ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 統合会計・人事/給与パッケージ SuperStream

事例から学ぶ!データ収集・経営分析 業務変革実践セミナー

~攻めのITで高付加価値業務へのシフトを実現~

声高に叫ばれる“働き方改革”や“デジタルトランスフォーメーション”への取り組みの中で、「よそはどうしているのか」気になったことはありませんか。

本セミナーでは、ITへの取り組みでも評価の高い日立キャピタル株式会社様(※)に登壇いただき、実際の業務改革事例を紹介していただきます。

データ収集・集計や経営数字の分析など、個々の具体的な業務に対して、「どのように仕組みを構築しているか」「改善にあたって、どのような難所・勘所があるのか」など、実務に携わる方の生の声を聞ける機会です。お客さまの業務改革にあたり、ぜひこの機会をご活用ください。

また、効率向上の実現ツールとして幅広い業界で導入が進んでいるRPAについても、その効果や適用事例をお伝えします。

皆さまのご参加お待ちしております。

※日立キャピタル様の取り組みに対する主な外部評価
 ・経済産業省と東京証券取引所による「攻めのIT経営銘柄2018」において、「IT経営注目企業2018」に選定。
 ・公益社団法人企業情報化協会が主催する「平成29年度(第35回)IT賞」において、「IT奨励賞」を受賞。

本イベントの受付は終了しました。

ITツールを徹底活用したデータ収集作業効率化、分析業務高度化の実現

セミナー風景

デモンストレーションを交えながら、ExcelベースのシステムやRPAなどのITツール活用実践事例を紹介します。

対象者

・経営者さま
・経営企画部門のご担当者さま
・経理・財務部門ご担当者さま
・情報システム部門のご担当者さま

開催概要

日程 2018年11月13日(火曜日)
14時~17時10分(受付:13時30分~)
会場

ソリューションスクエア東京      

株式会社日立システムズ 本社2階
ソリューションスクエア東京
(品川区大崎1-2-1)

参加費 無料(事前登録制)
定員 30名
主催 株式会社日立システムズ
共催 日立キャピタル株式会社、株式会社ディーバ

※定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。
※SIer、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

プログラム

プログラム
13時30分~14時 開場/受付開始
14時~14時05分
「ご挨拶」
株式会社日立システムズ
14時05分~15時15分
第一部「ITツール徹底活用による付加価値業務専念の仕組みづくり」
日立キャピタル様では、経営の目標達成や施策実行状況モニタリングにあたり、データ収集作業や異常値・欠損値フォローに追われて、期限までに単純集計表を作るのが精一杯というケースが多くありました。
こうした状況を打開するため、社内のITツールを徹底活用した業務変革に取り組んでいます。
例えば、連結会計システム(DivaSystem)のデータ収集機能を利用すると、クリーンなデータが自然に蓄積できるため、将来シミュレーションや異常事態の未然検知などの付加価値業務に知恵を絞れるようになりました。
また知識ゼロから始めた担当者3名が、ほぼ独学でツールの開発方法を習得。現在は自社開発(EUC※)で、現場部門から情報を収集する業務をDivaSystemに置き換えています。さらに収集・蓄積されたデータを分析・可視化するツール(Excelを利用)も、現場部門と一緒に構築しています。
本講演では、日立キャピタル様がEUCで開発した約30のシステム・ツールを使った業務改革の実践事例や、RPA活用など今後の展望をご紹介いたします。もちろん、キレイごとでは片付かない「難所」についても、率直にお話しさせて頂きます。

※EUC:ここでは、システムの開発をITベンダーやシステム部門に依頼するのではなく、簡易ツールなどを駆使することで、現場部門・企画部門によって実現すること。
日立キャピタル株式会社
スマートトランスフォーメーション本部
スマートトランスフォーメーションプロジェクト業務企画部
15時15分~15時30分
第二部「DivaSystem活用を支えるサポートサービスの紹介」
これまでに985社超(2018年6月時点)のお客さまにご利用頂いている「DivaSystem」は、高度化する連結経理業務に対応する国内マーケットシェアNo.1(※)のソリューションです。
本講演では、データ収集基盤「DivaSystem EIGS」を解説するとともに、システムの効果的な運用を支える日立システムズのサポートサービスについて紹介します。

※出所:富士キメラ総研(2017)
株式会社日立システムズ
15時30分~15時40分 休憩
15時40分~16時25分
第三部「日立システムズのRPAの取り組みと事例紹介 ~定型業務自動化支援サービス~」
閲覧・検索・入力を行う社内外の各種システムや表計算ソフトなどを使用して人手で行っている業務手順を記録し、人の代わりに実行させることで、業務工数削減や品質向上に貢献できるサービスです。経営企画部門や経理部門をはじめ、さまざまな部門で利用されるRPA適用事例をデモンストレーションを交えて紹介します。
株式会社日立システムズ
16時25分~17時10分
第四部「質疑応答・情報交換会」
働き方改革や付加価値業務へのシフトというけれど……、
「何から手をつけるのがいいの? どうやって? 自分たちの今の取り組みは正しい?」疑問や悩みは尽きません。

登壇者の日立キャピタルさまを交えた、働き方改革・業務改革に関する情報交換の場です。百人百様の解がある取り組みだから、率直な意見交換をしてみませんか。ぜひ積極的にご参加ください。

※プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

出展商品・関連製品

連結会計システム「DivaSystem」
IFRS(国際会計基準)適用をはじめとする「連結」の課題解決を支援。システムインテグレーターとしての開発経験に基づいたテクニックやノウハウを駆使し、連結会計のみならず連結経営といった多様で複雑化した企業ニーズに、導入計画立案、要件定義、開発、導入まで一貫したソリューションを提供します。
定型業務自動化支援サービス
定型業務自動化支援サービスは、Webや表計算ソフトなどを使用して人手で行っている業務手順をそのまま自動化することで、「定型業務からの解放」「業務工数削減」「業務品質向上」の効果が期待できます。

セミナー・イベントに関するお問い合わせ・お申し込み

データ収集・経営分析 業務変革実践セミナー事務局
担当:中野(なかの)、保泉(ほずみ)、藤崎(ふじさき)
TEL:03-5435-6595

本イベントの受付は終了しました。

SuperStreamをご検討のお客さまはこちら

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

SuperStream-NX移行サービス

お役立ち資料ダウンロード

経理部門向けお役立ちコラム

2017年度「Product Award」受賞

IFRS(国際会計基準)について

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。