ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

ウインクレル株式会社様

FutureStage 卸売業向け販売管理システム

お客さまの声
FutureStageの拡張性を生かし「卸売業における案件別の損益管理」を実現
日立システムズグループならではのITワンストップサービスが導入の決め手
導入前の
課題1
旧システムとExcelによる管理では正確な「案件別の損益管理」を実現できない。
導入後の
効果1
FutureStageの拡張性を生かし、卸売業における、正確かつ迅速な「案件別の損益管理」を実現。
導入前の
課題2
情報システムの専門部署がないため、データバックアップ、ヘルプデスクなどIT管理に時間を割くことができない。
導入後の
効果2
ITに関するすべてをワンストップでサポート。本業への集中とIT管理レベルの向上を実現。
導入前の
課題3
統一マスタの不備や、業務フローの未整備による属人的な業務処理を脱却したい。
導入後の
効果3
FutureStage導入にあわせて、統一マスタや業務フローの整備を実施。業務処理の標準化を実現。

ウインクレル株式会社様(以下、ウインクレル様)は、食品・医薬品・プラスチック関連業界向けの機械輸入業で高いシェアを誇る、設立1885年の歴史ある優良企業だ。同社では、Excelによる案件別の損益管理に取り組んでいたが、旧基幹システムとの非連携や統一マスタの不備により、理想とする損益管理を実現できずにいた。「案件別の損益管理ができる卸売業向けシステム」を条件にシステム選定を進めていた同社は、ソフトウェアだけでなく、ITに関わるすべてをワンストップで提供できる点を高く評価し、日立システムズの「FutureStage」の採用を決定した。

導入の目的

販売後のアフターサービスも含めた正確な「案件別の損益管理」を実現したい

ウインクレル様のビジネスは、販売単価が高く、メンテナンスなどのアフターサービスも継続して発生するため、機械卸売業には珍しく案件別の損益管理をマネジメント上必要としていた。しかし、旧システムには売上・仕入の2 つの機能しかなく、損益管理をはじめシステム機能が現状業務に即していないのが実態。そこで同社は、案件別の損益管理をはじめ、業務フローの統一、各種マスタの一元化、多拠点を結ぶネットワーク化などを実現するため、基幹システムの刷新を決断。システム化により既存業務の標準化をめざすこととなった。

選定のポイント

FutureStageの機能性、柔軟性を高く評価
「ユーザー要望への対応力がもっとも優れていた」

ウインクレル様は複数ベンターを比較検討した結果、機能拡張の柔軟性を評価し、日立システムズの「FutureStage」を採用することとした。ウインクレル様向けの「FutureStage」では、受注・売上・入金など業務処理の各画面において対象となるプロジェクトを指定でき、営業員の利用経費や技師の作業時間(労務費)もプロジェクト別に入力できる機能が追加開発されている。これにより、懸案であった案件別損益をスピーディに把握することが可能となった。新システムを早期に社内に定着させるため、画面表示にも現場ユーザーの意向が数多く反映されており、「ユーザー要望への対応力は日立システムズがもっとも優れていた」とシステム責任者の仁平氏は振り返る。

システム導入効果

月次決算を10営業日以上も短縮、正確な損益管理により現場の採算意識も向上

「FutureStage」稼働後は、案件に関連するすべての仕入、経費、作業時間などが単一のプロジェクト番号で結び付けられ、案件別損益を迅速に把握することが可能になった。これにより営業員や現場技師にはこれまで以上の採算意識が醸成されつつあるという。また、旧システムには「受注」という概念がなく、入金予定や支払予定をシステム上管理することができなかったが、現在は「受注」という先行指標を軸に先々のキャッシュフローが可視化されるため、資金繰りの正確性も向上している。売上・仕入・利益の予実にはほとんど差異がなくなり、これを部門別にもブレイクダウンできることから、先々を見据えたマネジメントが実現。月次締めについては10営業日以上の短縮を達成するなど、経営と現場業務の双方でシステム導入効果が表れている。

今後の展望

基幹システムから、BCP対策、機器購入までITワンストップサービスをフル活用していきたい

本プロジェクトにおけるサービス提供範囲は、パッケージ「FutureStage」の販売、カスタマイズ、導入支援、ヘルプデスクから、拠点間を結ぶネットワーク構築、BCP対策としてのデータバックアップまで多岐に及んでいる。ウインクレル様では今後、PCやサーバー調達といった物品購入の委託も含め、IT分野におけるほぼすべての領域を日立システムズグループに任せることを予定している。日立システムズグループのITワンストップサービスをフル活用することで、効率よくIT管理レベルを向上し、本業への集中とビジネスの成長をめざしていく意向だ。

ウインクレル株式会社様の声


仁平昌和氏


尾上幸生氏

ワンストップサービスの対応力をはじめ、日立システムズはすべての点において他のベンダーより優れていました。

パッケージの柔軟性、担当者の人柄やスキル、プロジェクト管理能力と、すべての点において他ベンダーより優れていたのが日立システムズエンジニアリングサービスでした。
選定の際に特に重視したのが、ワンストップですべてをお任せできるベンダーであるということ。当社には情報システムの専任者がいないため、IT管理に多くの時間を割くことができません。

他のベンダーではどうしても対応が一部分に限定されてしまいますが、日立システムズグループの場合、ヘルプデスクからトラブル発生時の原因調査と対応、ネットワーク構築、BCP対策、PCやサーバなどの機器購入まで、なんでも相談できるので本当に助かっています。
信頼できるIT総合パートナーとして、今後も当社のビジネスを支えていただきたいと思います。

お客さまの概要

ウインクレル株式会社ロゴ

ウインクレル株式会社

設立
1885年
資本金
2,500万円
従業員数
64名
代表者
Robert Selig
事業内容
食品・医薬品・プラスチック関連業界向け機械の輸入販売・メンテナンス ほか
URL
http://www.winckler.co.jp/

担当より一言

日立システムズの総合力を生かして、今後もビジネスの発展をご支援していきます。


日立システムズエンジニアリングサービス
内山卓哉


日立システムズエンジニアリングサービス
吉原亮


日立システムズ
平澤慶典

本プロジェクトの機能カスタマイズの中心となったのが「案件別の損益管理」機能でした。綿密な打ち合わせを経てご満足いただけるシステムを実現でき、大変嬉しく思います。システムに関してはまだまだ改善の余地があるため、今後も継続してサポートさせていただきたいと思います。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

ウインクレル株式会社
仁平昌和氏
尾上幸生氏

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2015年1月時点の情報です。
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。