ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

ドローンクラウドサービスをリニューアル、より使いやすくなりました

ドローン運用統合管理センター とは

「ドローン運用統合管理センター」は、ドローンによる空撮データから3Dモデル作成、ひびわれ抽出などの画像診断、撮影データ保管・管理までをワンストップで提供可能なクラウドサービスです。

  • 作業員の経験と知識による目視点検の知見も生かし、均一的な判断が可能になる
  • 構造物の3D化モデルと点検写真の関係付けにより、ひび検知部位の特定が容易になる

などの、お客さまの点検業務の効率化(工数削減・品質向上)を支援します。

「ドローン運用統合管理センター」はスモールスタート可能 【従量課金制採用】

ドローン運用統合管理センターは、使用した機能(クラウドサービス)に応じて支払う従量課金制のサービスです。必要最低限の機能に絞ってスモールスタートが可能です。


課金イメージ

「ドローン運用統合管理センター」の機能概要 【必要機能をクラウド上に集約】

ドローン運用統合管理センターは、撮影データ(2D)の画像を使って3D加工、AI技術を使ってひび割れなどの画像診断、3D化データを利用した3次元管理台帳を使った点検情報の一元管理、点検結果のレポート出力、点検データのセキュアな環境での保管など必要な機能をクラウドに実装している統合管理サービスです。

主な機能

1. 点検写真から3Dモデルを作成可能

2. 撮影写真と3Dモデルのひも付けで位置把握が可能

3. AIを用いたクラック(ひび割れ)の自動抽出

4. 点検レポートの作成を支援

5. クラウドで大容量データの一元管理が可能

ドローン運用統合管理センターを活用いただくことでお客さまの点検作業、測量作業の効率化を支援します。
詳しくは、下記までお問い合わせください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。