ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ

会計・財務のプロフェッショナル集団であるグローウィン・パートナーズ株式会社と、幅広いITサービスを手がける日立システムズは、経理・財務部門向けの業務変革サービスで協業し両社の強みを生かした製品・サービスを提供します。

経理・財務部門向けの業務変革サービスのイメージ図

業務変革サービスとは

今のままではいけない。

私たち――グローウィンパートナーズと日立システムズが当サービスを開始したのは、この危機感からでした。
働き方改革や生産性向上への取り組みが、業務部門とIT部門の垣根を越えて、お客さまの間に広がっています。お客さまと共に、私たち自身も業務変革をしていかねばなりません。
特に企業の経理・財務部門においては、M&Aや事業規模の拡大・見直しなど、経営環境がめまぐるしく変化する中で、求められる役割も多様化してきています。
ステークホルダーへの情報開示や監査対応等、説明責任を果たす役割を担う経理・財務部門の業務効率向上を効果的に実現するには、適切な組織や業務フローの設計、それに応じた情報システム・経営情報基盤の構築が不可欠です。
『業務変革サービス』は、グローウィン・パートナーズと日立システムズ両社の強みを生かし、経理・財務業務とICTサービスの最適な組み合わせを提案します。

  • お問い合わせはこちら
    商品に関するお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

統合会計・人事/給与パッケージ SuperStream

連結会計システム DivaSystem

総合経費管理システム Traveler'sWAN

交通費支払い代行サービス

WebワークフローRPA

業務変革サービスの具体的な活用例

活用例1:RPAを活用した会計システム刷新

会計システム刷新にあたり、従来Excelで行っていた業務をRPAを活用して業務プロセスに折り込み、新システムを構築した事例です。
監査対応や周辺業務(業績管理資料作成等)などの視点を交えて、システム化範囲の検討を実施。すべてをシステムの中で作りこむのではなく、一部の業務運用は手作業を残す(定型化が可能な作業はRPAを適用)など、業務とIT双方の観点から、お客さまに最適な業務プロセス・ITシステムを設計・構築します。

RPA活用による業務の効率例

活用例2:ペーパーレス化の推進

経費精算システムの更改と、電子帳簿保存法への対応を並行して実現した事例です。
電子帳簿保存運用ガイドラインをふまえつつ、経費精算業務の見直し・改善を実施することで、コスト削減とガバナンス強化を同時に実現することができます。
働き方改革をきっかけにしたお客さまの企業価値向上を、業務とITの両面から支援します。

業務変革サービス活用によるグラフ

業務変革サービスに関する資料・お問い合わせはこちら

  • 商品に関するお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。