ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

SHIELD セキュリティゲートサービス

管理者に負担をかけずにクラウドサービスをセキュアに利用

ノートPCやタブレット端末、スマートフォンなどのモバイル端末からクラウドサービスや社内システムに、社外からセキュアに接続・利用できる仕組みをクラウド型で提供します。

対象の企業/団体さま
モバイル端末からクラウドサービスを利用する企業さま
導入効果
導入前の課題 導入後の効果
  • モバイル端末のセキュリティを一元管理できない。
  • モバイル端末から悪性サイトへのアクセスを防ぎたい。
  • SHIELD セキュリティゲートサービスへのアクセスの際、端末のウイルス感染状況を確認。ウイルスパターンが更新できない端末にも対応します。
  • SHIELDセキュリティゲートサービス独自のブラックリストにより、不正なサイトへの接続をブロックします。

概要・特長

近年、企業においては、プライベートクラウドや、パブリッククラウドなどのクラウドサービスの利用が盛んになっており、業務システムのハイブリッドクラウド化が進展しています。また、ネットワークの多様化により、さまざまなモバイル端末からクラウドサービスを利用することで、時間と場所にとらわれないワークスタイルが可能になっています。

その反面、モバイル端末などによるインターネットの利用や業務システムを社外から利用する場合、オフィス内の守られたネットワーク環境とは異なり、悪意のあるサイトへのアクセスやマルウェアへの感染を制限できないという課題があります。また、セキュリティ脅威は日々進化を続けており、システム管理者は常に端末のセキュリティ状態を確認する必要に迫られるなど、運用上の課題となっていました。

「SHIELD セキュリティゲートサービス」は、当社Security Operation Center(以下、SOC)のセキュリティ専門家の技術・ノウハウとソフトウエア開発技術を活用し、モバイル端末から業務システムへセキュアな接続を実現します。

機能詳細

モバイル端末に専用アプリケーションをインストールすることで、クラウドサービスや社内システムへ社外からアクセスする際、「SHIELD セキュリティゲートサービス」を自動的に経由します。このことにより、モバイル端末がセキュアな状態で正しい各種クラウドサービスや業務システムへ接続すること実現します。

また、「SHIELD セキュリティゲートサービス」は随時新しいセキュリティリスクへの対策を行っているSOCから提供されるため、お客さま側でセキュリティプログラムの更新などを意識することなく、セキュアな状態でクラウドサービスを利用することが可能です。

SHIELD セキュリティゲートサービス概要図

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。