ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2011年12月16日
株式会社日立システムズ

2011年12月16日に読売新聞社が制定・発表した「第61回日本スポーツ賞」の優秀団体の一つとして、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区大崎/以下、日立システムズ)女子ライフル射撃部が選出されましたので、お知らせします。
本賞は、国際舞台などでの活躍が認められ、各競技団体から推薦を受けた「優秀選手」と「優秀団体」をそれぞれ表彰するものです。日立システムズの女子ライフル射撃部は、創部以来22年にわたり、所属選手の五輪日本代表選出をはじめ、日本の社会人トップ選手として常に国際大会でメダルを獲得できるレベルを保持し、競技の振興に大きく貢献してきました。あわせて、2011年11月4日から6日に開催された全日本選手権において、当社所属選手が全3種目で優勝するなどの実績が評価され、選出されたものです。

日立システムズのシンボルスポーツについて

日立システムズの女子ライフル射撃部は、1989年10月に日本初の実業団チームとして発足し、以来4大会連続してオリンピックに出場するという快挙を成し遂げています。
当社がライフル射撃競技をシンボルスポーツにしている理由は、当社事業との共通性にあります。ライフル射撃は、競技者に高い倫理性が求められるスポーツです。一方、当社従業員も、情報という、いわば企業、個人にとっての命ともいえるものを取り扱っており、高い倫理性が要求されます。このような点から、ライフル射撃競技と当社とは共通点があり、社内外に当社の方向性を明確に表現するとともに、スポーツ振興の一助となることをめざしています。

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、お客さまに密着した高品質な運用・保守サービスや、サポート力を生かしたプラットフォーム運用ソリューションに強みを持つ日立電子サービスと、幅広い業務システムの提案や設計・構築・運用に豊富な経験とノウハウを有し、データセンターサービス事業において豊富な実績を持つ日立情報システムズが合併し、2011年10月1日にスタートしました。日本のIT黎明期から業界をリードしてきた両社が培った技術、ノウハウを結集し、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守までITライフサイクルの全領域をカバーする真のワンストップサービスの提供により、お客さまのビジネスの発展を支えます。そして、グローバルサービスカンパニーをめざし、豊かな社会の実現に貢献してまいります。
詳細は、http://www.hitachi-systems.com をご覧ください。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部コーポレート・コミュニケーション部 松林、杉山
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@hitachi-systems.com

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。