ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ サイボウズ

タスクボード on kintone

タスクボード on kintoneとは

タスクボード on kintoneとは、メンバそれぞれが持つタスクを見える化することで、ToDo管理を簡単に行える手法です。kintoneで作成したタスクボードでシンプルな運用を実現します。

タスクボード on kintoneの特長

  • 一週間の自分とメンバの仕事を管理できます。
  • 残業を含めた仕事量を一目瞭然に把握できます。
  • 割り込み業務の割合や通常業務をカテゴリ単位に把握。仕事の割合がわかります。
  • 瞬時に集計が可能。仕事の傾向を確認することができます。

タスクボード on kintoneの概要

日立グループの働き方改革の中で、業務の「見える化」手法として活用しているタスクボード。 付箋紙を使って運用していましたが、運用性向上のためにシステム化しました。


チームマネージメント運用ルール

チームマネージメント運用ルール

電子化する事の大きなメリットは2つ

  • 集計が一瞬でできます。 ※ 様々な角度でグラフの閲覧ができます。
  • ロケーションが離れている人でも確認ができます。


タスクボード on kintone画面 1

タスクボード on kintone画面 1

タスクボード on kintone画面 2

タスクボード on kintone画面 2
設定は自由に変更ができます。お客様の視点でグラフを作成することができます。

kintoneのご相談はこちら。

電話でのお問い合せはこちら

0120-346-401

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

サイボウズの「kintone」を活用したクラウド型の顧客・案件管理システム、予実管理システム、品質管理システムを販売開始。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。