ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ オープンイノベーションサービス Smart Business Gateway

ID-POSデータ分析サービス~Eagle Eye(イーグルアイ)~

Eagle Eye(イーグルアイ)とは

メーカー別、ブランド別、商品別の購買動向だけでなく、「属性別購買者分析」「直前/直後期間購入者分析」「同時併買分析」「トライアル率/リピート率」など、お客さまの「購買行動」を軸にした多彩な分析を組み合わせ、さまざまな切り口から自社・他社製品を把握できます。

データを通じてお客さまを深く理解することで、営業施策、商品開発、経営戦略立案など、より正確な打ち手の立案を支援します。

概要図

Eagle Eye概要図

サービスの特長

  • マニュアル要らずの簡単操作

    一番に目指したのは、マニュアルレスの使いやすさ。難しいスキルは一切必要ありません。画面にしたがって入力するだけで、簡単に分析を実行していただけます。
  • 圧倒的なスピード

    全国スーパーマーケット、ドラッグストアの縮図となるようエリア分布を加味して抽出した膨大な購買履歴データを搭載しつつ、これまでにない圧倒的な分析処理スピードを実現しました。
  • 日次のデータ更新

    データは日次更新しており、3日前までの最新速報データを使った直近分析にも対応します。即効性が必要な新商品の動向分析などに大いに威力を発揮します。商品マスタも日々メンテナンスを行っておりますので、常に新鮮なデータで、タイムリーな分析を行っていただけます。
*
【業態】ドラッグストア版と食品スーパー版の2つをご用意しております。

安心のサポートデスク(電話/メール対応)

カスタマー・コミュニケーションズ株式会社の専門スタッフが、分析ツールの使い方から、分析手法のアドバイス、レポート作成のサポートまで、親身にわかりやすくお答えいたします。
※専用電話回線&専用メールアドレスをご用意しております。

  • 電話受付時間:営業日の9:30~17:00
  • メール受付時間:24時間受付(営業時間外の受付は翌営業日以降の回答となります。)
  • * Eagle Eyeは、株式会社True Dataの製品です。

本サービスに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。