ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

野村證券株式会社様

IT運用統括サポートサービス

野村證券株式会社様写真

お客さまの声
複雑化するシステム運用を委託して、運用負荷と障害発生件数の削減を実現
導入前の
課題1
障害発生時の切り分け作業や各ベンダーとの連絡に時間がかかり、障害対応の初動が遅れる。
導入後の
効果1
障害対応の窓口を一元化。対応フロー標準化によるスピードアップと、再発防止のための分析による問題発生率の低下を実現できた。
導入前の
課題2
システムの安定稼働は譲れないが、コストの観点から常に多くのエンジニアを常駐させておくわけにもいかない。
導入後の
効果2
障害対応のスペシャリストを1か所に集めたセンターを活用。リモート対応で質の高いサービスを適正コストで導入できた。

国内証券業界のリーディングカンパニーである野村證券株式会社様(以下、野村證券様)。景気上昇や相次ぐ新規参入、規制緩和を背景に競争が激化する証券業界において、独自戦略の立案と、その実現のためのシステム構築は重要なテーマとなっています。営業員が前線で使用するフロントシステムの運用効率化や運用コストの低減、安定稼働を実現するため、日立システムズの「IT運用統括サポートサービス」を採用しました。

導入の目的

マルチベンダー環境でのシステム運用に負荷の増大が懸念された

野村證券様では、フロントシステムの刷新計画を推進。システムのマルチベンダー化を進めることで、各ベンダーの得意分野を生かした、より競争力のあるシステムへと進化させる計画でした。しかし、複数のベンダーで構成されるシステムでは、障害発生時の対応や各ベンダー間の連携など、運用管理が大きな負担になることが予想されました。そこで、新しいシステムで懸念される運用の負荷やコストの増加を低減させるためのサービス導入を検討しました。

選定のポイント

システムの安定稼働を維持できる体制と運用コスト低減が両立できることが決め手に

証券業界において、システムの安定稼働は最重要事項となっています。そのため、野村證券様のシステムを熟知し、安定稼働の重要性を理解しているベンダーに相談。日立グループには、マルチベンダー環境での運用保守体制やノウハウに実績があり、障害発生時やシステムの問い合わせなどを一元管理する統合受付が設置されているため、障害発生時の初動体制として十分であると判断。また、これらの体制を社内に構築する必要がないことは運用コスト低減の決め手にもなり、日立システムズが提供する「IT運用統括サポートサービス」を採用しました。

システム導入効果

サービス導入後3カ月で障害発生件数が4分の1以下に

サービス導入後は、日立システムズが障害発生時の一次対応を行い、各ベンダーへの復旧要請を実施。これにより障害対応が均質化でき、対応スピードが向上しました。さらに、障害発生の原因を分析し、再発防止策を講じることにより、障害発生件数が導入後3カ月で4分の1以下にまで削減。システムの安定稼働に結びついています。このように障害の対応に追われることがなくなり、新しいシステムの開発などに注力できるようになりました。

システムイメージ図

今後の展望

今回の成功を社内全体のシステムに適用し、システムの品質向上と運用コストの削減へつなげたい

野村證券様は現在、1万台以上のタブレット端末を利用し、リアルタイムでさまざまなお客さまのニーズに応えるなど、今後も新たな取り組みをいち早く実現していく計画です。今回、営業員が活用しているフロントシステムの運用最適化を実現しましたが、今後ほかの社内システムに適用していくことも検討。こうした戦略的なシステムの実現と安定したシステム運用をめざし、今後も日立システムズおよび日立グループにさらなるサポートが期待されています。

野村證券株式会社様の声

最後までユーザー視点で取り組む姿勢に誠実さを感じました

今回、最後まで粘り強くユーザー視点に立って取り組んでいただき、誠実さを感じました。金融機関の情報システムで重要なことは安定稼働です。この安定稼働を実現するのに一番大切なことは、ベンダーの誠実さだと思っているので、今回安心してお任せできました。


野村證券株式会社
吉村潤氏


野村證券株式会社
牧隆信氏


野村ホールディングス
株式会社
猪原茂和氏


野村ホールディングス
株式会社
柿本奈美氏

お客さまの概要

野村証券株式会社ロゴ

野村證券株式会社

創業
1925(大正14)年12月
資本金
100億円
代表者
代表執行役社長 永井浩二
事業内容
証券業
URL
http://www.nomura.co.jp/

担当より一言

本プロジェクトでお役に立てたことを大変うれしく感じています


日立システムズ
東啓二郎


日立システムズ
勝地紀夫


日立システムズ
秋葉慎太郎

野村證券様と日立グループのお付き合いは長く、本プロジェクトでもお役に立てたことを大変うれしく感じています。ともにサービスの導入に取り組み、野村證券様の安定稼働への厳しい姿勢や品質向上への熱い想いを共有させていただきました。今後もさまざまな提案を通し、野村證券様のIT戦略を支えていけるよう努めてまいります。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

野村證券株式会社
吉村潤氏
牧隆信氏
野村ホールディングス株式会社
猪原茂和氏
柿本奈美氏

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2014年10月時点の情報です。
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。