ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2013年1月7日
株式会社日立システムズ
代表取締役 取締役社長 髙橋 直也

本年からは、これまで固めてきた基盤をもとに、力強く跳躍する時です。中期経営計画の2年目として、クラウド、グローバル、ビジネスサービスの3事業をより具体化させ、売上5,000億達成に向けて、成長のスピードを一段と加速させます。そして、経営ビジョンに掲げた「お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニー」へと、大きく前進したいと思っています。

当社を取り巻く事業環境は大きく変化していますが、こうした変化はビジネスチャンスでもあります。当社が長年にわたり培ってきた技術力、営業力、業務知識、そして、常にお客さまの声を身近で聞いてきた経験と実績を生かすことにより、旧来のワンストップサービスの枠を超え、お客さまに驚きと感動をもたらすサービスを提供できると確信しています。それこそが、当社だからこそ生み出せる新たな価値であり、「Human⚹IT」の本質です。
当社の底力と進む方向を信じ、徹底してやり抜く固い決意とチャレンジ精神があれば、当社は一段高い次元に進み、確かな成長軌道に乗ることができます。ぜひ、クラウド技術でSIの枠を超え、グローバルサービスで地域や国境を超え、ビジネスサービスでITビジネスの領域を超えていきましょう。そして、お客さまが当社に寄せる期待に応えていきましょう。

皆さん一人ひとりが明確なビジョンを持ち自らの「枠を超える」ことにチャレンジし、それらが掛け合わさり、融合して反応を起こし、新たな価値が次々と生まれることを大いに期待しています。それが中計達成の力強い推進力となり、当社のブランド価値向上につながり、持続可能な社会の発展にも貢献できると確信しています。
誇りを持って働ける日立システムズを、全員で作っていきましょう。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部コーポレート・コミュニケーション部 松林、杉山
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。