ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

クイズ

第8回 坂本龍馬編

薩長同盟の立役者として知られる坂本龍馬にまつわるクイズです。
勝海舟を師とし、海軍・海運の発展にも大きな影響を与えたとされている坂本龍馬ですが、そんな彼がとある戦争のキーマンになったそうです。その戦争とは?

1:日露戦争

2:薩英戦争

3:太平洋戦争

  • 【答え】1:日露戦争

    【解説】
    日本が近代国家として成長し、日清戦争を経て、次の大国との戦争となった1904年の日露戦争。この日露戦争の最中に当時の皇后陛下の枕元に、坂本龍馬が現れ、日本の必勝を誓ったという話が今に伝えられています。
    当然、国民を鼓舞する作り話なのでしょうが、海戦が有名な日露戦争に坂本龍馬を担ぎ出すあたりはなんとも秀逸ですね。ちなみにバルチック艦隊を撃破した東郷平八郎は薩摩藩出身です。
    …そんな坂本龍馬の生涯を、ぜひコラムで、お楽しみください。

第7回 伊藤博文編

日本初の内閣総理大臣に就任した伊藤博文にまつわるクイズです。
明治の今太閤とも呼ばれた彼ですが、実は豊臣秀吉が定めたとある法令を解禁しています。その法令とは一体何でしょうか?

1:養老律令

2:惣無事令

3:河豚禁食令

  • 【答え】3:河豚禁食令

    【解説】
    河豚禁食令とは、豊臣秀吉が文禄・慶長の役の際に制定した、ふぐ食を禁じる法のこと。
    ふぐは元々、古くから多くの庶民に愛されていた食べ物でしたが、出兵する兵士たちの中に食中毒で亡くなるものが多く出たため、秀吉によって禁じられたのでした。
    そしてその河豚禁食令を破ってふぐ食を解禁したのが、伊藤博文だったのです。
    太閤と、明治の今太閤が思わぬところで交錯したという逸話でした。
    …そんな伊藤博文の生涯を、ぜひコラムで、お楽しみください。

第6回 高杉晋作編

長州藩の討幕の原動力、奇兵隊の創設者・高杉晋作にまつわるクイズです。
まさに疾風迅雷の勢いでさまざまなことを成し遂げてきた高杉晋作ですが、その型破りな行動は幼少の頃から。
とある日、高杉晋作は大の大人に土下座をさせています。その理由とは?

1:団子を盗み食いされた

2:凧を踏みつけられた

3:おもちゃを捨てられた

  • 【答え】2:凧を踏みつけられた

    【解説】
    あるとき、高杉晋作が凧揚げをして遊んでいると、その凧が地面に落ちたときに、通りがかった武士に踏まれたことがありました。そのまま行こうとする武士を呼び止め、最終的には土下座までさせたというのですから驚きです。その性質は大人になってからも変わらず、自分の信念を曲げず、強大な幕府や外国勢力との争いに身を投じていくのでした。
    …そんな高杉晋作の生涯を、ぜひコラムで、お楽しみください。

第5回 吉田松陰編

明治維新の偉人を多数輩出する松下村塾の塾長・吉田松陰にまつわるクイズです。
松下村塾の四天王・吉田稔麿が松陰の下を離れると告げたとき、松陰がとった驚きの行動とは一体どのようなものでしょうか?

1:お葬式

2:駄々をこねる

3:刀を振りかざす

  • 【答え】1:お葬式

    【解説】
    吉田松陰が要職者の暗殺などを計画して投獄された際、多くの塾生が彼をいさめ、または彼の下を去りました。吉田稔麿もその1人。その知らせを聞いた松陰は、「稔麿の魂が死んだ」と嘆きつつ、お香を焚くよう塾生に命じたそうです。なんとも凡人には理解しがたい行動ですよね。しかし、少々過激な教えながらも塾生たちには慕われており、明治政府で活躍した偉人たちによって、吉田松陰の名前は残っていくのでした。
    …そんな吉田松陰の生涯を、ぜひコラムで、お楽しみください。

第4回 徳川慶喜編

徳川最後の将軍・徳川慶喜にまつわるクイズです。有名どころでは、「ひー様」「けいきさま」などの愛称を持つ徳川慶喜ですが、なかには少々不名誉な愛称もありました。一体どのような愛称でしょうか?

1:豚一様

2:牛一様

3:鶏一様

  • 【答え】1:豚一様(ぶたいちさま)

    【解説】
    理由は至って単純で、父・斉昭と同じく豚肉を好んで食べていたことに由来するそうです。名の由来はほのぼのとしていますが、なんとも侮蔑的に聞こえてしまうのはかわいそうですね。ちなみに薩摩産の豚肉を好んだと言い伝えがあり、その産地である薩摩藩が討幕の主流となったのはなんとも因果を感じざるをえないような…。この愛称以外でも不名誉な評価をされがちな徳川慶喜ですが、その生涯はとても優秀さに溢れていました。
    …そんな徳川慶喜の生涯を、ぜひコラムで、お楽しみください。

第3回 勝海舟編

江戸城無血開城の立役者の一人、勝海舟にまつわるクイズです。
幕末期を代表する賢人である勝海舟ですが、その少し先輩に当たる佐久間象山とは師弟のほかにある特別な関係にありました。さて、二人はどんな関係だったのでしょうか?

1:兄弟

2:恋人

3:犬猿の仲

  • 【答え】1:兄弟

    【解説】
    ともに江戸末期を代表する賢人である勝海舟と佐久間象山。勝海舟は一時期、佐久間象山に師事して兵学を学んでいました。そんな二人ですが、佐久間象山に勝海舟の妹が嫁いだことで、師匠である男がある日、義理の弟になってしまうという事態に。ちなみに勝海舟の「海舟」という号も、元は佐久間象山の書「海舟書屋」から取ったものなのだとか。
    …そんな勝海舟の生涯を、ぜひコラムで、お楽しみください。

第2回 大久保利通編

維新三傑の一人、大久保利通にまつわるクイズです。
明治維新後に初代内務卿に就任、殖産興業や富国強兵を推進した大久保利通ですが、その中で彼が日本で初めて作ろうとしたものはなんでしょうか?

1:タバコ

2:紅茶

3:コーヒー

  • 【答え】2:紅茶

    【解説】
    岩倉使節団で欧米各国を訪問した大久保利通が帰国後に発案したのが紅茶栽培でした。それまでの日本では、当然ながら緑茶の栽培・輸出が中心でしたが、海外では圧倒的に紅茶の需要が高いことに気付き、始めたとされています。このことからも当時の大久保利通が、いかにして日本を豊かにするかを考えていたことがわかります。
    ちなみに、大久保利通はヘビースモーカーでもあったとか。
    …そんな大久保利通の生涯を、ぜひコラムで、お楽しみください。

第1回 西郷隆盛編

明治維新の最重要人物である西郷隆盛にまつわるクイズです。
討幕を成し遂げながらも、最後は西南戦争で逆賊として、自らが作り上げた新政府軍によって討たれた西郷隆盛ですが、その死の間際に出現した西郷星とは、いったいなんでしょうか?

1:蠍座

2:火星

3:彗星

  • 【答え】2:火星

    【解説】
    西南戦争が勃発した年、ちょうど火星が地球に大接近していたそうです。西南戦争も終盤に近づいた9月には最接近し、非常に明るく赤々と輝いていたのだとか。急に現れた赤く煌く星が、時期的にも西郷隆盛を象徴しているようで、人々から「西郷星」と呼ばれていたそうです。また、この時期には土星も接近しており、同じく西南戦争で死没した桐野利秋=中村半次郎になぞらえて桐野星と呼ばれたようです。
    …そんな西郷隆盛の生涯を、ぜひコラムで、お楽しみください。

  • 「幕末志士診断」へ

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。