ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

Chromebooks for Work を活用した仮想デスクトップソリューションを販売開始

端末・VDI環境の運用の手間をなくし、低コスト・セキュアな仮想デスクトップ環境の構築を実現

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2015年6月4日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、仮想デスクトップソリューションの強化のため、 Google の Chromebooks for Work と Chrome 管理コンソール(以下: CMC )を活用した仮想デスクトップソリューションを本日から販売開始します。

近年、セキュリティの向上やIT運用コストの削減、ワークスタイル改革などを目的として仮想デスクトップ環境を導入する企業が増えてきています。仮想デスクトップを利用する際の端末としては、一般的なPCに加え、シンクライアントなどの専用端末、タブレット端末などがありますが、セキュリティ対策などの運用管理にかかるコスト、端末の導入コスト、操作性などがそれぞれ課題となっており、より低コストで運用管理負荷のかからない端末が求められていました。

こうした課題を受け、日立システムズは、業務用端末として近年注目が高まっている Chromebook とそれらを効率的に管理するための CMC 、仮想デスクトップ環境構築、運用サービスをワンストップで提供する仮想デスクトップソリューションを販売開始します。
Chromebook は Google が開発した オペレーティングシステム(OS)である Chrome OS を搭載した新しいタイプのPCです。ネットワーク接続によるWebアプリケーションの利用やクラウドストレージへのデータ保存を前提としているため、高い処理性能や大容量のデータ記憶装置などを必要としないことから比較的安価に導入が可能です。また、OSのアップデートやマルウェア対策などのセキュリティ対策機能も標準機能としてサポートされているため、端末個別のセキュリティ対策は不要です。
CMC は、 Chromebook 端末に対する運用管理機能をクラウドで提供するもので、日立システムズは CMC を利用し、端末環境と仮想デスクトップ環境を含めた運用支援サービスをあわせて提供します。運用支援サービスでは、24時間365日体制のネットワークオペレーションセンター(NOC)から、仮想デスクトップ環境のインフラ(サーバーやアプリケーション)の稼働監視を行います。また、 Chromebook 端末に対するユーザーの追加・削除、ユーザーごとのアプリケーション利用設定に加え、端末の紛失時にはデータをリモートで削除するなど仮想デスクトップのインフラ・端末の一元的な運用管理を提供します。

本ソリューションの導入により、お客さまはセキュアで使いやすい Chromebook を活用した仮想デスクトップ環境を、リーズナブルなコストで導入することができます。さらに、 CMC で一元管理することにより、端末を含めた仮想デスクトップ環境に対する運用体制を持つことなく24時間365日体制の柔軟な運用管理を行うことができます。

日立システムズは、仮想デスクトップソリューションやセキュリティサービスの提供を通じて、多くの企業の生産性やセキュリティ向上を支援しています。これらの実績・ノウハウを生かし、 Chromebooks for Work と仮想デスクトップのシングルサインオン対応など、さらなるセキュリティの向上と利便性を高めたソリューションを順次提供していきます。日立システムズは、 Chromebooks for Work や CMC を活用した仮想デスクトップソリューションや関連サービスを拡販し、2018年度末までに累計約200億円の販売をめざします。

Chromebook について

Chromebook は Google が開発した Chrome OS を搭載した端末で、低価格、高セキュリティな点が特長です。2015年5月現在、日本市場の一般法人・教育機関向けに、4メーカー/5機種がOEM各社から販売されています(当社調べ)。
国内においては教育機関系ユーザーでの導入が多くみられますが、一般的な企業においてもPCや管理コストの面から導入を検討されるケースが増えてきています。

仮想デスクトップおよび Chromebook 、 CMC 導入イメージ

従来のPC端末のように端末自体で個別アプリケーションを動作させる必要が無いユーザーや、タブレット端末でキーボードによる文字入力やマウス操作で苦慮されているユーザー向けに、 Chromebook を適用することで、従来端末と同等の快適な操作性を提供します。また、管理者へ端末に関わる負荷を削減します。

仮想デスクトップおよびChromebook、CMC導入イメージ

サービス概要

サービス概要
フェーズ ソリューション名 価格(税抜) 概要
構築支援サービス Chromebook / CMC 提供
  • Chromebook :\35,000~/台
  • CMC :\21,000/台
  • Chromebook および CMC の提供
  • ※Chromebook と CMC は別々に購入できません。
仮想デスクトップサーバー
環境構築サービス
個別見積
  • 仮想デスクトップの設計・構築
CMC 環境構築サービス 個別見積
  • CMC の設計・構築
端末キッティング 個別見積
  • Chromebook のセットアップ
運用支援サービス
(リモート保守)
仮想デスクトップシステム
運用サポートサービス
個別見積
  • 問い合わせおよび問題切り分け
  • システムメンテナンス
CMC
運用サポートサービス
個別見積
  • 問い合わせおよび問題切り分け
  • ポリシー変更
  • アカウント管理

仮想デスクトップソリューションについて

用途や予算、ビジネスシーンなどお客さまのご要望にあわせた仮想デスクトップ環境を提供します。煩雑な運用監視、問い合わせなどを幅広くサポート。お客さまが負担なく仮想デスクトップ環境を利用いただくためのラインアップをそろえています。
詳細は、http://www.hitachi-systems.com/solution/t01/vdi/index.htmlをご覧ください。

Google 主催イベント「 Google Atmosphere 」での紹介について

2015年6月17日(水)、18日(木)に Google が六本木ヒルズで開催する「 Google Atmosphere 」に日立システムズの Chromebook 、 Chrome OS 管理ツールを活用した仮想デスクトップソリューションを出展します。
詳細は、http://goo.gl/7ScOqq(新規ウィンドウを表示)をご覧ください。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口
TEL:0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/d-inquiry/contact.cgi

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、住川
〒141-8672 東京都品川区大崎1-2-1
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
Google 、 Chromebook と Chrome OS は、 Google およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。