ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ マルチクラウドソリューション

定型業務自動化支援サービス(RPA)

定型業務自動化支援サービスは、人手で行う作業をロボット(マクロロボット)が作業代行することで、お客さまの工数削減と品質向上を支援するサービスです。本サービスは、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールを利用します。

RPAとは

PCを利用した定型業務を自動化する「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の急速な普及が進んでいます。“働き方改革の切り札”とも言われるこの新しい取り組みは、私たちの組織を、業務を、どのように変えていくのでしょうか。データセンター運用管理業務の自動化など、RPA登場以前から業務自動化に取り組んできた日立システムズは、自動化をさらに加速する取り組みとしてRPAの可能性にいち早く注目し、業界に先駆けてRPAサービスの提供を開始しました。

アプリケーションを横断してPCの処理手順を自動化

ロボットプログラム

ロボットプログラムは、表計算ソフト、メールソフト、ブラウザーなど、複数のアプリケーションを横断して処理を実行できます。複雑なプログラミングが不要な点も特長です。

RPA導入効果

毎日発生する定型業務が60分/日→5分/日に短縮したケースも……

担当者がイントラネットの業務システムにアクセスし複数データをダウンロード、それをメールで送信する定型業務をロボットが代行しているケースです。60分の作業が5分に短縮されることで大幅な作業時間削減と、正確性の向上が実現しています。

[BEFORE]:担当者による手動での作業(①イントラにログイン→②業務システムを表示→③対象データを検索→④データを表計算ソフトに出力→⑤メールを作成→⑥データを添付→⑦メールを送信)※所要時間60min

[AFTER]:RPAがアプリケーションを横断し、イントラへのログインからデータ出力、メール送信までを自動実行。※所要時間5min

日立システムズのRPA導入実績

導入実績

150社以上(2018年10月時点)

日立システムズ RPA導入支援の取り組み

2013年
業務自動化検討プロジェクトにおいてRPAのリサーチを開始
2014年
RPAによる業務効率化の実証実験を社内にて開始
2015年
RPAサービス「定型業務自動化支援サービス」提供開始
2017年
一般社団法人 日本RPA協会に加入
RPA導入支援部門の人員を30名に拡充
さらに、各業務設計者に対しRPA教育を実施
2019年
RPA導入支援実績が累計200社を超える

部門別・業務別のRPA活用例

財務・経理

グループ会社が提出する財務諸表を基にロボットが連結会計処理を実施。業務効率向上により、期末ごとにあるピークをカットする。

購買

ロボットが購買システムにアクセスし、消耗品購入データの中から異常値をリストアップ。購買担当者が購入の正当性をチェックすることで、過剰発注を防止。

人事

ロボットが勤怠システムにアクセスし、残業の多い社員をリストアップ。本人と所属長に対して警告メールを送信し、過重労働を抑制。

総務

受注伝票の入力、書留郵便の発送確認、年間社内行事のリマインドメールの送信など、毎日必ず発生する総務関連のルーチンワークにロボットを活用。

営業

顧客ごとに異なるWeb EDIデータのフォーマットをロボットが変換し、基幹システムに入力。手作業によるミスをなくし、誤受注を削減。

製造・工場

社内に複数分散している生産システム、販売システム、在庫システム、得意先データベースの情報をロボットが日次で自動更新し、データの整合性を担保。

品質管理

不良品や不具合データをロボットが日次で集計し、製造ラインや部門ごとの品質レベルを可視化するグラフを自動作成。サービス品質の底上げに貢献。

プロジェクト管理

ロボットがプロジェクト管理システムにアクセスし、予定日を過ぎて未完了のタスクを抽出。担当者に対応依頼メールを送信し、プロジェクトの遅延を防止。

新サービス登場!定型業務自動化支援サービス
BizRobo! mini

業界に先駆けて提供を開始した「定型業務自動化支援サービス(BizRobo!)」に新サービスが追加されました!

BizRobo! miniはサーバー型RPA「BizRobo!Basic*1」をリーズナブルな価格でスモールスタートできるRDA*2です。

*1
BizRobo! Basic:直感的なインターフェースとバックグラウンドでロボットを実行するサーバー型RPA
*2
RDA(Robotic Desktop Automation:ロボティック・デスクトップ・オートメーション) デスクトップ上の作業だけを自動化するロボットソフトウェア

BizRobo! mini 5つの強み

  • 導入しやすい!
    サーバーの
    準備は
    不要のため
    簡単導入
  • 充実した機能!
    サーバー型
    RPAと
    同じ機能と
    使用感
  • 拡張が容易!
    サーバー型
    RPAへの
    移行も簡単
    連携可能
  • リーズナブルな価格!
    スモール
    スタート用
    に適した価格
  • 充実したサポート!
    導入後の
    サポート
    もあり安心

BizRobo! mini の特長

■Webページをクリックの場合

BizRobo! miniの特長 その1

作成したロボットを他のPC上でも利用可能です

ロボット作成時点→項目の存在を認識(オブジェクト)→ロボットコピー 画像のサイズや市が変わっても項目を認識することが可能。一つのロボットを複数PCへコピーしても正常に起動!

■Webブラウザー、Excel、マクロ、PDF、テキスト、コマンド、データベースを操作する場合

BizRobo! miniの特長 その2

バックグラウンド処理により並行作業ができて、作業効率向上

ックグランドでロボットが起動され、正面ロックの状態でも正常に処理できます!(Design Studioのみ利用の場合)

■スケジュール起動の場合

BizRobo! miniの特長 その3

Launcher*3を利用してロボットのスケジュール起動ができます

Launcherによるロボットの起動が可能。例えば、不在時、夜間でもスケジュール起動ができます。※3 Launcherは、あらかじめ登録したロボットを簡単に起動させるソフトウェアです

お見積もり・ご相談はこちらから

日立システムズならワンストップでお応えします。

資料請求・お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ(フリーダイアル)0120-346-401 受付時間9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。