ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

複雑で手間のかかるPCやソフトウェアライセンス管理をWebベース、ローコストで実現。

複雑で手間のかかるPCやソフトウェアライセンス管理の効率化をローコストで実現。しかも、Webベースなので全社規模で管理の徹底が容易に行えます。

IT資産管理・ライセンス管理システム「License Guard」の概要・特長

情報漏えいやPCウイルスなどへの対策として、IT資産管理の必要性が高まりつつある今日。さらには日本版SOX法の施行に伴う、内部統制の実施やIT統制の強化が求められるなかで、無許可ソフトウェアの使用禁止や違法コピーの法的リスクなどに対応するため、自社のソフトウェア導入状況の正確な把握が求められています。
「License Guard」は、複雑で手間のかかるPCやソフトウェア情報の把握を容易にし、全社的な管理徹底をローコストで実現するIT資産管理ツールです。

License Guardがまとめて解決!!

License Guardの機能詳細

ソフトウェアの違法コピーの検知や、遊休ライセンスの有効活用ができます

ライセンス過不足状況の可視化により、違法コピーの検知や遊休ライセンスの有効活用を可能にします。さらに、ライセンス充足率が閾値を下回った部署に対しては、管理者宛に警告メールを自動送信できます。また、部署間でのライセンス過不足の相殺や、上位バージョンによる下位バージョンの相殺を考慮した集計が可能なため、未使用ライセンスを無駄なく使った場合の不足数を算出できます。

お客さま独自に管理項目を設定できます

PC、周辺機器、所有ソフトウェアにそれぞれ40個までの管理項目を設定でき、一覧表の表示項目の変更も可能です。一覧表の表示項目はユーザーごとの設定、および管理者による全ユーザー共通設定ができ、CSV出力も行えます。

必須もしくは未認可ソフトウェアのインストール状況を把握できます

セキュリティ対策などのソフトウェアがインストールされているか、または業務上不要なソフトウェアがインストールされていないかなどをPCごとに把握して一覧で表示できます。業務に不必要なソフトウェアがインストールされていた場合、当該部署の管理者にメールを自動送信します。

Webベースのシステムにより、容易に導入展開できます

「License Guard」の本体機能へはWebブラウザーでアクセスできるため、クライアント専用ソフトウェアは不要です。また、導入展開時や運用時の工数を削減でき、使い慣れた環境での情報の一元化および共有化を実現します。

インベントリ自動収集機能(オプション)で、運用時の負担を削減します

オプションのインベントリ自動収集機能(LG-ICS)を導入することにより、PC利用者の操作なしにインベントリを自動収集します。送信タイミング分散、差分インベントリ送信によりサーバ、ネットワークへの負荷を軽減します。また取得と停止を繰り返しながらインベントリを収集することで、クライアントPCへの負荷を抑えます。

他社のインベントリ収集ツールとも連携できます

「Systems Management Server」、「JP1/NETM/DM」、「QAW/QND Plus」で収集したインベントリを「License Guard」にインポートすることで、下記ツールの機能に加えて、アップグレード、ダウングレード、セカンドライセンスなどの複雑なライセンス契約を考慮した、精度の高いライセンス過不足管理が可能となります。

  • この商品の専用サイト
  • フリートライアル

IT資産管理・ライセンス管理システム 「 License Guard (ライセンスガード) 」をご検討のお客さまはこちら

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

  • 商品について詳しく知りたい方は
  • 商品専用サイト
  • 無料トライアル
  • 商品をご検討のお客さまはこちら
  • お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

関連キーワード