ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

キリン株式会社様

交通費支払い代行サービス

キリン株式会社様集合写真

選考会参加者への「交通費支払い」委託で残業時間40%削減を達成
積極的な採用業務プロセスの改善が、内定承諾率のアップにも貢献

日本を代表する総合飲料メーカーのキリン株式会社様(以下、キリン様)は、新卒採用における事務作業を効率化するため、日立システムズの「交通費支払い代行サービス」を導入しました。同サービスの導入をはじめとする採用業務プロセスの積極的な改善により、新卒採用ピーク時における採用チームの残業時間は昨年度比で40%削減。そのほかにも内定承諾率の向上や、事務作業ミスの減少など、さまざまな成果が得られています。

導入前の
課題1
選考会参加学生への交通費支払いが遅くなりがちだった
導入後の
効果1
交通費支払い業務のアウトソーシングにより、スピーディな支払いを実現
導入前の
課題2
交通費支払いをはじめとする採用事務作業の負荷が大きい
導入後の
効果2
採用事務の積極的なアウトソーシングにより、残業時間40%削減を達成
導入前の
課題3
学生への対応品質向上により、企業イメージをアップさせたい
導入後の
効果3
採用事務のアウトソーシングによる対応品質の向上で、内定承諾率のアップが実現

導入の目的

学生への「交通費支払い」業務をはじめ、煩雑な採用事務作業を効率化したい

昨年度からキリン様の新卒採用チーム配属となった担当者は、着任当初、採用業務のタスクの多さと煩雑さに驚いたと言います。「面接や選考よりも、連絡・調整・準備などいわゆる採用事務の方が多いことに驚きました。作業自体は単純ですが、1つ1つが煩雑であるため、採用活動ピーク時には業務負担が大きくなり、思わぬミスが発生する恐れもありました。さらに問題なのは、それを改善したいとみんなが思っているのに、採用業務が忙しすぎて改善に着手できず、結局前年度のやり方を踏襲してしまうことでした」。
こうした課題意識から、担当者は着任2年目から採用業務の改善に着手します。採用アウトソーシングの利用、面接書類のペーパーレス化、事務作業プロセスの変更などの改善に取り組む中で、面接参加学生への交通費支払い業務も改善対象の1つとして考えていました。
以前の交通費支払いは、学生の申請を受けてから実際に支払われるまでの期間が長く、学生から支払い状況の問い合わせを受けてしまうことが多々ありました。「担当者2名で2週間分の申請をまとめてチェックしていました。作業には6時間ほどのまとまった時間が必要ですが、繁忙のため、なかなか時間を確保できず、これが結果として交通費支払いが遅れる原因になっていました」。

選定のポイント

キリングループでの導入実績とクラウド型のシステム基盤を評価

キリン様が「交通費支払い代行サービス」を知ったきっかけは、キリングループの別会社が同サービスを利用し、成果を上げている評判を聞いたことでした。選定の決め手は、同サービスの豊富な導入実績に加えて、基盤となるシステムがクラウド型であるため、業務を委託するアウトソーシング会社の環境でも利用することができた点です。導入決定から2カ月の準備期間を経て、新卒採用チームでの利用が開始されました。

導入の効果

採用チームの残業時間40%削減を達成!学生の内定承諾率向上にも貢献

「交通費支払い代行サービス」のシステムは、面接日別・コース別で交通費支払いの申請を検索・ソートできるため、面接当日の参加者リストとの突き合わせが容易になりました。1次チェックをアウトソーシング会社に依頼し、2次チェックを業務のすきま時間にも行えるようになったことで、承認作業は以前の半分の時間で行えるようになりました。承認後は日立システムズの専任オペレーターが振り込み作業まで速やかに行うため、学生からの支払い状況問い合わせはほぼなくなりました。「交通費支払いをはじめとする採用事務局の対応は、学生が当社に抱く企業イメージに影響を与え、内定承諾率にもつながっていると思います。だからこそ、対応品質の向上は今後も追求していきたいと考えています」。
「交通費支払い代行サービス」導入をはじめとするさまざまな改善活動の結果、採用ピーク時における採用チームの残業時間は昨年度比40%減となり、そのほかにも内定承諾率の向上や、事務作業ミスの減少などの成果が得られています。今後の採用活動でも同サービスを使い続けたいというキリン様。新卒採用プロセスのさらなる改善により、企業競争力の強化を実現していきます。

お客さまプロフィール

キリン株式会社ロゴ

キリン株式会社

設立
2013年1月1日
資本金
5億円
従業員数
997名(2016年12月31日時点)
代表者
代表取締役社長 磯崎 功典
事業内容
国内綜合飲料事業の事業管理及び専門サービスの提供

人事部門の「働き方改革」に貢献するさまざまな提案を期待しています

「働き方改革」は人事部門こそ率先垂範して行うべきと考え、新卒採用業務の改善に取り組んできました。取り組みの中で大事にしたのは、作業効率化や時間短縮だけではなく、しっかりとアウトプットの質・量を高めること。新卒採用の場合は「いい人材を採用する」ことになりますが、取り組み開始後、内定承諾率の向上が実現し、一定の成果が出せたと考えています。
今後も新たな価値創造や生産性向上につながる取り組みは積極的に行っていきたいので、日立システムズにはその実現に向けた提案をどんどん持ってきてほしいと思います。

担当より一言

採用アウトソーシングの積極活用でより高付加価値な業務に専念ください

日立システムズは採用事務を効率化するサービスを多数ご用意しています。事務作業は私どもにお任せいただき、採用のプロフェッショナルである人事のみなさまは、人材戦略の立案などより付加価値の高い業務に専念いただければと思います。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2018年1月時点の情報です。

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

  • 「働き方改革」サイトへ

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。