ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ ADWORLD

自治体向けICT基盤の導入を支援

自治体のネットワーク分離環境に適したICT基盤の導入を総合的に支援します。

特長

1. 利便性とセキュリティの両立

住民サービスの向上を図るため、自治体職員の業務効率化や働き方改革が求められています。 一方、自治体のネットワーク分離環境においては、ファイル・メール無害化に伴い、「運用が煩雑化」「仮想デスクトップの動作遅延の発生」、また「テレワークの実現方法」などの課題を多数お聞きします。
当社では自治体業務に精通したスタッフが、多数の製品の中から各自治体に適した製品やサービスを選定し、利便性とセキュリティの両立が可能なICT基盤をご提供します。

2. 最新技術の活用

自庁導入や共同利用だけではなく、最新のパブリックラウドサービスの活用など、お客さまの環境は多岐にわたります。当社では、お客さまの環境やご要望に合わせて、ICT環境整備やセキュリティ対策をご提供します。 機能が豊富かつ、柔軟なリソース増減が可能なパブリッククラウドサービスで利便性を向上するとともに、ゼロトラスト*1など最新のセキュリティ技術で強固なセキュリティをご提案します。

*1
ゼロトラスト:
内部ネットワークであっても信頼しないという考え方を基に、全てのデバイス・ユーザーなどを必ず検査、認証するセキュリティモデルです。

【導入事例】

渋谷区さま/ICT基盤全面刷新
セキュリティと利便性を両立した働き方改革を実現。

3. 導入から運用までをトータルサポート

ICT基盤の導入から運用まで、ライフサイクル全体をトータルサポートします。
システム導入後の、機器のマルチベンダ保守・端末キッティング・職員さま向けのヘルプデスクサービスなど豊富な運用サービスをご用意しています。

 

日立 自治体ソリューション ADWORLDをご検討のお客さまはこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。