ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

日立アジア社が「SAP® Business One」を水処理機器調達の専門商社であるニイミに導入

日立システムズと連携し、受注から約2カ月間でニイミのシンガポール子会社に導入

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2013年6月12日
日立アジア社
株式会社日立システムズ

日立アジア社(社長:豊島 幸雄、本社:シンガポール)は、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と連携し、水処理機器調達の専門商社である株式会社ニイミ(代表取締役社長:新実 宣英、本社:東京都中央区/以下、ニイミ)のシンガポール子会社(Niimi Singapore Pte. Ltd.)にSAP 社の中小規模企業向けERP 製品である「SAP® Business One」を導入し、2013年5月末に稼働したことをお知らせします。

ニイミは、上水・浄水・産業用水、産業排水、海水淡水化、下水・し尿などの領域において、水処理機器の選定、調達およびパッケージ提供を行っている専門商社です。同社は、発展著しい東南アジア諸国でも、日本で長年培った水処理機器の選定ノウハウを駆使して事業を展開するため、2013年4月1日にシンガポールに子会社を設立しましたが、シンガポールでの事業開始にあたり、グローバルに対応したERPシステムの早期導入を検討していました。

日立アジア社は、株式会社日立製作所のアジア地域統括法人であり、シンガポールにおいてIT事業も手がけており、日系企業や現地企業に対してこれまで累計約100社に「SAP Business One」を導入した実績を有しています。
日立システムズは、シンガポールの日立アジア社をはじめ、東南アジア地域の日立グループ各事業拠点と連携し、グローバルITサービス「GNEXT」を販売しています。2012年7月には、日立アジア社内に事業部門(IT Management Group)を開設し、日立アジア社との連携を強化しています。
日立アジア社と日立システムズは、短期間での導入、低コスト、グローバル対応のERPというニイミのニーズを踏まえ、「SAP Business One」を提案し、2013年4月に採用が決定されました。採用が決定された主な理由は次の3点です。

  • 短期間(約2カ月)での導入が可能な点
  • 現地の税制や商習慣、商社のビジネスにも対応したERPパッケージであった点
  • 日立アジア社と日立システムズの連携により、シンガポールと日本の両方でサポートが受けられる点

日立アジア社は、今後もニイミの東南アジアでの事業展開をサポートしていくとともに、今回の事例を生かして、日系企業や現地企業向けに「SAP Business One」を拡販します。日立システムズは、今後も日立アジア社と連携して東南アジア地域の事業を強化してまいります。

グローバルITサービス「GNEXT」について

日立システムズの「GNEXT」は、海外へ進出を検討されている、または、すでに進出し、事業拡大をめざしているお客さまのためのグローバルITサービスです。クラウドサービス、ネットワークサービス、パッケージソリューション、運用サービスなどにおいて日本品質のITサービスをご提供するだけではなく、コンソーシアム加盟企業(コンサルティング会社や法律事務所、会計事務所など)との連携による専門サービスをご提供し、お客さまの海外進出、拡大をワンストップでサポートします。
詳細は、http://www.hitachi-systems.com/global/index.html をご覧ください。

SAP Business Oneについて

「SAP Business One」は、中小企業向けに特化した、財務会計、販売・仕入・購買・在庫管理、顧客管理、営業支援保守サービスなどのビジネスに必要な基幹業務を統合して管理することができるグローバルスタンダードなERPパッケージです。本製品は、27か国の言語や世界41か国の税制、商習慣にも対応しているため、中小企業のお客さまの海外でのビジネス展開を支援します。
詳細は、http://www.hitachi-systems.com/solution/s104/sbo/ をご覧ください。

ニイミについて

株式会社ニイミは広範な技術や機器の情報を蓄積し、EPCコントラクター様・O&M運営企業様の事業ご拡充と安定化に尽力している、水処理機器調達のパッケージベンダーです。東京本店を中心に大阪、名古屋、福岡と拠点拡大、2013年4月にはシンガポールにアジアの営業拠点を開設しました。
詳細は、http://www.niimi.co.jp/(新規ウィンドウを表示) をご覧ください。

日立アジア社について

日立アジア社は1989 年、シンガポールに設立されました。現在、シンガポールの本社と、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ミャンマーの合計7拠点で活動しており、日立グループが各地域で展開する事業を統括しています。
詳細は、http://www.hitachi.com.sg(新規ウィンドウを表示) をご覧ください。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を 活用したアウトソーシングサービス、全国約300 か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするIT サービス企業です。日本のIT 黎明期から先駆的に取り組んできたIT サービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。
詳細は、http://www.hitachi-systems.com をご覧ください。

お客さまからのお問い合わせ先

商品お問い合わせ窓口: TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム : https://www.hitachi-systems.com/d-inquiry/contact.cgi

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 松林、杉山
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL : 03-5435-5002(直通)
E-mail : press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
SAP、SAP ロゴ、記載されているすべてのSAP 製品およびサービス名はドイツにあるSAP AGやその他世界各国における登録商標または商標です。
*
GNEXTは、日立システムズの登録商標です。
*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。