ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

専門家コラム:組織力が蘇る、LEGO® SERIOUS PLAY という手法 ~共感と共創の技術~

「挑戦する働くママ:キャリアとしてのLEGO®SERIOUS PLAY ファシリテータ」 ̄ 3人のケースから見えて来たこと。〔全3回シリーズ連載〕Case 1:想像力と創造力を開放するLSP ~船山和泉氏~

筆者は、石原正雄と二人で、2008年10月、LEGO®SERIOUS PLAY(以下、LSP)の手法を活用した専門のコンサルティング会社を立ち上げました。当初の目論見は、企業の組織開発や社員のキャリア開発のプログラムを開発、我々自身が、ファシリテータとしてワークショップを提供、問題解決に貢献することでした。その傍ら、LSPの伝道師として、公共の場、大学やビジネススクールなどの教育機関、中央・地方の行政機関で、LSPを活用したワークショップを披露する活動も行なってきました。

その結果、企業や大学で、あるいは、個人で、自らLSPの理論や手法を学び、専門のファシリテータとなることを希望する方が年々増えてきました。ちなみに、今年の5月までに、専門のトレーニングを国内外で履修された方は、75名余りでした。この中には、経営コンサルタントやコーチングのプロとして自営されている方も多々いらっしゃいます。今回投稿の“挑戦する働くママ”は、九州、関西、そしてニューヨークで働く、3人のユニークな女性の方に登場してもらいます。彼女達に共通しているのは、仕事と家庭の両立を図る、ワーキングマザーであること、また、自らの意志で海外留学されていることです。彼女達が、LSPに関わるようになった経緯、LSPがキャリアにとってどのような意義を持つのか、将来の展開など、インタビューに応えていただきました。

想像力と創造力を開放するLSP 船山和泉氏のケース

今回から3回にわたる連載で、この3人のケースをそれぞれ紹介していきます。
”挑戦する働くママ“シリーズ第1回を飾るのは船山和泉氏です。

略歴:1990年早稲田大学教育学部卒業。株式会社旭通信社(現ADK)で3年間勤務した後に渡米。1996年オハイオ大学大学院コミュニケーション学部修士号(M.A.)取得。その後、台湾国立成功大学語言中心で中国語を学び、再渡米。2002年テキサス大学大学院コミュニケーション学部にて博士号(Ph.D.)取得。2002年から2012年まで国立熊本大学文学部コミュニケーション情報学科で専任講師・准教授として勤務。2012年に同大学を退職し家族とともに渡米後、認定プロCo-ActiveコーチおよびLSPの認定デザイナー&ファシリテータとして活動中。2014年9月より、サラ・ローレンス・カレッジに客員教員として勤務されます。

質問:海外留学にはどのようなキッカケで行かれたのですか?

「私は1990年に大学を卒業した後、広告代理店に就職したのですが、周りは『広告が好きだ』『仕事が好きだ』という情熱とやる気とプロ意識を持った同世代が多くいました。彼らと比べると、自分は仕事に対して彼らほどの情熱もやる気もプロ意識も持てていないと感じていました。そしてこのままでは5年後10年後に必ず彼らとの差が出てしまう、と思うようになりました。また、仕事はそれなりに面白いと思えるところもやりがいもありましたが、それ以上に色んな意味で『ワタシ、だめだ、こりゃ』と思うことの方が多くて、『自分は会社員に向いてない』とも思っていました。石の上にも三年と、がんばりましたが、『このままだと、どうもいかん、そこでじゃあ次にどうしよう』と思った時に、高校時代からずっとあこがれていたけれども叶わなかった『留学』という選択肢が見えてきました。その時に『ああ、ずっと留学をしたかったのだな』と思いました。きちんとした理由も具体的な志もなかったのに『今、留学しなかったらきっと一生後悔するだろう』とも、なぜか強く思ったのです。あとは、後先考えずに、ただ突き進んだ、という感じでした。運良くオハイオ大学の大学院に受かって、1993年の夏に渡米しました」

質問:LSPとの関わりはどんなキッカケですか?トレーニング修了後にどんな気づきがありましたか?

「2013年の夏に友人に紹介されて偶然LSPを知りましたが、すぐに『これはイケるかも』と思いました。ちょうど同じ年の10月にボストンのトレーニングがあることが分かったので、申し込みました。私自身が実際に試してみて、その深みと可能性を感じました。また、これは『キャッチー』として人々の関心を引きやすいので、自分の仕事の可能性を広げるキッカケになると感じたことが大きかったと思います。実際、その後、LSPを入り口として発生した仕事や関わりの大きさや広がりは予想以上のものがありました。


(2013年夏トレーニングの修了証授与@ボストン:船山氏とRobert Rasmussen氏)

修了後、実際にLSPのワークショップを実施し、また、LSPを取り入れたコーチングを行なったところ、『キャッチー』なのは入り口にすぎなくて、その奥にあるLSPの深みと可能性にほとんどの参加者やクライアントが『はまっていく』(笑)のを間近に見てきました。ややもすると『考え過ぎて動けない、見えない』『“箱”から出て何かを想像したり創造したりすることができない』傾向にある、我々現代人の芯に響いてゆさぶる力がLSPにはあると思うし、人々はそれを切実に求めていると、より強く感じるようになりました。私は現在、主に(ワークショップやコーチングをとおして)“個人”相手にLSPを活用しているので、LSPのより身近で即時的な効果を目の当たりにすることが多いですが、そういう需要は組織レベル、地域レベル、社会レベルに共通しているものだろうと思います。

質問:現在どのような仕事や社会活動に関わっておられるのですか?その中でLSPの技法をどのように活用されていますか?また、将来はどのように活用されたいですか?

「現在プロ・コーチとしてフリーランスで活動しているほかに、米国の大学で日本語を教えています。また、以前日本で大学教員をしていた経験とコネクションを生かして、複数の研究プロジェクトに関わっています。

LSPについては、1対1のコーチングセッションに取り入れているほかに、自宅での短時間のワークショップやマンハッタンで会場を借りた長時間のワークショップも行ってきました。また、先日日本に帰国した際はビジネスパーソン対象のワークショップを東京で実施したほか、日本の大学の先生との共同研究プロジェクトの一環として大学生と大学院生を対象にワークショップ行いました。

もともと日本の大学で「異文化間コミュニケーション」について研究し、また学生に教えていたこともあり、そちらの経験をLSPと統合させたいと思います。将来はLSPを活用した異文化間コミュニケーションのトレーニングや教育の方法について開発してみたいなと思っています。」


(2014年6月14日@アジア太平洋大学、大分:国際舞台で活躍する自分を考える、ワークショップ)


(2014年6月18日@3*3ラボ、東京:自分の価値観や考え方を掘り下げる、ワークショップ)

質問:仕事と家庭の両立という点では、どのようなハードルがありましたか?

「熊本大学で教員をしていたときに出産したのですが、私はずっと夫と離れて暮らしていたし、実の両親も義理の両親も遠方でしたので、学会やリサーチ旅行など泊まりがけの仕事をする際のハードルがかなり高かったです。子供はまだ小さかったので連れて行くと仕事になりませんので、東京に出張の際は中部空港で子供を義父母に預け、そこから私だけ新幹線に乗っていく、というようなことをしていました。そうできない時は飛行機で熊本に来てもらったこともありました。金銭的にも大変でしたし、それほど頻繁にそういうことはできないので、結局色々な機会をあきらめるしかなかった、というのが実情です。特に海外での仕事の機会を思うように持てなかったのは残念でした。

子供は、いつ何があるか分からないので、仕事については何ごとも早め早めに計画して終わらせるようにしていましたが、それでもやはり、突発的なこと、たとえば子供が病気になったり突然熱を出したり…という時、保育園に子供を預けることができないので、とても困りました。病児保育というのもありましたが、原則、前日に予約しなければならず。前もって分かっていたら、困らないよ~って思っていました。それから伝染する病気の場合は(特に急性期は)どこにも預けられないし…それも困りました。結局、休講にせざるを得ない、会議に出られない、ということが何度もありました。」

質問:LSPのワークショップからの新たな気づきはありますか?

「私たちにはみんな『手の英知』とでも呼べるものがあるのですが、普段はアタマでっかちになっているので、それを忘れてしまっています。LSPはそういう英知へのアクセスを可能にするものだと思います。LSPに関わって、私たちは皆、自分たちが思っているよりも、(多少の違いはあれ)本当はもっとずっと想像力と創造力があるのに普段はそれが制限されてしまっているということをつくづく感じます」

“「挑戦する働くママ:キャリアとしてのLEGO®SERIOUS PLAY ファシリテータ」― 3人のケースから見えて来たこと”、は次回に続きます。

 

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。