ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2012年4月2日
株式会社日立システムズ

IT技術は様々に変化を遂げ、発達しながら、私たちの生活に欠かせない重要なインフラとなっている。また、ネットワークの急速な進展により、ITの活用範囲は大きく広がっている。一方で、世の中の流れが、「所有から利用」の方向へシフトし、競合各社もクラウドへ舵を切り、凌ぎを削っている。
このように、技術革新は日々進化し、ITシステムを取り巻く環境は刻々と変わってきている。当社も、世の中の変化にスピーディに対応するため、社員が一丸となって邁進する必要がある。

本日は、私から皆さんに3つの言葉を贈りたい。
1つ目は、「誰にも負けないスキルを早く身に付けて、プロフェッショナルな人財になって活躍してほしい」ことである。何か1つのことでよいので、先輩にも誰にも負けないというような仕事の領域を早く作ってほしい。そのために、日頃から好奇心や問題意識を持ち、勉強と経験を貪欲に積んでほしいと思う。
2つ目は、「新しいことにチャレンジし、スピード感を持って取組んでほしい」ことである。ITの技術革新は刻々と変化し、その変化のスピードも、ますます加速している。皆さんは、自由で柔軟な発想で新しいものを創り出すことができる。前例に捉われることなく、新しい分野に勇気を持って挑戦し、スピーディにチャレンジしてほしい。
3つ目は、「グローバルな視野を持ってビジネスや業務を遂行してほしい」ことである。ビジネスはグローバル展開が当たり前の時代である。外国語の習得はもちろん大事だが、自分の仕事が世界で通用するようレベルアップに努め、世界的な視野を持って業務を遂行してほしい。教育や研修の機会を最大限に活用し、成長してほしい。そして、豊かな社会の実現に貢献するグローバルサービスカンパニーを、ともに創っていこう。

<ご参考>
2012年4月入社者数: 204名

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部コーポレート・コミュニケーション部 松林、杉山
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@hitachi-systems.com

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。