ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

仕事と介護の両立支援に関する社内セミナーを開催

株式会社パソナライフケアの継枝 綾子氏が講演

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2017年1月31日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、従業員の多様な働き方を支援する取り組みの一環として、仕事と介護の両立支援に関する社内セミナーを開催しました。本セミナーは、1月11日に東京、20日に大阪で開催し、2日間で合計124名の従業員が参加しました。

セミナーの様子1

セミナーの様子2

セミナーの様子

少子高齢化が進む昨今、日本の総人口のうち65歳以上の高齢者が占める割合は27.1%*1となり、介護が必要な高齢者の数も増加傾向にあります。そんな中、家族の介護が理由で離職・転職する人は年間約10万人*2にのぼります。今後、さらに介護を担う就業者が増えていくことが見込まれており、企業には、仕事と介護の両立を支援する会社制度の整備や介護に関する情報の提供、働きやすい環境づくりが求められています。

こうした背景を踏まえ、日立システムズは、「仕事と介護の両立支援セミナー」を実施しました。本セミナーでは、株式会社パソナライフケアの継枝 綾子(つぐえだ あやこ)氏を講師として招き、「~介護で離職しないために~仕事と介護の両立支援セミナー」と題した講演と、希望者への個別相談を行いました。継枝氏は、介護福祉士や主任介護支援専門員などの資格を保有しており、これまでにのべ1,000人以上の高齢者のケアプランを作成してきました。現在は官公庁の委託を受け、さまざまな介護関連の研修講師として活躍しています。講演では、介護保険制度や介護の現状、相談事例、今から準備できることや仕事と介護を両立するためのコツなど、事例を交えて話を聞くことができました。

なお、本セミナーに参加した従業員のコメントは以下の通りです。

  • 継枝氏が実際に体験したお話を聞くことができ、とても参考になりました。
  • 介護は事前準備が大切であることが分かったので、まずは親と老後について話をしようと思いました。
  • 出席者がとても多かったので、介護について、自分だけが悩み、不安を抱えているわけではないことが分かり、少し安心しました。
  • 職場の同僚と介護について話し合ってみようと思います。
  • 次回、実家に帰省した際に、親と一緒に地域包括支援センターを訪ねてみようと思います。

日立システムズでは本セミナーの実施に加え、全従業員を対象に介護に関するeラーニングを実施しているほか、介護保険制度の概要、申請方法、利用できるサービス、会社制度などに関する情報をまとめ、イントラネットに公開しています。さらに、家族や職場で介護について話し合う機会を持てるようにするため、話し合いツールなどを制作し、働き方の見直しや事前準備など、介護について考えるきっかけ作りも行っています。

今後も日立システムズは、多様な働き方を支援し、従業員一人ひとりがいきいきと、安心して、最大限の能力を発揮することができる環境づくりに継続的に取り組みます。そして、いきいきと働く多彩な人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、お客さまと共に新たな価値を創造してまいります。

*1
平成28年12月20日 総務省統計局「人口推計」より引用
*2
「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)より引用

ご参考:「仕事と介護の両立支援セミナー」の概要

ご参考:「仕事と介護の両立支援セミナー」の概要
日時2017年1月11日(水)、20日(金)15:00~17:00
場所本社(東京)、関西支社(大阪)
目的今後、増えることが見込まれる介護を担う従業員が、仕事と介護を両立させるために今からできる準備や実行するための知識やコツを習得すること
対象者日立システムズの従業員
参加人数124名
講師株式会社パソナライフケア 継枝 綾子氏
講演内容「~介護で離職しないために~「仕事と介護の両立支援セミナー」

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。