ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」を販売開始

Trend Micro Deep Securityによるぜい弱性対策と、VMware vSphereによる仮想化が行える機器一体型製品

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2014年7月14日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、2015年7月15日(日本時間)にサポート終了を迎える予定のマイクロソフト社のOperating Sytem(OS)であるWindows Server 2003を利用しているシステムを、同OSのサポート終了までに移行できない企業に向けて、サポート終了後のOSのぜい弱性対策やハードウェア保守期限切れ対策、仮想化による複数サーバーの集約・統合によるコスト低減を実現する「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」を本日から販売開始します(出荷開始は8月1日)。

マイクロソフト社は、同社のサーバー向けOS製品の一つであるWindows Server 2003のサポートを、来年7月に終了すると公表しています。しかし、以下のような事由により、現在も多くの企業が使い続けていると言われており、セキュリティの観点やハードウェア保守期限切れなどのため、同OSを利用したシステムの移行や暫定対策が、大きな課題となっています。

  • サポートが終了することは知っているが、具体的な対策の検討ができていない。
  • 移行計画はあるが、サポート終了までに移行作業が間に合わない。
  • サーバーを入れ替えたいが、システムの移行には時間も費用もかかるため手がつけられていない。
  • 今後もしばらくは継続して現行システムを使いたい。

こうした背景を踏まえ、日立システムズは、Windows Server 2003サポート終了後から新OSへ移行するまでの暫定的な対策として、OSのぜい弱性対策やハードウェア保守期限切れ対策などを短期間かつ割安なコストで実現する「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」を販売開始します。
本製品は、高信頼な株式会社日立製作所のサーバーに、予め暫定対策のためのソフトウェアが導入済みの状態で出荷されるアプライアンスサーバー型(機器一体型)製品です。複数のサーバーに対して暫定的な対策を行わなければならない状況を想定し、複数の物理サーバーを仮想化して集約できるように、予めサーバーにヴイエムウェア社の仮想化基盤VMware vSphereを導入した状態で提供します。さらに、サポート終了後のセキュリティぜい弱性対策のため、OSのぜい弱性を狙う攻撃から保護する「仮想パッチ機能*」を有するセキュリティ製品であるトレンドマイクロ社の「Trend Micro Deep Security」も導入済みの状態で提供します。

*
仮想パッチ機能 :ぜい弱性を狙う攻撃コードをネットワークレベルでブロックする機能。 あたかも(仮想的に)セキュリティパッチが当たっているのと同じ状態を作り出すことから「仮想パッチ」と呼ばれています。

本製品は、環境構築や動作検証なども予め行われているため、お客さまは適切な環境を選ぶ手間や検証作業などを短縮することができます。また、セット製品であり個別に導入するよりも割安な価格(最大で約4割安、当社比)で提供するため、リーズナブルなコストで導入可能です。さらに、ニーズに応じて物理サーバーから仮想化環境への移行サービスや、ラック、UPSなどの関連設備などもあわせて提供可能です。
お客さまは、本製品を利用することにより、新OSへの移行までの間の暫定的な対策がなされた環境を短期間かつ割安なコストで利用することが可能になります。また、新OSへシステム移行後も一般的な仮想化基盤として活用できるため、投資の無駄を防ぐことが可能です。

日立システムズでは、社内横断組織と各事業部の拡販推進リーダーが中心となり、全国の営業やカスタマーエンジニアと連携して本サービスを拡販し、今後2年間(2016年6月末まで)で累計9億円の売上をめざします。

また、日立システムズは、Windows Server 2003のサポート終了に関連する課題をお持ちのお客さまに対し、暫定対策はもとより、この機会に新たなシステム基盤への移行を計画する際の策定支援から、クラウドサービスへの移行、仮想化によるサーバー統合、機器導入後の保守・アフターサービスまでワンストップでサポートしています。さらに、今後も課題解決を支援するソリューションを順次提供していきます。

参考:「Windows Server 2003サポート終了対策」に関するWebサイト

「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」のサービスイメージ

「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」のサービスイメージ

*
Windows Server 2003 SP2 / R2 SP2 以降のみが対象となります。SP2/R2 SP2以外のWindows Server 2003は対象外です。
要件を満たしていない場合は、事前にSP2を適用していただく必要があります。

モデル別スペック一覧

モデル別スペック一覧
  最小セット 基本セット 冗長化セット
選定の目安 仮想マシン3台まで 仮想マシン4台以上 冗長化が必要な場合
サーバー 日立アドバンストサーバ
HA8000/RS210
日立アドバンストサーバ
HA8000/RS210
日立アドバンストサーバ
HA8000/RS210 2台
ディスク装置 ストレージ BR1200
OSライセンス Windows Server 2012
Standard(Additional付)
Windows Server 2012
Data Center バンドル
Windows Server 2012
Data Center バンドル
仮想化ソフトウェア VMware vSphere 5 Standard、VMware vCenter Server 5 Foundation VMware vSphere 5 Standard、VMware vCenter Server 5 Foundation VMware vSphere 5 Standard ×2、VMware vCenter Server 5 Foundation
セキュリティ製品 Trend Micro Deep Security*1 Trend Micro Deep Security*1 Trend Micro Deep Security*1
ハードウェア保守 24時間365日/3年間 24時間365日/3年間 平日8:00~19:00/3年間
価格(税抜) 198万円*2 298万円*2 698万円*2
*1
Trend Micro Deep Securityの仮想パッチ機能は、2017年12月末まで提供される予定です。また、仮想パッチ機能だけに限定された特別製品です。
*2
初期設定費用、現地設置作業費、配送費(一部地域を除く)を含んだ価格です。ただし、移行費用はオプションです。

なお、今回の発表に関し、トレンドマイクロ株式会社とヴイエムウェア株式会社から以下のコメントをいただいています。

この度の日立システムズによる「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」の販売開始を心から歓迎します。当社の総合サーバーセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」の仮想パッチ機能は、OSやアプリケーションのぜい弱性を防ぐセキュリティ製品として日立システムズから高い評価をいただいています。本サービスを通じて、多くのお客さまのセキュリティ課題の解決につながることを期待しています。

トレンドマイクロ株式会社
取締役副社長 大三川彰彦

ヴイエムウェアは、日立システムズの「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」を実現する技術としてVMware vSphereが採用されたことを歓迎します。VMwareの仮想化技術は新しいハードウェアとサーバーOSの差異を吸収することができるため、これまでも既存システムの延命に多数採用されてきました。仮想化環境はこの他にもシステム運用のコスト管理工数の削減など、さまざまな導入メリットを中堅・中小企業のお客さまにも提供できます。この度のソリューションが多くのお客さまのシステム管理負荷の軽減に貢献できることを確信しています。

ヴイエムウェア株式会社
マーケティング本部長 篠原克志

「Trend Micro Deep Security」について

トレンドマイクロ株式会社の「Trend Micro Deep Security」は、サーバーが抱えているセキュリティ課題を仮想・クラウド・物理環境にまたがってトータルに解決する総合サーバーセキュリティ対策製品です。OSやアプリケーションのぜい弱性を狙う攻撃コードをブロックする「仮想パッチ」機能を搭載しています。

「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」に関するWebサイト

お客さまからのお問い合わせ先

商品お問い合わせ窓口
TEL:0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/d-inquiry/contact.cgi

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、住川
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
*
Finnovaは、株式会社日立システムズの登録商標です。
*
Trend Micro Deep Securityは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
*
Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標、または登録商標です。
*
VMware 、VMware vSphere、vCenter Serverは、VMware, Inc.の米国およびその他の国における商標、または登録商標です。
*
日立アドバンストサーバは、株式会社日立製作所の製品です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。