ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

日立システムズとインフォマティカがデータ統合管理ソリューション分野で協業

ハイブリッドクラウド環境におけるデータ連携・システム連携を支援するサービスを提供

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2015年10月8日
株式会社日立システムズ
インフォマティカ・ジャパン株式会社

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)とインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表取締役社長:吉田 浩生、本社:東京都新宿区/以下、インフォマティカ)はこのたび、データ統合管理ソリューションの分野で協業を開始します。
本協業に基づき、日立システムズは、インフォマティカのデータ統合管理ソフトウェアと、日立システムズのデータ連携・システム運用のノウハウ、およびクラウド技術を組み合わせたデータ統合・分析ソリューションを本日から販売開始します。日立システムズは、主に中堅から大規模企業に対して訴求し、2017年度末までに累計10億円の販売をめざします。インフォマティカは本協業を通じ、日本におけるさらなる事業拡大を図ります。

近年、自社導入型のシステムと複数のクラウドサービスとを業務に応じて組み合わせて利用することにより、システム全体の付加価値を高めるハイブリッドクラウド環境への移行が進んでいます。また、グローバル化の進展や企業買収・合併の活発化にともない、スピーディーにシステムを統合、拡張するニーズが高まっています。企業は多様なシステム間のデータ連携や管理に多大なコストと時間をかけており、より低コストで効率的なシステム間連携と、さまざまなフォーマットで格納されたデータを有効活用するためのシステム基盤が求められています。

これらのニーズに対応するため、日立システムズは今回データ統合管理の世界的なリーティングカンパニーであるインフォマティカとの協業に至りました。日立システムズでは、クラウドサービスを数多く提供しています。また昨今は、長年にわたり培った業種・業務ノウハウを活かし、ハイブリッドクラウドインテグレーションやクラウド基盤・業務アプリケーションの運用までのワンストップサービスを強化しています。

日立システムズは、「Informatica PowerCenter」や「Informatica Data Quality」などインフォマティカのデータ統合製品群と、自社のデータ連携や統合ソリューションの導入実績に基づくノウハウ、ならびに基幹業務システムの構築・運用や、ITインフラ基盤・クラウド基盤の統合監視・運用ソリューション、クラウド型の電子データ交換(以下EDI)サービスなどを組み合わせ、トータルソリューションとして展開していきます。

協業により実現できるソリューションのイメージ図

協業により実現できるソリューションのイメージ図

「Informatica PowerCenter」は、さまざまなシステムに対応したコネクタ(データ連携用のプログラム)を提供しており、ERPをはじめとする業務システムやデータベース、各種SaaS、文字コードやデータ型、構造化/非構造化など異なるタイプのデータにアクセスし、最適なパフォーマンスでデータの集配信を実行します。また、「Informatica Data Quality」は、プロファイリングによる既存データ資産の品質把握と課題の発見から、データのクレンジングや名寄せによる品質改善、さらには定常的に品質を維持するスコアリングまでの一連のデータ品質管理を行います。
日立システムズは、これらインフォマティカのデータ統合製品群の導入コンサルティングから、導入支援、要員教育、運用・保守支援、継続的改善支援まで、国内外のエンジニアを活用してワンストップで提供することができます。また、各種のERPシステムや業務システム、メインフレームシステムの導入・運用実績を豊富に有しているほか、EDIサービス、「クラウド向け統合運用サービス」など関連ソリューションや社内外のクラウドサービスを効果的に組み合わせ、システム環境の最適化やハイブリッドクラウド化をワンストップでサポートします。

日立システムズの「Informatica データ統合システム基盤」に関するWebサイト

インフォマティカのソリューションについて

Informatica PowerCenterに関する詳細はこちらからご覧いただけます。

Informatica Data Qualityに関する詳細はこちらからご覧いただけます。

インフォマティカは、長年にわたりガートナーのマジック・クアドラントにおいて、データ統合とデータ品質の分野でリーダーとしてポジショニングされています。ガートナーのレポートはこちらよりご覧ください。

(データ統合)

(データ品質)

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。
詳細は、http://www.hitachi-systems.comをご覧ください。

インフォマティカについて

インフォマティカは、あらゆるモノのデータを変革するイノベーションの実現に取り組む先進的な独立系ソフトウェアプロバイダーです。インフォマティカのソリューションによって世界中の企業が情報価値を高めることに成功し、ビジネスの最重要ニーズを満たしています。現在、5,800社を超える企業がインフォマティカを利用して、オンプレミスやクラウドのほか、ソーシャルネットワークを含むインターネット上の情報資産から最大限の価値を引き出すことに成功しています。インフォマティカに関する詳細は、インフォマティカ・ジャパン株式会社(代表:03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、インフォマティカ Webサイトhttp://www.informatica.com/jp/(新規ウィンドウを表示)をご覧下さい。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口
TEL:0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/d-inquiry/contact.cgi

インフォマティカ・ジャパン株式会社
お問い合わせWebフォーム:http://now.informatica.com/jp-contact-us.html

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、住川
〒141-8672 東京都品川区大崎1-2-1
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
全ての企業名および製品名は、各社が所有する商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。