ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

株式会社アーチ様

IT導入補助金 活用事例/RPAツール「UiPath」導入

株式会社アーチ様集合写真

駆け込みの申請でしたが、日立システムズのサポートもあり1カ月で事業採択が決定しました。手続きのほとんどを日立システムズが支援してくれるので、その他の補助金と 比べ手続きはとても簡易でした。

IT導入補助金活用のパートナーとしての 日立システムズ3つの強み

業界トップクラス!補助対象サービスの豊富で多彩なラインアップ

業務システムから働き方改革支援ツールまで、業界トップクラスの豊富なラインアップ。業務課題を解決するソフトウェアがきっと見つかります。

専任スタッフが補助金申請手続きを最後までご支援します

IT導入補助金に精通した専任スタッフが懇切丁寧にサポート。制度のご説明から申請手続き、補助事業終了後の効果報告までご支援します。

導入支援はもちろん運用・システム拡張までワンストップサポート

事業採択後のシステム導入支援はもちろん、運用・保守、システム化範囲の拡張まで、お客さまのビジネス革新をワンストップにサポートします。

インタビュー

IT導入補助金を利用してRPAツールを導入したい

株式会社アーチ様は、大手企業をはじめ、官公庁、金融・保険業など業種特有のニーズに応えるシステムの開発を行う企業です。同社にて最新技術のビジネス活用を検討するシステム部・シニアマネージャーは、かねてよりRPAに注目し、自社および顧客案件に利用できないか製品の調査を進めていました。
その後、RPAツールとして「UiPath」の導入を決断すると、その意向を聞いた総務部・部長は、IT導入補助金を利用して同製品の導入ができないか検討しました。
「IT導入補助金のことは、前年度から行く先々で評判になっていました。当社代表からも補助金を活用するよう指示があり調査を進めていたところ、ちょうどRPA導入のニーズがシステム部からあがってきたのです」(総務部・部長)。

その他補助金と比較して申請手続きが簡易なIT導入補助金

「IT導入補助金の対象製品として『UiPath』を取り扱うベンダー数社に問い合わせたところ、最も対応が早く、丁寧だったのが日立システムズ」と総務部・部長は振り返ります。初回面談では補助金の制度説明から申請手続きの進め方、事業採択後の対応などを日立システムズ専任スタッフから説明を受けました。
「問い合わせ時点では補助金の概要を理解しているだけでしたが、丁寧にレクチャーいただいたおかげで内容をしっかり理解できました。申請手続きに関しては日立システムズがきめ細かく支援してくれることもあり、その他の補助金と比べて手続きがとても簡易だと感じました」(総務部・部長)。

1カ月後には事業採択が決定しスピーディーなRPA導入が実現

アーチ様がIT導入補助金の利用検討を開始した時には、すでに第3次の交付申請が始まっていました。申請締め切りまで2カ月しか猶予がないことに加えて、補助金予算が消化されてしまうと申請はその時点で打ち切られるため、アーチ様は少しでも早く申請手続きを進めたいと考えました。
そこで日立システムズは早急にスケジュールの立案を行い、可能な限り早いタイミングでの申請が可能となるよう支援を行いました。その結果、初回面談から1カ月後には事業の採択が決定。駆け込みでの申請となりましたが、アーチ様のご協力もあり、IT導入補助金を利用したRPAの導入がスピーディーに行われました。
現在「UiPath」は、アーチ様社内開発者の間接業務削減のためのアプリケーション開発に利用されています。事務作業における二重入力や転記が無くなれば、開発者はより業務に専念でき、生産性向上が期待できます。
「UiPathはお客さまからの引き合いが非常に多いRPAツール。まずは自社で利用しながら、蓄積されたノウハウをお客さまのRPA関連案件に還元できるよう研究を進めていきます」(システム部・シニアマネージャー)。
IT導入補助金の手続きは、事業実施による効果報告まで行い完了となります。報告内容がより良いものとなるよう、日立システムズは引き続き「UiPath」の活用サポートを行っていきます。

補助金上限が450万円に増額
2019年度IT導入補助金は広範囲な業務改善を行うチャンス

2019年度IT導入補助金では、採択事業1件あたりの補助金上限が前年度の50万円から450万円へと大幅に増額されます。また、補助金の目的である生産性向上をさらに推し進めるため、申請者の業務改善が「点」ではなく「面」で行われることを重視しITツールの登録を行うと事務局は公表しています。こうした点から、単一システムよりも複数のシステムを組み合わせ、広範囲に業務プロセスを改善する事業の採択率が高まるものと日立システムズは考えています。
2019年度IT導入補助金では、日立システムズは前年度を超える多数のITツールの登録申請を行う予定です。そのラインアップは、基幹システム、働き方改革支援ツール、RPAからセキュリティ製品まで多岐にわたります。私たちはこれらITツールを適切に組み合わせ、広範囲にわたる経営改善・業務改善を提案いたします。
IT導入補助金のご利用検討の際には、ぜひ日立システムズにお声がけをいただければと思います。

2019年度IT導入補助金活用に関する相談会

「2019年度IT導入補助金」に関する概要や交付申請手続き、留意点などを詳しく説明させていただきます。システム選定から事業計画作成まで、IT導入補助金のご利用でお悩みの中小規模事業者さまのご相談をお受けします。お気軽にご参加ください。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2019年5月時点の情報です。

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。