ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ

福祉の森見守りシステム

入居者の異常・予兆をセンサーで検知し介護スタッフの生産性向上を支援

福祉の森 見守りシステムとは

各居室に設置された複数のセンサーから発信される情報は、見守りシステムの管理画面に一括で表示されます。センサーから受信した入居者の呼吸・脈拍データや体動情報などが各居室ごとに表示され視覚的に状況を把握できます。

介護スタッフは、入居者の異常や予兆をスタッフルーム備え付けのPCやタブレット端末、スマートフォンなどでリアルタイムに確認できるため、効果的な介護ができます。

Point1:センサー情報を一括表示

センサーから受信した呼吸・脈拍データや体動情報などを居室ごとにリアルタイムに表示します。入居者の異常事態などを視覚的に捉えやすくした画面構成です。

Point2:多彩なセンサーに対応

赤外線センサー、マットセンサー、マイクロ波センサー、バイタル測定機器など多様なセンサーで見守りを実現します。

Point3:日常の生活記録(バイタル、体動情報など)を時系列に連携

介護記録管理システム「福祉の森」に日常の生活記録(バイタル、体動情報など)を時系列に連携させることで、入居者に対するケア状況を素早く確認いただけます。これにより記録漏れの抑止、申し送り時間の短縮、ペーパーレス化など記録業務全般の効率化を支援します。

日立システムズの強み

見守りシステムは介護施設の
見守り環境をワンストップで構築します。

各種センサー、見守りシステムを活用した業務効率化や入所者の安全な生活環境を実現するため、LANなどのインフラ整備、機器調達、システム設計・環境構築、運営支援、障害時の原因切分け、保守、機器追加対応、すべて日立システムズにてワンストップにて対応いたします。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。