ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2015年6月19日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、サイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)が提供しているビジネスアプリケーション開発を支援するクラウドサービス「kintone(キントーン)」を活用したリーズナブルなクラウド型の顧客・案件管理システム、予実管理システム、品質管理システムを本日から販売開始します。
本システムは、項目の追加や変更などをスピーディーに行えるほか、日立システムズの基幹業務システム「FutureStage 製造業向け生産・販売管理システム」とシームレスに連携可能で、これらを併用することでデータの二重入力の廃止、包括的な事業計画や営業戦略の立案、生産プロセスの課題抽出や最適化を実現できます。

製造業では、多くの企業が中核となる生産管理・販売管理などはシステム化しているものの、項目の追加や変更が頻繁に発生する顧客管理や予実管理、品質管理などはシステム化するにはコストがかかるため、表計算ソフトなどで管理しています。そのため、基幹システムのデータとの不整合、二重入力の発生、データの集計や分析、検索に時間がかかるなどの課題がありました。近年では割安なクラウドサービスも提供されていますが、多くは単一業務のサービスとして提供されているため、関連するシステムとの連携が容易ではありませんでした。
サイボウズが提供するクラウドサービス「kintone」は、アプリケーションの設計や各種運用設定をすべてノンプログラミングで、マウス操作だけで行うことができるため、データベース型のクラウドサービスの開発基盤として、多くのITサービス企業やユーザー企業が利用しています。また、利用料金も割安に設定されているほか、外部システムとの連携によりさらなる業務効率化を実現できるツールとして注目されています。

日立システムズはこうした製造業が抱える課題や「kintone」の特長を踏まえ、これまで多くの製造業において表計算ソフトで行われていた業務をシステム化し、業務効率の向上や事業戦略の立案、生産プロセスの最適化などを支援するため、サイボウズの「kintone」を活用したクラウドサービスを販売開始します。
今回販売開始するクラウドサービスは、顧客・案件管理システム、予実管理システム、品質管理システムの3システムであり、いずれも日立システムズの「FutureStage 製造業向け生産・販売管理システム」と連携して利用・管理できます。入力インタフェースを「kintone」にすることにより、管理項目の追加・変更を柔軟に行うことができ、ビジネスの変化に即応可能です。
お客さまは、本システムの利用によりデータの正確性向上、入力作業の軽減、データの集計や検索の迅速化など、業務効率向上が図れます。また、「kintone」を活用したクラウドサービスであるため、類似の一般的なシステムと比べてより短期間・低コストで導入することが可能です。さらに、「FutureStage」のクラウド型ソリューションと併せて利用することで、包括的な事業計画や営業戦略の立案、生産プロセスの課題抽出や最適化が可能となるほか、関連するシステムをすべてクラウドサービスに集約することにより、さらなるコスト低減や業務負荷軽減、業務効率向上が図れます。
今後日立システムズでは、今回販売開始する「kintone」を活用したクラウドサービスを中堅・中小規模の製造業向けに拡販し、2018年度末までに累計約6億円の販売をめざします。また、今回のサービスを手始めに「kintone」を活用したクラウドサービスの適用業務、連携ソリューションを順次拡大していくとともに、他のクラウドサービスとも連携を図ることにより「FutureStage」の価値を高めて参ります。

なお、今回の販売開始にあたり、サイボウズから以下のコメントをいただいています。

サイボウズは、日立システムズがこのたび「kintone」を活用したクラウドサービスを販売開始することを心から歓迎いたします。
日立システムズは、「CYBOZU AWARD 2015」において、サイボウズ・アワード部門別賞(アライアンス部門)を獲得するなど、サイボウズの各製品を長年にわたり販売しているベストパートナーの1社です。
「kintone」の高い開発効率、価格優位性、拡張性、柔軟性などを活用したクラウドサービスと、製造業向けの多くの実績を持つ日立システムズの「FutureStage 製造業向け生産・販売管理システム」との連携より、多くの製造業のお客さまが抱えておられる経営課題に最適な解決策が提供できると確信しています。

サイボウズ株式会社
執行役員 ビジネスマーケティング本部長 林田保

サービスイメージ図

サービスイメージ図

システム概要

システム名 内容・特長 年額料金(税抜)
FutureStage製造向け
顧客・案件管理システム
on kintone
FutureStageの顧客マスタとの連携により、営業の受注活動の状況を見える化でき、包括的な販売管理、販売戦略の立案が可能です。 kintone基本料金:17,640円/ユーザー
ライセンス費用:9,600円~/ユーザー
FutureStage製造向け
予実管理システム
on kintone
予算として営業が入力する製品の受注状況をリアルタイムに把握し、生産部門と共有することが可能です。
FutureStageの販売実積・生産実績データと連携し、予実の傾向把握・精度向上を実現します。
kintone基本料金:17,640円/ユーザー
ライセンス費用:9,600円~/ユーザー
FutureStage製造向け
品質管理システム
on kintone
品質検査手続きをワークフロー化し、検査結果承認などを電子化出来ます。検査結果はデータベース化され、kintoneの検索機能で簡単に必要データを取り出すことが可能です。 kintone基本料金:17,640円/ユーザー
ライセンス費用:9,600円~/ユーザー
*
FutureStageクラウド型ソリューションをご利用の場合は、別途利用料がかかります。

kintoneを活用したクラウドサービスのWebサイト

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」のWebサイト

日立システムズが提供する日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」のWebサイト

設計・製造ソリューション展での紹介について

2015年6月24日から26日まで東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催される「第26回設計・製造ソリューション展」において、今回販売開始するクラウド型システムや「FutureStage 製造業向け生産・販売管理システム」を紹介します。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口
TEL:0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/d-inquiry/contact.cgi

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、住川
〒141-8672 東京都品川区大崎1-2-1
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
*
サイボウズ、kintoneは、サイボウズ株式会社の登録商標または商標です。
*
FutureStageは、株式会社日立製作所の登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。