ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

業務ノウハウを結集したSaaS型債権回収管理システム

「Finnova 債権回収管理システム」は、銀行系サービサー様の基幹システムを一部汎用化して製品化した業務ノウハウを結集したSaaS型「債権回収管理システム」です。2010年に改正された債権回収会社の審査・監督に関する事務ガイドラインにも対応しています。

  • ※SaaS:ユーザーが必要な機能や時間(期間)を選択してネットワーク経由で利用できるサービス

  • * 商品名変更に関するご案内(2013年11月)

商品名の見直しに伴い、「SaaS型債権回収業向け基幹業務サービス 債権回収なび2」は「Finnova 債権回収管理システム」に変更になりました。
(本文中に旧商品名が記載されている場合がございます。)

Finnova 債権回収管理システムの概要・特長

取扱債権の状態に適した機能があります

スペシャル・バックアップなどの業務形態や、譲受・受託などの契約形態、不良債権や正常債権など、取扱債権の状態に適した機能があります。また、正常債権管理機能や入金管理機能など、お客様の業務形態に合わせたシステムをご利用いただくことができます。

お客様の管理負荷を大幅に軽減することができます

システムやサーバ・ネットワーク機器のリスク対策・検討・維持運用・保守は当社データセンタにて行うため、お客様の管理負荷を大幅に軽減できます。クライアント端末に Internet Explorerがインストールされ、当社センタに接続できる環境が整えば、すぐご利用いただけます。

回収業務・経営判断に必要な各種情報を帳票でご覧いただけます

「債権回収なび2」には、各種帳票作成機能や、監督官庁(法務省)宛ての定例報告書作成機能があるので、煩雑な集計や転記の手間が省けます。さらに帳票のレイアウトを変更できる「汎用レポーティング機能」は、各社に合わせた督促状や管理資料の作成が可能です。

債権・債務者・不動産担保の一括登録機能で業務を簡略化できます

債権・債務者・不動産担保の情報を、指定のExcel形式シートに記載してアップロードすることで、入力作業を簡略化できます。また仮登録と本登録を分けて行うため、誤った情報を登録してしまうミスを防止することができます。

安心してご利用いただける最新のWeb型システムです

最新のプラットフォーム(2010年時点)を採用し、格段に性能が向上する64bit OSに対応しています。クライアント端末へのインストールや更新などの煩わしい管理作業も必要ありません。今後もソフトウェアライフサイクルを気にすることなく、安心してご利用いただけるサービスをご提供しています。

機能詳細

共通管理

共通管理
  • 取引先管理
  • ポートフォリオ管理
  • マスタメンテナンス
  • 法定帳簿
  • 事業報告
  • 財務情報管理
  • 自動仕訳
  • 一括データ登録
  • 各種レポート

債権管理

債権管理
  • 正常債権/不良債権管理
  • シミュレーションプラン
  • 期限の利益喪失/債務免除
  • 自社債権購入情報/簿価管理
  • 時効管理
  • 金利見直し
  • 債権証書管理

債務者管理

債務者管理
  • 交渉記録
  • 不動産/担保管理
  • 仮受金/預り金管理
  • 費用管理
  • 回収計画
  • 法的手続/競売管理
  • 保証人管理
  • 特約事項
  • 予納金管理

入金管理

入金管理
  • 口座管理
  • 振込データ自動引当
  • 口座振替
  • 資金移動/未収管理

受託管理

受託管理
  • 受託契約管理
  • 立替金管理
  • 手数料計算
  • 手数料請求/消込

委託元管理

委託元管理
  • 委託元債権購入情報/簿価管理
  • 委託元仕訳
 

システム管理

システム管理
  • ユーザ管理
  • 操作権限管理
  • 監査証跡
  • アクセス権限管理

仕様

OS環境 Microsoft Windows 7
ブラウザ Microsoft Internet Explorer 11

Finnova 債権回収管理システムをご検討のお客さまはこちら

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)