ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

西武信用金庫様

報告書集計システム「Report ConnectionII」

各支店からの報告収集・集計の手作業を軽減し、作業時間を大幅に短縮

写真:西武信用金庫様

お客さまの声

Excelのファイルを作成して、集計のパターンと範囲を設定するだけで報告収集・集計ができるということで、すばらしいシステムだと感じました。

導入前の課題
導入後の効果
報告書集計業務では、各支店からシステムやメールなどで収集した報告を、手作業で転記する必要があった。
「Report ConnectionII」の導入により、Excelファイルを作成し、集計パターンを設定するだけで、簡単に集計できるようになった。
各支店で報告書を入力・提出してくれるタイミングがバラバラだったため、集計に時間がかかっていた。
各支店の提出状況がリアルタイムで把握できるようになり、報告収集・集計の時間短縮につながった。

東京都心部から多摩地区に広がる地域と埼玉県西南地域、そして神奈川県北部地域を事業区域とし、地域金融事業を通じて、地域の繁栄を支援してきた西武信用金庫様。各支店からの報告収集・集計業務を効率化するため、報告書集計システム「Report ConnectionII」を採用いただきました。導入に至った経緯と導入後の効果について、事務支援部 副部長の渡邉健二氏、同部 課長の和田浩司氏にお話を伺いました。

導入の目的

各支店からの報告収集・集計作業に時間と手間がかかっていた

西武信用金庫様が抱えていた課題

  • 各支店から収集した報告を、手作業で転記する必要があった
  • 各支店で入力・提出してくれるタイミングがバラバラだったため、集計に時間がかかっていた

「Report ConnectionII」を導入された経緯を、教えていただけますか?

これまで、各支店からの情報を収集して本部で集計する際、3つの方法を用いてきました。1つ目は、Microsoft® Sharepoint®を利用してデータエントリー用に構築したシステムを使って、支店側で入力してもらう方法。2つ目は、社内イントラ内だけで利用する電子メールに、Excelファイルを添付して受け渡しする方法。3つ目は、社内交換便です。特に、店長の押印が必要な書類については社内交換便を利用していました。この3つの方法は、それぞれ収集した情報を別途転記して集計する必要がありましたし、各支店で入力・提出してくれるタイミングはバラバラでしたから、集計に時間がかかっていました。(渡邉氏)

既存のデータエントリー用システムでは、情報収集の効率化を図れていなかったのでしょうか?

既存システムでは、あまり難しい内容を収集することができず、もっと広範囲の情報を収集したいという要望がありました。入力フォーマット(Excel)を本部側から指定できなかったため、実績や残高の数字の単位が誤って入力されてくるケースも多く、集計者側で確認および修正が発生していました。また、報告書類に対する権限設定ができず、各支店で入力したデータを誰でも閲覧・編集できてしまうという課題もありました。そこで、各支店からの収集とその集計について、改善を考えることにしたのです。(和田氏)

写真:渡邉健二氏
西武信用金庫
事務支援部
副部長
渡邉健二氏

選定のポイント

Excelファイルを作成・設定するだけという簡易さが決め手に

「Report ConnectionII」を選択したポイント

  • インターフェースや操作性が圧倒的に優れていたこと
  • Excelのファイルを作成して、集計のパターンと範囲を設定するだけで集計ができること
  • 各支店のリアルタイムな作業状況が一目で分かる

どちらで「Report ConnectionII」をお知りになったのでしょうか?

各支店からの情報収集や集計の効率化について、改善方法を考え始めていた矢先に、日立システムズの営業担当者が訪問してこられて、紹介してくださったのです。(和田氏)

「Report ConnectionII」の、どの部分を評価していただいたのでしょうか?

2010年5月にご紹介を受けて、他社の製品と比較して検討したのですが、「Report ConnectionII」は画面が見やすかったですし、操作も簡単でした。他社製品より、インターフェースや操作性が圧倒的に優れていたことが決め手になりました。また、Excelのファイルを作成して、集計のパターンと範囲を設定するだけで集計ができるという点では、当時の私たちからすれば、すばらしいシステムでした。(和田氏)

各支店のリアルタイムな作業状況が一目で分かる点も、非常に大きかったと思います。また、ほかの金融機関への豊富な導入実績も後押しになりました。(渡邉氏)

写真:和田浩司氏
西武信用金庫
事務支援部
課長
和田浩司氏

システム導入効果

約3時間かかっていた手作業での集計が、約30分に短縮

導入サービスの内容と効果

  • 手作業での集計に約3時間かかっていたところ、30分程度で済むようになった
  • 本部で作成した顧客の推進・管理用データを、支店ごとに切り分けて送付する作業が簡略化できた
  • 報告集計のスピード化により、経営に生かせる情報を作れるようになった

「Report ConnectionII」の構築時に、カスタマイズされた部分はございますか?

当庫はセキュリティ対策としてシンクライアントを実現していたため、そちらに適合する形で構築していただきました。そして、当庫ではシングルサインオンが必須条件でしたので、そちらも実現していただきました。(和田氏)

現在は、どのくらいの範囲で「Report ConnectionII」を利用されているのでしょうか?

当庫の本部内にある営業推進や人事、総務といった各部署から64の支店に報告を求める際に、「Report ConnectionII」を利用しています。支店側で計画した収支計画表や業績評価などの情報を、本部で把握するということが、主な使用目的ですが、ときには健康診断の参加者の集計といった目的でも使用しています。常時20件程度の報告書が登録されており、月次報告と随時報告の割合はほぼ半分ずつです。また、当初は想定していなかったのですが、経営会議用の資料を作成するため、本部内の各部署からデータを集める際にも、「Report ConnectionII」を利用しています。(和田氏)

「Report ConnectionII」を導入して、どのような効果がございましたか?

これまで手作業での集計に約3時間かかっていたところ、30分程度で済むようになりました。手作業以外の業務が楽になったことを含めるとさらに大きな効率化ができたと感じています。また、当庫の規則として、ある支店の情報はほかの支店から見られないようにする必要があるため、これまでは本部で作成した顧客の推進・管理用データを支店ごとに切り分けてから連絡していました。「Report ConnectionII」には、それを切り分けて送付してくれる機能があるので、非常に助かっています。(和田氏)

報告してもらう情報は、あまり時間がたってしまうと情報自体の価値が薄れてしまいます。その意味でも、リアルタイムで提出状況が把握できる「Report ConnectionII」は、収集のスピード化につながっていますし、経営に生かせる情報を作るのに役立っています。(渡邉氏)

図: システム構成図

  • ※「ReportConnectionII」の報告書集計機能には「部署別一覧集計」「部署別リスト集計」「全部署串刺し集計」の3パターンがあります。

今後の展望

本部の全部門での「Report ConnectionII」利用を推進していきたい

予定している今後の方針

  • ある支店が主体となって他支店から報告を求めるという使い方などにも、挑戦していきたい。

将来の展望について、教えていただけますか?

これまでは、本部から各支店に報告を求めるために利用していましたが、ある支店が中心となって同じエリアのほかの支店から報告を集めるといった使い方も、将来的にはやってみたいと考えています。(渡邉氏)

今後、日立システムズに、どのようなことを求めますか?

日立グループという大きな組織の中で、さまざまなスキルやノウハウ、成功事例をお持ちだと思います。そうしたスキルや事例を踏まえたシステム提案や情報提供などを、現在もしていただいていますが、引き続きしていただけると、大変ありがたいです。(和田氏)

お客さまの概要

尾道市水道局ロゴ

西武信用金庫

設立
1969(昭和44)年6月
所在地
東京都中野区中野2-29-10
URL
http://www.seibushinkin.jp/

役職員お一人おひとりが信用金庫の原点に立ち返り、お客さま目線に立った商品やサービスをご提供している西武信用金庫様。「事業支援活動」「資産管理支援活動」「街づくり支援活動」により、実効性ある「お客さま支援センター」として頼れる地域金融機関になるよう努力しています。

写真:お客様に応対する職員「人間主義」を理念に掲げ、「お客さまを思い、仲間の職員を思いやる心」を持った職員が揃っています。

写真:ビジネスフェア from TAMA中小企業のビジネスチャンス拡大を目的とした異業種企業の展示商談会「ビジネスフェア fromTAMA」。

写真:西部信用金庫ATM東京都・埼玉県・神奈川県に64店舗、店外ATMを34か所に有しています。

写真:セミナー企画事業者などを対象に、多彩な講師をお迎えして、業種や目的を絞り込んだセミナーを企画・開催しています。

担当より一言

今後も西武信用金庫様の、お役に立てる提案を行って参ります

写真:藤代直樹
日立システムズ
藤代直樹

「Report ConnectionII」をご利用いただき、西武信用金庫様の業務効率化にお役に立てたことを非常にうれしく思います。今後も西武信用金庫様の業務や課題の理解に努め、お役に立てるご提案を行って参ります。

インタビュー時に頂戴した温かいお言葉を、より良い形で実現できるように、今後も西武信用金庫様のお手伝いをさせていただきたいと思います。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

西武信用金庫
事務支援部 副部長 渡邉健二氏
事務支援部 課長 和田浩司氏

ご協力ありがとうございました。
2012年11月掲載
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。