ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

統合型サーバー製品「Oracle Exadata」の運用を支援するサービスを販売開始

日立製品保守やマルチベンダー保守サービスのノウハウを生かしたワンストップ運用支援サービス

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2015年2月13日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、オラクル・コーポレーションが提供する統合型サーバー製品である「Oracle Exadata Database Machine(以下Oracle Exadata)」の運用を支援する「Oracle Exadata向け運用支援サービス」を、本日から販売開始します。

統合型サーバー製品であるOracle Exadataはミッションクリティカルな分野で利用されるケースが多く、障害発生時の問題切り分けや障害復旧、並びに予防保守運用に高度な専門技術と体制が必要です。しかし、こうした運用体制をすべて自前で整備するのは大変であるため、体制・ノウハウを持ったベンダーによる運用支援サービスを利用したいというニーズが高まっていました。
一方、日立システムズは、日立製ハードウェアに加え、マルチベンダープラットフォームの保守サービスを提供しており、オラクルの製品についても、オラクル認定の最上位パートナーの称号「Diamond」を獲得するなど、長年にわたりオラクル製品を活用した大規模システムの導入実績・ノウハウを蓄積しています。Oracle Exadataに関しても、製品発売当初から数多くの案件に携わり、豊富な知識を有するエンジニアを多数抱えています。
日立システムズは、こうした運用支援ニーズの高まりを踏まえ、お客さまがOracle Exadataをより安心して利用できるようにするため、このたび、「Oracle Exadata向け運用支援サービス」を販売開始します。

本サービスでは、Oracle Exadataのシステムに関する技術的な問い合わせを、日立システムズが24時間365日体制の統合窓口で一括して受け付け、Oracle Exadataに精通した技術者が問題解決の支援を行います。Oracle Exadata に関するハードウェア・ソフトウェア・OSいずれの問題に対しても、独自のナレッジベースとオラクル提供の技術情報を活用して迅速に問題を解決し、システムの稼働率や業務効率向上に貢献します。お客さまは本サービスを利用することで、Oracle Exadataの専任技術者を社内に確保することなく、障害復旧の迅速化が図れ、安心して高性能なデータベースシステムであるOracle Exadataを活用することができます。

日立システムズは、本サービスの販売開始を契機に、日本オラクル株式会社との連携を一層深め、Oracle Exadataを購入済み、あるいは導入を検討中のお客さま向けに本サービスを拡販し、今後5年間で累計50台の販売をめざします。

なお、今回の販売開始に当たり、日本オラクル株式会社から以下のコメントをいただいています。

日本オラクルは、日立システムズがこのたび提供開始する「Oracle Exadata向け運用支援サービス」によるサポートサービスの拡充を歓迎いたします。
日立システムズは弊社との長年にわたるアライアンスにおいて、オラクル製品の品質およびサポートサービス向上に多大なる貢献をいただいています。とりわけ、24時間365日の稼働を求められる基幹業務システムなどのミッションクリティカルなシステムの分野において、Oracleシステムの導入コンサルティングや、安定稼働を支援するサービスの提供を通じて、多くのお客さまをサポートしてきました。
今回、日立システムズが提供するサポートサービスのラインアップにOracle Exadataが加わることで、高い信頼性が求められる日本のお客さまに対し、先進のデータベース基盤をより安心してご提供できるものと確信しております。より多くのOracle Exadataユーザーの皆さまに日立システムズとオラクルのコラボレーションによる高付加価値なサービスを活用いただければ幸いです。

日本オラクル株式会社
執行役員 アライアンス事業統括 副統括 谷口 英治

サービス概要図

Oracle Exadata 向け運用支援サービス提供体制の概要図

*
Oracle Exadataの保守はオラクルとの直接契約となります。「Oracle Exadata向け運用支援サービス」はオラクルが提供するサポートサービスを補完し、最大限活用するためのサービスです。

価格(税抜)

Oracle Exadata X5-2 Eighth Rack構成1台 : 240万円/年 ~

関連Webサイト:Oracle Exadata向け運用支援サービスのWebサイト

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口
TEL:0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/d-inquiry/contact.cgi

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、住川
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。