ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

LGBTをテーマにした人権に関する社内研修を開催

特定非営利法人 虹色ダイバーシティの五十嵐 ゆり氏が講演

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2016年12月27日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、人権問題の本質を正しく理解し、差別のない明るい企業づくりをめざす取り組みの一環として、LGBT(*1)をテーマとした人権に関する社内研修を11月18日に開催しました。

*1
LGBT:Lesbian(女性同性愛者)、Gay(男性同性愛者)、Bisexual(両性愛者)、Transgender(性同一性障害を含む、生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別にとらわれない性別のあり方を持つ人)の頭文字をとった総称

セミナーの様子

セミナーの様子

セミナーの様子

国際潮流の中、最近では日本でもLGBTについて世の中の関心・話題も高まり、企業でもLGBTへの正しい理解や働きやすい環境づくりが求められています。

日立システムズでは、人権問題の本質を正しく理解し、差別のない明るい企業づくりをめざして、日立システムズの経営幹部、日立システムズグループの人事総務部門、日立システムズ労働組合等の代表者約60名からなる「人権委員会」を運営しています。同委員会は人権問題に関する情報共有や研修計画を立案するなど、さまざまな社内啓発を行っています。
その一環で、2016年度も昨年度に引き続きLGBTをテーマに、企業に求められる施策について考える「企業のためのLGBT対応研修」を実施しました。本研修では、特定非営利法人 虹色ダイバーシティの五十嵐 ゆり氏を講師として招き、「企業のためのLGBT対応~求められる施策について~」と題した講演を行いました。昨年より行政や企業の動きが拡大していることや、当事者の方に登壇いただくことで、さまざまな体験を聞き、理解を深めることができました。

なお、本研修に参加した従業員のコメントは以下の通りです。

    • 企業として、今、どのような対応が必要なのか考えることができた。
    • 偏見や差別につながらない行動をしようと思った。
    • 恋人を“彼氏”、“彼女”というのではなく、“パートナー”と表現をしていきたいと思う。

また、LGBTなどを含む人権に関する理解促進のため、全従業員を対象としたeラーニングも実施しています。日立システムズは、それぞれが多様な考えを理解し認め合うことにより、従業員一人ひとりがいきいきと、最大限の能力を発揮することができる環境を整えていきます。
これからも日立システムズは、お客さまの立場に立ち、多彩な人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、お客さまと共に新たな価値を創造してまいります。

ご参考:「企業のためのLGBT対応研修」の概要

ご参考:「企業のためのLGBT対応研修」の概要
日時2016年11月18日(金) 16:45 ~ 17:45
場所本社(東京)
目的人権問題の本質を正しく理解し、差別のない明るい企業づくりをめざす取り組みの一環として、LGBTをテーマに、企業に求められる施策について考える
対象者人権委員会
※日立システムズの経営幹部、日立システムズグループの人事総務部門、日立システムズ労働組合等の代表者約60名からなる組織
参加人数53名
講師特定非営利法人虹色ダイバーシティ 五十嵐 ゆり氏
講演内容「企業のためのLGBT対応~求められる施策について~」

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。