ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

戦国武将に学ぶBizスタイル

戦国武将の知恵や創意工夫、意外なエピソードなどをご紹介!

第5回 「島津に暗君なし」~島津義弘~

島津義弘

1600年(慶長5年)9月15日、関ヶ原の戦い。東西両軍17万人余の将兵が入り乱れるなか、孤立した島津義弘は壮烈な退却戦を敢行する。有名な「島津の退き口(のきぐち)」だ。戦法は「捨て奸(すてがまり)」。陣最後尾の小部隊が追撃する敵と戦い、全滅すると次の小部隊が抗戦して敵を足止めにし、その間に本隊を脱出させる。将兵に生き残る望みはなく、ひたすら味方を退かすためだけの捨て身の戦法だ。5度にわたる「捨て奸」の末、島津隊約1500人のうち80人余が奇跡的に薩摩へ生還できた。この「戦国合戦史上の奇跡」をもたらしたものは、島津家、主従の鉄の結束だった。

島津家の軍律はいう。

一、一人の敵をも殺したる証拠なきものは死罪、その父子親族は重科(じゅうか=重罪)に処せらるることあるべし。

一、わが大将の首級(しゅきゅう)を敵に委(い)すべからず、この仇(あだ)を報ずるあたわざるときは一隊ことごとく討ち死にせよ。

戦場の禁制に厳しかった織田信長もおよばぬ、苛烈(かれつ)さだ。しかし、軍律だけが将兵を統率したのではない。

島津家の国防の考えは、「城をもって城とせず、人をもって城となす」である。その意は、「同僚(仲間)を信頼せよ」であり、「頼むべきは堅固な石垣や堀ではなく、部下であり、人である」だ。軍律も同じことを諭している。

「捨て奸」は、将兵の自己犠牲のうえでしか成り立たない必死の戦法だ。大将は将兵の力量を信じ、将兵は「信頼され、頼りにされている」ことを誇りに、大将の采配を信じ、国と家族の安泰を願い、命を賭す究極の忠誠で応える。

戦国期に島津義弘ほど将兵に慕われた武将はいない。関ヶ原の戦いで義弘の守護に馳せ参じた者は、討ち死に覚悟の義勇兵だった。

「島津に暗君なし」といわれるように、義弘は義と情の武人だった。戦いでは常に先頭に在り、武勇は「鬼島津」と恐れられ、ときには自ら囮(おとり)となり、ときには「南九州の桶狭間」といわれる奇襲で勝利する。戦場生活では主従の分け隔てなく、食糧の分配は将兵を優先し、戦いのあとは敵味方の怨讐(おんしゅう)を超えて戦死者の冥福を祈り、供養したという。

1619年(元和5年)、義弘は85歳で大往生した。このとき、殉死禁令にもかかわらず13人が後を追ったと、伝えられている。

義弘の「頼むべきは堅固な石垣や堀ではなく、部下であり、人である」という姿勢は、今のBizスタイルにおいても学べる点が多いのではないだろうか。

目次に戻る

お客さまの経営課題に役立つ商品やソリューショを、導入事例やセミナー・イベントなどでもご案内しております。

  • 商品・ソリューションを見る
  • 導入事例を見る
  • セミナー・イベントを見る

戦国武将に学ぶBizスタイル

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoft®ソリューション
Microsoft®との力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。