ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

専門家コラム:組織力が蘇る、LEGO® SERIOUS PLAY という手法 ~共感と共創の技術~

「挑戦する働くママ:キャリアとしてのLEGO®SERIOUS PLAY(以下、LSP) ファシリテータ」 ̄ 3人のケースから見えて来たこと。〔全3回シリーズ連載〕Case3:LSPの可能性は無限大「どこまで活用できるのか?」~吉田尚子氏~

(前回の振り返り)

筆者は、石原正雄と二人で、2008年10月、LEGO®SERIOUS PLAY(以下、LSP)の手法を活用した専門のコンサルティング会社を立ち上げました。当初の目論見は、企業の組織開発や社員のキャリア開発のプログラムを開発、我々自身が、ファシリテータとしてワークショップを提供、問題解決に貢献することでした。その傍ら、LSPの伝道師として、公共の場、大学やビジネススクールなどの教育機関、中央・地方の行政機関で、LSPを活用したワークショップを披露する活動も行なってきました。

その結果、企業や大学で、あるいは、個人で、自らLSPの理論や手法を学び、専門のファシリテータとなることを希望する方が年々増えてきました。ちなみに、今年の5月までに、専門のトレーニングを国内外で履修された方は、75名余りでした。この中には、経営コンサルタントやコーチングのプロとして自営されている方も多々いらっしゃいます。今回投稿の“挑戦する働くママ”は、九州、関西、そしてニューヨークで働く、3人のユニークな女性の方に登場してもらいます。彼女達に共通しているのは、仕事と家庭の両立を図る、ワーキングマザーであること、また、自らの意志で海外留学されていることです。彼女達が、LSPに関わるようになった経緯、LSPがキャリアにとってどのような意義を持つのか、将来の展開など、インタビューに応えていただきました。

全3回に渡る連載の“挑戦する働くママ”第3回は、吉田尚子氏のケースを紹介します。

LSPの可能性は無限大「どこまで活用できるのか?」 吉田尚子氏のケース

略歴:人材派遣会社と幼児教育施設を経営するかたわら、オーストラリアのBond UniversityにてMBA(経営学修士)取得。CTIジャパン公認プロフェッショナルコーチ(CPCC)。経営コンサルタント大前研一が経営する株式会社ビジネス・ブレークスルーにて、社会人大学生・大学院生の学びをサポート。LEGO® SERIOUS PLAY®公認ファシリテータ資格取得後は、企業や教育機関にて研修/ワークショップを開催。一男二女の母。

質問:海外留学にはどのようなキッカケで行かれたのですか?
また仕事と育児もしながらの学生生活はいかがでしたか?

「当時(2009年)すでに人材派遣会社と幼児教育施設の経営をしていましたが、系統だった経営の知識がないままにその世界に飛び込んでしまったため、試行錯誤の日々でした。独学でいろいろ学んでは経営の場でそれを試してみる、ということをしてはいましたが、当たりはずれも多く、いつかは経営全般について学んでみたいと考えていました。そんなとき、知り合いから、株式会社ビジネス・ブレークスルーがBond Universtityと提携したMBA取得プログラムを提供しており、基本的にはオンラインで学べること、現地でのスクーリングも体験できるということを聞き、『これなら仕事と育児に追われる自分にも受講可能だ』と迷わず受講を決めました。予想以上に、タイムマネジメントは大変でしたが、家族の協力も得られ、1週間のスクーリングには卒業までの1年6ヵ月のあいだに4回出席しました。現地学生と同じクラスで学ぶ体験もでき、厳しいながらも実りある学生生活を体験できました。それ以前にBond Universityのあるゴールドコーストで子どもたちとしばらく暮らしていた体験もあり、土地勘があったため、ストレスなく生活できたことも自分にとってはラッキーだったかもしれません」


(2010年@ゴールドコースト:ボンド大学卒業写真)

質問:LSPとの関わりはどんなキッカケですか?

「当時(2012年)、コーチングの仕事を始めて、少しずつ教育関係の講座でファシリテータとしての活動をしていました。その中で出会った方が、偶然LSPファシリテータの資格をお持ちでした。懇親会でその方のお話をうかがって、レゴ大好き人間だったわたしは『大好きなレゴを使った研修なら、ぜったいやってみたい!』と受講を考えました。大学院にしても、LSPにしても、偶然人から聞いて、というのがキッカケですね。わりと、そういった情報を人からキャッチして、すぐに実践につなげるということがこれまでを振り返っても多いです」

質問:LSPのトレーニングを受講して、どんな変化がありましたか?

「まず、活動の範囲が広がりました。それ以前は、もっぱら大人の方、しかも教育に関心をお持ちの方を対象に講座やコーチングで活動していたのですが、LSPのトレーニング後、子どもから年配の方まで、個人から学校や企業までと活動の範囲が広がりました。また、さまざまな場でファシリテーションさせてもらう中で、自分自身の『なぜわたしはファシリテータやコーチとして活動したいのか?』という価値観もより研ぎ澄まされました。『その場にいるひとすべてが主体的に参加し、自分の意見を率直にイキイキと語る場をつくる。そこから、個人やチームとして”次の一歩”を踏み出すキッカケをつくりたい』という気持ちで一回一回のワークショップやコーチングセッションに向き合っています」


(2014年4月24日@神戸市:子供達と未来の社会を創るワークショップ)

質問:現在はどのような仕事や社会活動に関わっておられるのですか?
その中でLSPの技法をどのように活用されていますか?

「現在は子ども向けの教育施設『篠山チルドレンズミュージアム』『てらこやラボ(さいたま新都心)』などでの“創造性”に着目したワークショップ、小学校から大学、大学院での主にビジョンやリーダーシップについてのワークショップ、企業での戦略策定、ビジョン共有、チームビルディングやコミュニケーション研修。また、起業をめざす方のためのビジネスプラン作成のお手伝いや街づくりについて考える場のお手伝いもLSPを使って行なっています」


(2013年10月@松本市:設立メンバーと新しいスクールのビジョンと志を共有するワークショップ)

質問:将来はLSPをどのような方向で活用されたいのですか?

「今はまだ資格を取得して1年が過ぎたところで、『こんなふうに使えるのではないか?』と思う場でどんどんLSPを使っている段階です。LSPの可能性は無限大だという確信をわたしは持っているので、このまま『どこまで活用できるか?』を試していきたいと思っています。

海外へも活動の場を広げたいと考えており、今年はバンコク、欧州、台湾の企業にLSPを紹介してきました。訪問したいくつかの企業とはすでに研修企画について話を具体的に進めています。

また現在は、ワークショップでは開催場所やテーマの都合上、参加者の年齢層や国籍が偏ることが多いのですが、もっと幅広い年齢層や国籍の方に広く集まってもらえるようなワークショップを実施したいと思っています。さまざまなバックグラウンドを持った方が集まって、LSPをとおしてなにかひとつのことについて考え、意見をまとめていくような場をつくりたいです。イメージとしては民間レベルの国連のような。また、意見が対立しがちな場、たとえば紛争地域や(大げさかな)、議会などの場にLSPが導入できたら、どんなに議論のスタイルが変わり、お互い腹をわって話をし、耳を傾ける場ができ、実りある議論になるのではないかと考えています。大きな夢ですが、ひとつひとつ、実行につなげていけたらいいと思います。」

3人のケースから見えて来たこと

今回まで計3回にわたる連載で紹介してきた3人のファシリテーターへのインタビューを終えて、筆者は、彼女らの穏やかな姿勢の裏に秘めた情熱を感じ圧倒されました。彼女達は、“いつか来る運を待つ”という守りの姿勢ではなく
“これはチャンスと思ったら、できない言い訳を考える前に即行動を起こす”
いわゆる“ポジティブ・シンキング”を体現されているのではないかと思いました。


(写真:自分で窓を開ける)

LSPは基本の理論と技法はありますが、ファシリテータは、それを活用しワークショップとして運用するためのプログラム、ソフトウェアをそのつど創るのです。彼女らが指摘するとおり、LSPを適用できる“課題”の範囲は、まだまだ広く深い。
海外では、『自閉症の子供達の社会復帰・職業適応化のプログラム』から、『風力発電所の基地を大陸から北海に運搬・設置する巨大プロジェクトのオペレーションマネジメント』といった課題へも活用されています。

LSPを活用したワークショップでは、一人のメンバーの持つ、知見や経験だけではなく、複数のメンバーの異なる知見や経験も統合して課題の解決に導くことができます。同様に、新たなプログラムの開発にも、複数のファシリテータが、知見や経験を出し合って創り上げることもできるでしょう。

今年の9月には、世界中で活躍する、LSPファシリテータの有志が、デンマークに集合します。筆者らは、日本で培ったプログラムの知見と経験を彼らと交換、また、国境を超えたプロジェクトにも挑戦したいと思います。今回のインタビューに応えて頂いた、3人の方には、無論このプロジェクト・メンバーとして活躍されることを期待しています。


(写真:統合作品を共に創る)

 

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。