ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2014年6月10日
株式会社セキュアブレイン
株式会社日立システムズ

株式会社セキュアブレイン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:成田 明彦、以下「セキュアブレイン」)は、インターネットバンキングを利用するユーザーのPCにソフトウェアをインストールせずに不正送金対策が行える金融機関向け不正送金対策ソリューション「PhishWallクライアントレス(フィッシュウォール クライアントレス)」を開発しました。さらに、金融機関向けのセキュリティシステム導入で多くの実績を持つ株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、以下「日立システムズ」)と「PhishWallクライアントレス」の販売で協業し、本日から日立システムズを通じて販売開始します。

現在多発している不正送金事件の多くは、インターネットバンキングを利用するユーザーのPCが、まず何らかの要因によりウイルスに感染し、その後ウイルスがPCを乗っ取り、悪意のある第三者に振込時に必要な情報を盗まれることで行われます。この手法はMITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃と呼ばれており、MITB攻撃はユーザーのPC内で攻撃が完結しているため、インターネットバンキングサイト側の対策だけでは十分ではなく、各金融機関はユーザーに対してアンチウイルスの導入等を促すなど、ユーザーによる対策を求める必要がありました。
セキュアブレインが開発した「PhishWallクライアントレス」は、PCにソフトのインストールが不要で、ユーザーの対策に依存することなくMITB攻撃対策を行うことが可能な新しいタイプの純国産技術による不正送金対策ソリューションです。「PhishWallクライアントレス」は、導入企業のWebサイトにユーザーのPCがアクセスしたタイミングで、表示される情報がMITB攻撃型ウイルスによって改ざんされていないかを自動的にチェックし、改ざんの徴候を発見した場合は警告メッセージを表示すると共に、ユーザーの画面への入力を遮断します(特許出願2014-090901)。本サービスを導入することにより、PCに対策ソフトをインストールしていないユーザーに対しても、MITB攻撃の対策を行うことが可能になります。また、セキュアブレインのクライアント保護タイプの「PhishWallプレミアム」と、Webサーバ保護タイプの「PhishWallクライアントレス」を併用することで、より強固なMITB攻撃対策が可能となります。

セキュアブレインは、日本国内で設立され、活動しているセキュリティ対策企業であり、現在までの国内で発生した脅威に対して迅速な対応を行ってきた実績があります。一方、日立システムズも金融機関をはじめとした多くの顧客向けに、セキュリティソリューションや多様なITサービスの提供実績があります。また、セキュアブレインと日立システムズは2014年4月に香港で開催された国際会議CeCOS(Counter-eCrime Operations Summit/主催:Anti Phishing Working Group)でインターネットバンキング詐欺の対策について発表するなど、不正送金問題に対し積極的な活動を続けています。こうした連携により蓄積したノウハウを生かし、セキュアブレインと日立システムズは協業し、日立システムズを通じ、インターネットバンキングを展開する金融機関向けやパートナー向けに「PhishWallクライアントレス」をはじめとするPhishWallシリーズを拡販し、2017年度末までに累計10億円の販売をめざします。
なお、本製品は、2014年6月11日に東京コンベンションホール(東京都中央区)にて開催される「日立セキュリティソリューションセミナー」にて展示する予定です。

製品の詳細は、http://www.securebrain.co.jp/products/phishwall/index.html(新規ウィンドウを表示) をご覧ください。

セキュアブレインについて

株式会社セキュアブレインは、インターネット上の脅威が多様化する中、Webサービスを提供する事業者や企業にITセキュリティを届ける、サイバーセキュリティ専門会社です。「より快適で安心できるネットワーク社会を実現するために、一歩進んだ技術で貢献する」というビジョンのもと、信頼性の高いセキュリティ情報と高品質なセキュリティ製品・サービスを提供する、日本発のセキュリティの専門企業です。
詳細は、http://www.securebrain.co.jp(新規ウィンドウを表示) をご覧ください。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。
詳細は、http://www.hitachi-systems.com をご覧ください。

日立システムズの本商品に関するページ:

日立セキュリティソリューションセミナーについて

近年、国境を越えたサイバー攻撃が急増し、その被害は企業だけでなく、社会インフラにも甚大な影響を及ぼす危険をはらんでいます。また、クラウドを活用した仮想化環境やスマートデバイスの急速な普及、ビッグデータ利活用の進展などにより、従来のセキュリティ対策では対処できない状況になってきています。
本セミナーでは、こうしたセキュリティをとりまく最新の動向とともに、様々な脅威に対応する日立の最新のセキュリティソリューションを講演・展示にてご紹介します。
詳細は、http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/Secureplaza/security_seminar/index.html(新規ウィンドウを表示) をご覧ください。

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口
TEL:0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/d-inquiry/contact.cgi

報道機関のお問い合わせ先

株式会社セキュアブレイン
広報担当:丸山 芳生(まるやま よしお)
E-mail:info@securebrain.co.jp TEL:03-3234-3001 FAX:03-3234-3002
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-6-7麹町RKビル4F

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、住川
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。