ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ

Q1.盲導犬の受け入れにあたり、会社が対応したことはありますか?

A.

当社では、盲導犬を導入するにあたり以下の対応を行ないました。

  • 公益財団法人日本盲導犬協会による社内デモンストレーション(盲導犬体験歩行等)を実施。
  • 盲導犬についての注意事項を社員に通知。
  • 公益財団法人日本盲導犬協会の常設募金箱を設置。
  • 社内での盲導犬理解促進イベントを実施。

盲導犬体験歩行の様子

盲導犬イベントの様子

盲導犬募金箱の写真

Q2.盲導犬を待機させるのに、特別な設備は必要ですか?

A.

盲導犬が待機するために特別な設備は必要ありません。職場にあった待機場所を準備してください。
当社では、空いているデスクの下で盲導犬が待機しています。

Q3.盲導犬は、職場でどのように過ごしていますか?

A.

盲導犬は「待つ」ことも仕事の一つです。そのため、普段は待機場所で寝ています。
盲導犬ユーザー以外の命令で勝手に、犬がウロウロと動き回ったり、吠えたり、他人に危害を加えたりすることはありません。

Q4.盲導犬の排泄(トイレ)が心配です。排泄の場所や配慮事項を教えてください。

A.

犬によって異なりますが、盲導犬は決まった時間(朝・昼・夕方の3回など)にトイレをします。
当社では、おしっこは会社の裏口通路での芝生(決められた場所のみ)で行い、排泄後は匂いに配慮するため、芝生に水を流しています。便をする際は、ワンツーベルト(専用のベルトのこと)に袋をつけて行ない、排泄物は人間用のトイレに流しています。
また、多目的トイレを利用して行なう場合もあります。

裏口通路の芝生の写真

Q5.衛生面で配慮していることはありますか?

A.

盲導犬ユーザーが定期的なシャンプーや毎日のブラッシングを行なうことで、衛生管理を徹底しています。
また、専用の洋服(マナーコート)を着用することで、犬の毛が落ちないよう配慮しているほか、待機場所に消臭剤を置いたり、退社時に待機場所周辺を清掃しています。

Q6.盲導犬が食事をする際に配慮していることはありますか?

A.

ドッグフードの匂いが気にならないよう、できるだけ広いスペースで食事をするようにしています。
当社では、自社内の駐車場空きスペースを活用したり、執務スペースを広めに確保して、食事を行なっています。

Q7.職場の盲導犬ユーザーにサポートすべきことはありますか?

A.

普段は、盲導犬ユーザーへの特別なサポートは必要ありません。
盲導犬ユーザーから相談があった場合は、できる限り協力してください。

Q8.盲導犬に触ってもいいですか?注意事項があれば教えてください。

A.

ハーネスがついているときは、声をかけたり、触ったり、じっと見たりせず、温かく見守ってください。また、食べ物を見せたり、あげたりしないでください。

Q9.盲導犬と街で出会った際に、サポートできることはありますか?

A.

ハーネスがついているときは、声をかけたり、触ったり、じっと見たりせず、温かく見守ってください。盲導犬ユーザーが困っていそうな場合は、犬ではなく人に声をかけてください。
盲導犬の入店拒否をしているお店を見かけたら、お店の人に「身体障害者補助犬法」のことを教えてあげてください。

Q10.「身体障害者補助犬法」とは何ですか?

A.

2002年10月1日より施行された法律で、公的機関や施設、民間施設などの不特定多数の人が利用する施設は、障がいのある方のパートナーである盲導犬、介助犬、聴導犬(総称して、身体障害者補助犬)の同伴受け入れが義務づけられました。
また、法律の改正により2008年4月1日から、各都道府県で身体障害者補助犬の受け入れに関する相談窓口が設置され、2008年10月1日から、常勤労働者56人以上の企業での身体障害者補助犬の受け入れが義務化されました。