ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

サーバー室やデータセンターの環境を監視

電力管理システムは、サーバー室やデータセンター内の温度、湿度、電流、 電力等を監視するシステムです。ラックや分電盤毎 に監視でき、IT機器や設備機器の電力使用量を個々に確認できます。
これにより、エネルギー効率の把握・分析も容易となり、省電力化の 第一歩としてエネルギー消費の「見える化」を推進します。

電力管理システムイメージ

電力管理システムイメージ

*
PUE(Power Usage Effectiveness):データセンターやサーバー室のエネルギー効率を示す指標の1つ。データセンター全体の消費電力を、サーバーなどのIT機器の消費電力で割った値

システムの特長

エネルギー使用量を「見える化」

ラック単位の環境情報(温度、湿度、電流、電力等)の監視に加え、省電力化を検討する上で必要となる電力量、エネルギー効率、CO2排出量、電気料金の算出・レポート出力ができます。

省電力効果を定量的に把握

データセンターやサーバー室のエネルギー効率(PUE等)や電力使用量の推移を確認することで、省電力効果を定量的に把握できます。

柔軟性に優れた電力監視

お客さまのニーズにあわせてエネルギー効率算出式のカスタマイズ等ができます。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。