ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

クラウド向け統合運用サービス

クラウド活用をトータルサポート

クラウドの導入支援・設計・構築から運用まで、ライフサイクル全体をトータルサポート。
幅広いサービス内容によりクラウド活用をご支援します。

概要・特長

日立システムズの「クラウド向け統合運用サービス」は、クラウドやオンプレミスなど環境の違いを問わず、お客さまのビジネスニーズにフィットするIT基盤の構築・運用・保守までをトータルにサポートします。24時間365日体制のコンタクトセンターなど、日立システムズの豊富なビジネスインフラを組み合わせることで、IT業務にとどまらず、幅広い業務課題に対してお応えすることができます。

AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure およびハイブリッドクラウドにも対応しています。

高いIT技術力でマルチベンダー環境にも対応

20年以上にわたる日立グループのソフトウェアサポートで培ってきたノウハウ、技術力をベースに、1,000名以上の技術者がサービスを提供します。また、協力企業との緊密な連携により、クラウドやオンプレミスなど環境の違いを問わず、マルチベンダー環境下のIT管理にも対応します。

豊富な運用ノウハウを生かしオーダーメイドのサービスを提供

手順書どおりの運用代行はもちろん、長年のITサポート業務で培った運用ノウハウや、クラウドへの知見を生かし、お客さまのニーズに則した提案を行うことができます。さまざまなサービスを組み合わせ、お客さまのニーズにワンストップで応えるオーダーメイドのソリューションを提供します。

ITサポートに強みを持つソリューションサポートセンター

「見える化」「仕組み化」「文書化」など、ITサービスベンダーならではの業務改善アプローチで、クラウド運用をはじめとするITサポート業務に強みを発揮します。高いITリテラシーを必要とするサポート業務は、日立システムズのソリューションサポートセンターにお任せください。

システムイメージ図

※ DR (Disaster recovery):災害回復
※ BCP(Business continuity planning):事業継続計画
※ HA(High Availability):高可用性
※ VDI(virtual desktop infrastructure):仮想デスクトップ環境
※ BPO(Business Process Outsourcing):ビジネスプロセスアウトソーシング

第9回 ASPICクラウドアワード2015にて
クラウド向け統合運用サービスが運用部門 総合グランプリを受賞しました。

機能詳細

サービス項目 【クラウド統合運用】のサービス内容
監視 監視・自動通報 サーバーなどを監視し、障害検知時にメールで通報します。
監視・有人対応 一次切り分け、目視確認や確認操作を行います。
問い合わせ対応 問い合わせ受付窓口 メールや電話での問い合わせ受付窓口、インシデント管理を行います。
ヘルプデスク クラウド基盤に関するFAQ対応を行います。
製品技術サポート OSやミドルウェアの技術サポートをします。(オプション)
障害対応 一次対応 障害対応手順書による一次切り分けと復旧作業を行います。
ベンダ連絡 事前に取り決めた方法により、指定のベンダへ連絡を行います。
運用作業代行 バックアップとリストア 定期的または依頼に応じてバックアップ、リストアを行います。
アップデート Windows Updateやパッチ適用などの作業を代行します。
ジョブ運用、定期作業 ジョブスケジューラによるジョブ運用を代行します。
社内サービス窓口 社内サービス窓口(申請書を受けて仮想マシン作成など)を行います。
レポート 月次レポートを提供します。
アカウンタ 専任のサポート担当者を割り当てて、お客さまの柔軟なサポート対応をします。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。