ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ ADWORLD

自治体業務に特化したBPOセンター

自治体における事務処理のすべてを 最新技術と専門知識を持った人材の最適な組み合わせで業務代行するサービスです。

システムの特長

1. 業務コスト削減と職員様の負荷軽減を実現

昨今の少子高齢化に伴い、自治体においても働き方改革が求められています。当社では長年にわたり自治体ソリューションを提供してきた経験、ノウハウを生かし自治体業務の代行サービスを提供します。自治体業務におけるお困りごとをRPAやOCRなどを用いた改善提案、並びに構築支援、さらには、BPOでの運用支援やアフターサポートまで専門知識を有したスタッフがトータルに支援し、業務コストの削減と職員様負担の軽減を実現します。

2. 幅広い対象業務

データ入力、書類作成、発送や印刷など自治体職員様の事務処理のすべてを 最新技術と専門知識を持った人材の最適な組み合わせによって対応します。
また口座申請業務、現況届業務、ふるさと納税業務などの複数業務をお客様へのヒアリングや実証実験を実施し対象業務を拡大を図っています。

競争入札参加資格受付申請業務の代行作業事例について

みちのく盛岡広域連携都市圏(岩手県盛岡市、八幡平市、滝沢市、雫石町、岩手町、葛巻町、紫波町、矢巾町)が公共事業の入札への参加資格申請受付業務の効率化を目的に、共同利用が可能な「CYDEEN競争参加資格申請受付システム」および自治体バックオフィスによる運用サポートサービスを導入。
自治体バックオフィスにおいて書類の仕分けや簡易審査、システムへのデータ入力などを実施しました。

3. セキュリティ体制

自治体のお客さまの情報を扱う自治体バックオフィスでは高度な情報セキュリティを確保しています。 情報漏えい防止のための堅ろうな施設の配備、厳重なセキュリティ管理を実施し、お客さまの大切な情報を守ります。

 

日立 自治体ソリューション ADWORLDをご検討のお客さまはこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。