ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

認定特定非営利活動法人 健康ラボステーション様

疲労・ストレス測定システム

認定特定非営利活動法人 健康ラボステーション様集合写真

企業向けの出張健康チェック事業に「疲労・ストレス測定システム」を採用
疲労やストレスの見える化により、企業で働く人々の健康づくりをサポート

「病気を未然に防ぐ」をコンセプトに、セルフ健康チェック事業を展開する認定特定非営利活動法人 健康ラボステーション様(以下、健康ラボステーション様)は、企業を対象にした出張測定会の測定器として「疲労・ストレス測定システム」を採用しました。面談や問診だけでは正しく把握できない疲労やストレスを数値化して表示することで、測定者本人の健康意識の向上と、企業の「健康経営」実現に向けたサポートを展開しています。

導入前の
課題1
目には見えない疲労やストレスを「見える化」し、病気を未然に防ぎたい
導入後の
効果1
自律神経の働きから、疲労やストレスを数値化して表示。 心身不調の早期発見に貢献
導入前の
課題2
病院の検診よりも、もっと気軽な健康チェックを提供したい
導入後の
効果2
測定器に指先を2~3分触れるだけで、疲労・ストレスの測定が可能。 気軽な健康チェックとして利用できる
導入前の
課題3
企業で働く人々の健康意識を高め、「健康経営」の実現に貢献したい
導入後の
効果3
ビジュアライズされた測定レポートが、測定者本人に気づきを与え、健康意識の向上に繋がる

導入の目的

疲労やストレスの状態を正しく把握し、企業で働く人々の健康に貢献したい

健康ラボステーション様は「病気を未然に防ぐ」をコンセプトに、血圧、血流、骨密度などの各種測定が気軽に行えるセルフ健康チェック事業を展開しています。当初は医療機関、福祉施設、公共施設での開催がメインでしたが、徐々に民間企業からの依頼が増加。
企業向けの出張測定会を数多くこなす中で、理事長は企業が抱える健康管理の課題に気がつきました。「企業で働く人の中には、会社の健康診断などで疲れを訴えることが自身のマイナス評価になると考え、黙って無理を重ねてしまう方がおられます。ご本人に自覚症状がないケースもあるため、疲労やストレスを正しく把握できる測定メニューの必要性を強く感じていました」。

選定のポイント

疲労・ストレスの度合いを気軽に測定できるわかりやすい測定レポートも選定の決め手に

こうした課題意識を持つ中で、健康ラボステーション様は大阪市立大学健康科学イノベーションセンター様を通じて、疲労・ストレス測定システムの存在を知りました。本システムは測定器に指先を2~3分触れるだけで自律神経の活動状況が測定でき、そこから疲労・ストレスの度合いがわかるというもの。従来のPETや唾液、血液を使用する測定とは違い、簡便に疲労度を測定できるうえ、機器が簡単に持ち運びできる点が企業向け出張測定会のコンセプトに合致しました。
測定結果がビジュアライズされたレポートとして出力される点も導入の決め手になったと理事長は振り返ります。「セルフ健康チェックは、ご自身の健康度を“見える化”することで毎日の健康維持に役立てていただくことを目的としています。疲労・ストレス測定システムの見やすく、わかりやすいレポートは、ご本人に気づきを得てもらうのにふさわしいものでした」。

導入の効果

健康状態の「見える化」で早めのケアが可能に
企業内コミュニケーションの活性化にも貢献

こうして始まった、疲労・ストレス測定システムによる「疲労度測定」は、企業向け出張測定会における人気測定メニューの1つとなりました。測定レポートは測定者本人に健康に関する気づきを与えるだけでなく、上司や同僚、部下と内容を共有することで、企業内コミュニケーションが生まれるきっかけにもなっています。
測定結果に基づいて健康アドバイスを行うのは、薬剤師や管理栄養士といった専門家スタッフのみなさま。管理栄養士さまにレポートの活用方法についてうかがいました。
「測定レポートの内容から、健康状態をヒアリングする際の質問の手がかりを得ています。測定者さまもご自身の疲労・ストレスが数値として表示されることで、思い当たる節がないか、深い振り返りができるようです。レポートは測定者さまの心の扉を開くツールとしても有効だと思います」。
測定レポートに基づく会話から得られた情報を、産業保健師に伝えると「初めて知りました」という驚きの反応も多いとのこと。本システムはセルフ健康チェック事業のコンセプトである「病気を未然に防ぐ」の実現に大きく貢献しています。
企業向け出張測定会は利用企業の間で評判を呼び、リピート利用をはじめ、同じ企業グループ内での紹介により利用企業が増えているとのこと。健康ラボステーション様は、「健康経営」を実現したい企業のニーズに応えるため、これからも企業向け出張測定会を精力的に開催し、病気にならないための健康づくりを広く世の中に啓発していきます。

お客さまプロフィール

健康ラボステーションロゴ

認定特定非営利活動法人 健康ラボステーション

設立
2013年8月8日
資本金
2,000万円
職員数
2名(2019年5月31日時点)
代表者
理事長 浦田 千昌
活動内容
・出張健康測定会
・管理栄養士や薬剤師などによる健康セミナー
・ウォーキングイベントやアロマ教室 など

オフィスに設置し、毎日計測することで社員さまの健康管理に役立つと思います

システム納品時には担当の方が当方までお越しになり、PCとソフトウェアのセッティング、測定機器の操作説明をしてくださいました。丁寧なサポートのおかげもあり、すぐにシステムを使いこなすことができました。
自律神経機能は体重や血圧と同じように毎日測定することで、より正確な健康状態の把握に役立てられます。オフィスの休憩所などに測定器を設置することで、社員さまの健康管理に大きく貢献するものと思います。

「企業向け出張測定会」のご紹介

健康ラボステーション様は、企業で働く社員のみなさまを対象にしたセルフ健康チェックを展開しています。各種測定器による測定と、薬剤師や管理栄養士による健康アドバイスが受けられます。オフィスに訪問して実施しますので、忙しい社員さまも気軽にご参加いただけます。
社員のみなさまの健康意識の向上、病気の早期発見のためにぜひご利用ください。

疲労・ストレス測定システムをはじめ、各種測定器による12種類の測定が受けられます。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2019年6月時点の情報です。

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。