ください。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

株式会社スペースバリューホールディングス様

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2022年6月時点の情報です。

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

*Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。