ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ デジタライゼーションサービス

ゲリラ豪雨によって急激に増加するマンホール内の水量。状況に応じて適切な処置を講じなければマンホールからあふれ出てしまいます。そこで日立システムズでは、既存のマンホールにセンサーを後付けするだけで、遠隔地から水位を把握できるソリューションを開発・提供。これにより、人が現地に出向いて水位を確認する作業を無くします。さらに、下水道の水位データを継続的に取得、リアルタイムに監視することで、ゲリラ豪雨発生時のポンプ場運転の最適化、水防活動や避難の早期指示などを支援します。

オススメのホワイトペーパー

IoT技術を活用したマンホールの防犯・安全対策支援

タイトル IoT技術を活用したマンホールの防犯・安全対策支援
対象
  • 自治体のお客さま、ガス・通信・電気会社のお客さま、製造業のお客さま など
概要 近年、気候の変動により増加する大型台風や多発するゲリラ豪雨により、突発的かつ局地的な豪雨による排水量の増加し、マンホールから水があふれて噴き出すなどの浸水被害が後を絶ちません。
さらに、日本では2019年、2020年とスポーツの国際的な大規模イベントを控え,さらなるインバウンドの増加が見込まれる中,都市機能を支えるインフラの防犯対策の必要性が増しています。
こうした豪雨対策や防犯・テロ対策強化として「マンホールの防犯・安全対策ソリューション」を紹介します。
  • ※この冊子は、一般社団法人 建築設備綜合協会 BE建築設備の2018年12月号に掲載されたコンテンツです。

ダウンロードお申し込み

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。