ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

Hyper-V プライベートクラウド構築サービス

ハードウェア、ソフトウェアなどをパッケージ化して一括でご提供

Windows Server環境で稼働するシステムに最適化された、統合プライベートクラウド基盤を迅速にお客さま先環境に提供するサービスです。
サーバ仮想化、デスクトップ仮想化に対応しています。

お知らせ

「特別対談 日本マイクロソフト社との取り組み」記事を掲載しました。

概要・特長

スムーズな導入

プライベートクラウド環境の構築・導入時に必要となる機器一式、仮想化機能、クラウド管理ソフトウェアをパック化し、さらに環境構築までを含めたサービスを提供いたします。お客さまが求めるプライベートクラウド環境において、どのハードウェア(ブレードサーバー、ストレージ、ITリソースなど)を使えばよいのか、どのソフトウェアが必要になるのか、などの検討事項に対し、適切な構成をスムーズに提案いたします。

自動化、テンプレート化された運用管理基盤

Microsoft System Center(*)により運用の自動化と、テンプレート化を実現できます。
社内の標準化をすすめ、自動化により運用管理コストを低減することが可能になります。

(*) マイクロソフト社のプライベートクラウド管理製品

クラウド基盤に適した日立製ハードウェアを採用

日立製のブレードサーバー「BladeSymphony BS500」や日立アドバンスドサーバー「HA8000」、ストレージシステム「Hitachi Unified Storage」を採用し、高性能、高信頼なクラウド基盤を提供いたします。

要望に合わせたモデル構成と機能拡張オプションの提供

「エントリーモデル」、「スタンダードモデル」の2つのモデルから、お客さま環境に合うモデルを選択。ストレージ容量・ブレード枚数を増やした拡張版の選択や、その他のカスタマイズも可能です。
また、お客さまに必要な機能だけを選定していただき、個別設計・構築を行うサービスも提供いたします。(個別見積となります)

概要・特長イメージ図

モデル概要

エントリーモデル

エントリーモデルイメージ図

  • HA8000を2台利用し、クラスタ構成により冗長性も確保
  • 最小構成としてスタート、徐々に拡張可能
  • 仮想化に関わる基盤全体を一括管理(SCVMM)

スタンダードモデルイメージ図

スタンダードモデル

  • クラウド基盤に適したブレードサーバBS500を利用。
    メモリースロット24スロットを備え、仮想マシンの稼働密度向上、広帯域I/Oを採用し、信頼性・拡張性を保持
  • ブレード枚数を増やすことで大規模構成にも対応
  • 仮想化に関わる基盤全体を一括管理(SCVMM)

※SCVMM:Microsoft System Center Virtual Machine Manager

  • この商品の専用サイト

機能詳細

セルフサービスポータル

Webベースのポータル機能です。プライベートクラウドにナレッジ、ワークフローの統合が可能になります。統合により自動化・標準化をすすめることが可能となり、運用管理コストの低減が可能になります。

エンドユーザーが利用を希望するスペックの仮想マシンやアプリケーションを選択し、プロビジョニング・デプロイメントのサービスリクエストを作成できます。また、エンドユーザー、管理者がお互いにサービスリクエストの対応状況をサービスポータルで確認できます。サービスポータルのデザインはカスタマイズ可能です。Webパーツとして追加することが可能です。

  • この商品の専用サイト

価格・料金

価格表
モデル 内容 価格(税抜)
エントリーモデル サーバー:HA8000 2台
ストレージ:Hitachi Unified Storage 110(iSCSI)
環境構築サービス(Hyper-V、SCVMM 設計・構築)
リソースプール:仮想マシン想定5VM
個別
エントリーモデル
拡張版
サーバー:HA8000 2台
ストレージ:Hitachi Unified Storage 110(iSCSI)
環境構築サービス(Hyper-V、SCVMM 設計・構築)
リソースプール:仮想マシン想定20VM
個別
スタンダードモデル サーバー:BladeSymphony BS500 3ブレード
ストレージ:Hitachi Unified Storage 130(FC)
環境構築サービス(Hyper-V、SCVMM 設計・構築)
リソースプール:仮想マシン想定60VM
個別
スタンダードモデル
拡張版
サーバー:BladeSymphony BS500 8ブレード
ストレージ:Hitachi Unified Storage 130(FC)
環境構築サービス(Hyper-V、SCVMM 設計・構築)
オプションサービス(System Center設計・構築)
リソースプール:仮想マシン想定120VM以上
個別

概要・特長

スムーズな導入

デスクトップ仮想化環境の構築・導入時に必要となる機器一式、仮想化機能、管理ソフトウェアをパック化し、さらに環境構築まで含めたサービスを提供します。お客さまが求めるデスクトップ仮想化環境において、どのハードウェア(サーバー、ストレージ、ITリソースなど)を使えばよいのか、どのソフトウェアが必要になるのか、などの検討事項に対し、適切な構成をスムーズに提案します。

Windows Serverの標準機能で実現

Microsoft Windows Server 2012の標準機能で実現できます。
デスクトップ仮想化により運用管理コストを低減することが可能になります。

クラウド基盤に適した日立製ハードウェアを採用

日立製の日立アドバンスドサーバー「HA8000」、エントリークラスディスクアレイ装置を採用し、高性能、高信頼なデスクトップ仮想化基盤を提供します。

要望に合わせたモデル構成と機能拡張オプションの提供

「VDIモデル」、「RDSモデル」の2つのモデルからお客さまの環境に適したモデルを選択。そして、「エントリーモデル」、「スタンダードモデル」の2つのモデルからお客さまの規模に適したモデルを選択。その他カスタマイズも可能です。お客さまの要件に対して、個別設計・構築を行うサービスも提供します。(個別見積もりとなります)

概要・特長イメージ図

モデル概要

VDIスタンダードモデル

VDIスタンダードモデルイメージ図

仕様
  • ハーフラックに収まるHA8000(2台)とエントリストレージ(1台)を採用。
  • 小規模オフィスに適した仮想デスクトップ環境を導入可能。
  • Microsoft VDI を採用し、50ユーザーのスモールスタートモデル。
機能の特長
  • 仮想マシン専有

  • 通常のデスクトップ環境と同じ環境の利用が可能。

  • 利用可能なアプリケーションに制限がない。

ユーザー用途
  • 開発やエンジニアリング、トレーディングなど専用のアプリケーションを使って行う非定型業務。

RDS スタンダードモデル

RDS スタンダードモデルイメージ図

仕様
  • Windows Server 2012 標準機能によるRDSを採用。

  • 仮想化機能を利用し、小規模ユーザーから中規模ユーザーまで拡張可能。

  • 200ユーザーの同時接続にて利用可能。

機能の特長
  • 仮想マシン共有

  • 利用方法が限定的

  • アプリケーションによっては動作しない。

ユーザー用途
  • コールセンターや受注入力など、限られたアプリケーションを使って行う定型業務。

  • この商品の専用サイト

価格・料金

価格表
モデル 内容 価格(税抜)
VDIエントリーモデル サーバー:Hitachi HA8000 1台(タワー型)  
ストレージ:無し  
環境構築サービス(Hyper-V、VDI 設計・構築)  
リソースプール:仮想マシン想定:20ユーザ
個別
VDIスタンダードモデル サーバー:Hitachi HA8000 2台(ラックマウント型)  
ストレージ:Hitachi BR1200 1台 (SAS)  
環境構築サービス(Hyper-V、VDI 設計・構築)  
リソースプール:仮想マシン想定:50ユーザ
個別
RDSエントリーモデル サーバー:Hitachi HA8000 1台(タワー型)  
ストレージ:無し  
環境構築サービス(Hyper-V、RDS 設計・構築)  
リソースプール:接続ユーザ数想定:70ユーザ
個別
RDSスタンダードモデル サーバー:Hitachi HA8000 2台(ラックマウント型)  
ストレージ:Hitachi BR1200 1台 (SAS)  
環境構築サービス(Hyper-V、RDS 設計・構築)  
リソースプール:接続ユーザ数想定:200ユーザ
個別

* VDI :Virtual Desktop Infrastructure
* RDS:Remote Desktop Service

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。