ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

三菱マテリアル株式会社様

人事採用向け 交通費支払い代行サービス

三菱マテリアル株式会社様写真

お客さまの声
面接参加者への「交通費支払い」作業のアウトソーシングにより
現金取り扱いのリスクを軽減、面接前日・当日の作業を劇的に効率化
導入前の
課題1
金庫からの入出金、帳簿記入、小口現金の照合など、現金取り扱いにともなう業務リスクが発生している。
導入後の
効果1
銀行振込から問い合わせ対応まで日立システムズがトータルに代行。
キャッシュレス化により業務リスクを軽減。
導入前の
課題2
交通費の手渡し、領収書の発行など、交通費支払いに関連する事務作業が採用部門の業務負担になっている。
導入後の
効果2
交通費支払いの事務作業は、面接当日に案内書類を配布し、後日システム上で申請を承認するだけ。
業務負担を大幅に軽減。

三菱マテリアル株式会社様(以下、三菱マテリアル様)は、新卒採用の選考過程で発生する「交通費支払い」業務に、日立システムズの「交通費支払い代行サービス」を導入した。現金取り扱いによるリスクを軽減し、面接前日・当日の事務作業を大幅に削減している。今回の導入は、日立システムズと採用部門向け支援サービスで業務提携を行う株式会社マイナビ(以下、マイナビ社)との連携により実現しており、三菱マテリアル様の採用業務効率化に大きく貢献している。

導入前の課題

新卒採用の過程で発生する、交通費支払いの事務作業負担を軽減したい。

三菱マテリアル様は、新卒採用活動において、遠方より面接に参加する学生に対して交通費を支給している。しかし、現金の用意、現金出納帳への記入、封詰め、当日の手渡しなどの事務作業負担は重く、面接ピーク時にはこの作業を行うために他部門の社員にも対応してもらうほどだった。金庫からの現金出し入れが頻繁に行われるため、帳簿への正確な記録と現金の照合に時間と神経を使うことになり、担当者のストレスは大きかった。

選考のポイント

現金取り扱いリスクの解消と、業務効率化を同時に実現できる点を高く評価。

三菱マテリアル様が「交通費支払い代行サービス」を知ったのは、日立システムズが採用部門向け支援サービスで業務提携を行う、マイナビ社からの紹介だった。銀行振り込みから問い合わせ対応まで交通費支払い業務のほぼすべてがアウトソースでき、初期費用・固定費は0円、使った分だけコストが発生するという点が高く評価された。課題としていた現金取り扱いリスクの解消と業務効率化が同時に期待できるとして、導入が決定された。

システム導入効果

煩雑な事務作業の負担を軽減、採用部門本来の業務に専念できる体制を実現。

導入準備は、日立システムズが用意するヒアリングシートに、交通費支払い額の決定方法や、問い合わせ窓口等の必要事項を記入するだけで「手間はほとんどかからなかった」(人事部・佐藤氏)という。サービス導入後の交通費支払い業務は、面接当日に交通費申請方法を記載した書面を配布し、後日、申請に対して承認をするだけに変わった。これまで悩まされていた煩雑な作業のすべてがなくなり、劇的な効率化が実現している。
現金取り扱いリスクの解消、作業負担の軽減など、当初の課題がクリアしたことに加えて、精神的な負担の軽減も大きな効果だという。「交通費支払いに伴う業務が軽減されたことで、面接資料の準備等その他業務に集中できるようになっただけでなく、連日多額の現金を扱うというストレスから解放されたことで、精神的にも余裕がもてるようになりました」(人事部・松井氏)。
三菱マテリアル様は、「交通費支払い代行サービス」の導入により、採用部門本来の業務に集中できる業務体制を実現している。同サービスは、採用部門の生産性向上を支援する、有効なアウトソーシングサービスといえるだろう。

日立システムズ×マイナビの採用部門向け支援サービス

日立システムズとマイナビ社は、企業の採用部門向け支援サービスの分野で協業しています。マイナビ社の提供する採用選考管理アプリケーションシステム「アクセスオンライン」と「交通費支払い代行サービス」の機能連携をはじめ、両社の持つさまざまなサービスを組み合わせることで、採用部門の業務効率化を支援いたします。

三菱マテリアル株式会社様の声

煩雑だった事務作業を大幅に削減でき、採用グループ一同とても助かっています。

交通費支払いの事務には現金がからむので、入出金や封詰め、帳簿上の数字と現金の照合など、作業には通常業務以上の注意力が必要でした。サービス導入後は精神的な負担が軽減されて、現場としてはとても助かっています。
依頼や相談事に、いつでもすぐにレスポンスをいただける素早い対応にとても助かっています。


採用グループ長
依田敏氏


採用グループ長補佐
小俣浩之氏


採用グループ
斉木祥平氏


採用グループ
佐藤華子氏


採用グループ
松井保子氏

お客さまの概要

三菱マテリアル株式会社ロゴ

三菱マテリアル株式会社

創業
1950年(昭和25年)
資本金
119,457百万円 (平成27年3月末現在)
従業員数
連結 23,413人/単体 4,448人 (平成27年3月末現在)
代表者
取締役社長 竹内 章
事業内容
セメント事業、金属事業、加工事業、電子材料事業、資源・リサイクル事業、アルミ事業 他

セメント生産量日本一を誇る九州工場

銅板や銅条に用いられる銅ケーク

高能率な加工を実現する超硬切削工具

スマートフォンのディスプレイや液晶テレビ用の各種スパッタリングターゲット

担当より一言


株式会社マイナビ
ご担当者様

渉外支援システムの共同開発パートナーとして当社をお選びいただき、誠にありがとうございます。今後もシステムの機能改善を続け、三菱マテリアル株式会社様のさらなる発展と生産性向上に貢献できるよう、努力していきたいと思います。


日立システムズ
池田徳一

日立システムズは、人事・採用部門向け支援サービスをはじめ、企業内におけるさまざまな部門の作業効率化をご提案しています。お困りごとがあれば、どんなことでもお気軽にご相談いただければと思います。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

三菱マテリアル株式会社
採用グループ長 依田敏氏
採用グループ長補佐 小俣浩之氏
採用グループ 斉木祥平氏
採用グループ 佐藤華子氏
採用グループ 松井保子氏

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2016年1月時点の情報です。
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。