ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

統合エネルギー・設備マネジメントサービス EMilia 考えたのは、未来の地球、未来の子どもたち そのために今できる、エネルギーのかしこい使い方

統合エネルギー・設備マネジメントサービス「EMilia(エミリア)」は、オフィス・工場・店舗・病院・データセンターなどのさまざまなシーンにおいて、業種や規模を問わず、一つの法人が多拠点のエネルギーデータや設備などを統合的に管理し、省エネ、業務効率向上、およびBCPを実現するサービスです。

特長

従来、設備メーカーが提供しているxEMS製品(*1)の多くは、業種、規模、対象設備を限定してエネルギー管理をするものでした。
このため、お客さまは用途に応じて異なる製品を導入して運用しなければならないという課題がありました。

「EMilia」を導入いただくことで、設計-現地導入(工事含む)-保守まで、当社でトータルにサポートします。
また、サービスモール(*2)を活用し、当社にてサポートやデータの利活用について、オンラインでタイムリーな対応が可能です。また、課題把握や有効で計画的な省エネ施策、設備更新が実施できます。
全国に拠点を持っているので、多拠点導入のお客さまでも幅広く対応が可能です。

  • *1 xEMSは、AEMS/BEMS/EEMS/FEMSなどEMSの総称です。
  • *2 サービスモールとは、クラウド上に蓄積されているデータを、複数のステークホルダーが有効活用できるコンセプト

(1)クラウドサービスがサービスモールへと進化

「EMilia」の「サービスモール」コンセプトでは、業種や規模・対象設備を問わず、一つの法人が多拠点を管理できます。
また、サービスモールにエントリーしているデータやアプリケーションは、お客さま自身だけなく、設備メーカー、分析・コンサル会社などにもアクセス権限を付与することができます。
そのため、見える化後のサポートやデータの利活用について、オンラインでタイムリーな対応が可能となり、課題把握や有効で計画的な省エネ施策、設備更新が実施できます。

(2)リーズナブルなシステムモデルが選べる

「EMilia」では、以下の3つのシステムモデルを運用形態や管理規模に応じてお客さまが選定できるようにします。

  1. パブリッククラウドモデル:
    日立が運営するクラウドセンターのアプリケーションとデータ管理を利用します。
    気象情報や電力会社からの節電要請は、クラウドセンターで一括受信します。
    フィールド側にサーバーが不要なので、現地に管理者を配置できない拠点向きです。
  2. プライベートクラウドモデル(ローカルサーバーモデル):
    お客さま自身が管理するローカルサーバーのアプリケーションとデータ管理を利用します。
    お客さま側の生産管理システム(MES)は、このローカルサーバーと連携します。
    現地に管理者を配置できる拠点向きです。
  3. ハイブリッドモデル:
    1と2を併用し、それぞれの利点を生かします。
    既存のローカルサーバー型のxEMSを有効活用しながら、クラウドサービス化して多拠点を一元管理したい場合などはこのモデルになります。

(3)「見る」→「知る」→「抑える」→「続ける」が基本

「EMilia」では、持続可能な業務管理プロセスを4つの業務シーンに分類し、このカテゴリーに従って、サービスを利用者にわかりやすく提供します。

  1. 「見る(監視と操作)」:現在や近未来の状況や状態を把握し、必要に応じて設備の操作を行う。
  2. 「知る(分析と診断)」:過去の状況や状態を活用して、エネルギーと設備の分析・診断を行う。
  3. 「抑える(制御予約)」:将来の運転方法、自動制御方法などを決め、システムに予約する。
  4. 「続ける(報告と保全)」:報告書作成業務や保全計画業務に役立てる。

(4)他のサービスとの連携で拡がる付加価値

「EMilia」と環境管理や設備台帳管理など他のサービスとも連携することで、お客さまはさらなる付加価値が期待できます。

例えば、オフィスでは空調設備のエネルギー使用量の割合が大きいですが、工場では生産設備の比率が大きくなります。
「EMilia」のFEMS機能では、生産管理システムから生産計画を取り込み、生産シフトの入れ替えによってピークエネルギーをシミュレーションし、エネルギー使用の平準化に役立つガイダンスを提供しています(オプション)。

システム構成例

「EMilia(エミリア)」では、日立クラウドセンターを利用する「パブリッククラウド型」、現地でシステムをクローズする「ローカルサーバー型」、および、これらを併用した「ハイブリッド型」を選択してシステム構築が可能です。
これにより、構築システムの規模や対象サイト数を考慮し、お客さまのご要望に応じたシステム構成を提案できます。

接続例

「EMilia」では、サービスモールのコンセプトのもと、日立製品をはじめさまざまなベンダー設備との接続が可能です。各種の空調設備、照明設備、生産設備、ユーティリティ設備との接続を想定しており、ビルや工場などのさまざまな利用シーンにおいて、統合的なエネルギー管理環境を提供します。
※サービス利用形態によって対象設備は異なります。

接続例図

ご提供価格(税抜き)

1拠点(1,000m2)=管理点数20点(見える化)のパブリッククラウド型の初期費・運用費例

  • 初期費:300万円~ 【内訳】機器費(130万円~)+設計・設定費(70万円~)+工事費(100万円~)
  • 運用費:6万円/年~

* 工事費はお客さま施設によって変動します。詳細見積もりは現地調査ごとに異なります。
* 初期・運用費はお客さま施設および監視対象によって変動します。

* 統合エネルギー・設備マネジメントサービス「EMilia(エミリア)」は、株式会社日立製作所の日本国内における登録商標です。

統合エネルギー・設備マネジメントサービス EMiliaをご検討のお客さまはこちら

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

  • 商品をご検討のお客さまはこちら
  • お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

関連キーワード